« ランニングの謎 | Main | ぜいぜい »

22.01.2006

二人で走る

週末はいつもオットと二人で走っています。昨日も夕方から二人で走りました。オットと私との走力の差は歴然、二人で走っているといつも私はぜいぜいと息があがります。オットが私のペースに合わせてくれたとしても、しゃべりながら走るだけで私には結構な負荷がかかるのです。

走り出して数分、「ああああっっつ」とオットの声。聞くと「風呂の栓を忘れた」とのこと。ランニングから戻ってお風呂に入れるよう、タイマーをセットしたものの、お風呂の栓を忘れたらしい。そこからオットは自宅まで引き返すことに。私も一緒に戻ろうか?と言ってみましたが「どうせすぐに追いつくからいいよ」だそうです(むむ~う)。

オットの姿が見えるまでは後向きに走ってみたり、ぐるぐる回りながら走ってみたり。そうこうしているうちに2km地点で追いつかれました。オットにとっては、良いスピード練習になったのだそうです。後向きに走ることなんてあまりないので、私にとってもいい練習になったかも。

夜は映画「Life Is Beautiful」を観る。良い映画でした。ですが、イタリア映画だというのに英語の題名をそのままつけるのはどういうことかいな? 言っちゃなんですが、この英語の邦題で随分損をしていると思う。原題は「La Vita é Bella」、英語も直訳のようです。映画配給会社よ、もう少し努力すべきだぞ。

|

« ランニングの謎 | Main | ぜいぜい »

Comments

いいないいないいな~。
うちも二人で走りたい♪
京丸さん、在宅ワーカーなんですね。
私も昔はそうでした。ワード入力とテープ起こし。
今はテープ起こしを在宅でやりながら、外で広告デザインの会社の経理と入力しています。
わかりますよ、忘れたときに限って仕事の連絡が入るっちゅうの。
私はチビの合唱コンクールのために電源オフにしていて、10万字の仕事、ほかにもっていかれたことあります。

Posted by: とだひ | 22.01.2006 at 13:37

とだひさん、
ご主人様は定年後に走られるんでしたっけ?二人で走ると、弊害もなくはないけど、でもやっぱり楽しいですよ。洗脳(?)してみませんか。
そう、私は在宅労働者なのです。とだひさんもそうなんですね。今は、在宅と外仕事の両方かあ~大変ですね。在宅で仕事していると、平日の昼間に携帯を使えない場所に行くのには結構勇気が要りますよね。映画館とか、劇場とか、病院とか。と言いつつ、肝心な時に携帯忘れたりもするんだけど…。

Posted by: 京丸 | 23.01.2006 at 09:06

Life Is Beautiful、私も好きです。何度見ても泣けます。・・・ただし、なんで英語なのかな?とは疑問に思いました。

翻訳のお仕事なさっているのですか?語学に詳しく、堪能な感じを受けました。

Posted by: ぶーみん | 25.01.2006 at 17:29

最近の映画の題名って、何だか適当だと思いませんか~? まあ、昔みたいに「愛と追憶の○○」みたいな題名は少なくなりましたが(これもかなり適当ですよね)、安易に原題をそのままつけちゃってもねえ、と思っていたのです。そうしたら、この「Life Is Beautiful」。力が抜けますよ。映画って題名もすごく大事だと私は思うのですが、映画配給会社はそうは考えていないのかもしれませんね。

Posted by: 京丸 | 26.01.2006 at 09:58

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/154510/8276847

Listed below are links to weblogs that reference 二人で走る:

« ランニングの謎 | Main | ぜいぜい »