« 天人五衰 | Main | 手作りキムチと豚肉酒粕煮 »

22.02.2006

ビベル・ドルマスと沈丁花

Jinchoge 朝ラン。少し早く目が覚める。最近、枕元にコップ一杯の水を置いて休むようにしているのですが、目が覚めた瞬間にその水を飲むと身体にしみじみ行きわたりしみじみ気持ち良い。走る前の1杯の水をできるだけ早く飲んでおいた方が良さそうだと考えて始めてみたのですが、走らない日にも良いかもしれない(寝坊の私もしゃきっと目が覚めるし)。というわけで今日は朝ラン。久しぶりだなあ~。随分日の出が早くなったみたい。それに出かける時に庭の沈丁花の花がほころんでいることに気づきました。春の香りです。

さて、今日のメインメニューはトルコ料理です。私は数年前にオットを置いてトルコに短期留学したことがあり(はい、すみません鬼嫁と呼んでください)、日本でもしょっちゅうトルコ料理を作っています。暖かくなると夏野菜が美味しいトルコ料理が食べたくなります。そういうわけで、今日はビベル・ドルマス(ピーマンの詰め物)。

bdorma

ピーマンの中に入っているのは牛挽き肉、玉葱、お米。トッピングはトマト。これをスープで煮るのであります。今日のスープはあっさり塩味。ピーマンはとろりととろける程柔らかくジューシーに仕上がります。巨大写真が面白くて、調子に乗ってます。

bibersote へたも無駄にはしないぜ。これはグリルでさっとあぶってカツオぶしとお醤油。ビベル・ドルマスのとろ~りとは対照的なワイルドな味わいであります。

|

« 天人五衰 | Main | 手作りキムチと豚肉酒粕煮 »

Comments

沈丁花とか金木犀って、いつも直前まで気づかないのに、突然香り出します。ちゃんとつぼみもふくらんでるんだ(当たり前だ)。
トルコ料理ですか。おいしそうですね、簡単そうだし。特殊なスパイスなどいりますか?一度作ってみようかな。エスニックな料理にもはまりつつある昨今。

Posted by: まりも | 23.02.2006 at 12:05

まりも姉さん、
このドルマで使用するスパイスはオレガノとナツメグ、それから黒胡椒だけです。スープは塩味、風味付けにちょぴりバターを落とします。
太めのピーマンを選ぶこと(鍋の中で安定するよう)、詰め物を8割くらいにしておくこと(お米が膨張するので)がポイントです。
私も、しばらくインド(ベンガル)料理にはまっていましたよ。まりも姉さんのご紹介の本も買ってみようかと思ってます。

Posted by: 京丸 | 23.02.2006 at 17:11

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/154510/8790032

Listed below are links to weblogs that reference ビベル・ドルマスと沈丁花:

« 天人五衰 | Main | 手作りキムチと豚肉酒粕煮 »