« 戦いすんで日が暮れて | Main | 凝っている »

01.05.2006

捻挫かも。

足首からかかとにかけて鈍く走る痛みが気になっていて、ハーフを走り終えてから休養していたのですが、普通に生活している分にはあまり気にならないし、もう我慢できない!と外に飛び出しました。…ですが、やっぱり一歩一歩鈍痛が走ります。500m地点で断念して戻ってきました。やっぱり軽く捻挫でもしたのかもしれません。今日は足首のサポートグッズでも探してみよう。

そうこうしている間にもNYCマラソンは刻一刻と近づいています。昨日はNYCマラソンの事務局から「あと190日です」というメールマガジンが届きました。まだ抽選も行われていないのですが、抽選前であってもこうしたお知らせが届くとモチベーションがどんどん高まります。故障している身としてはちょっと焦りも感じますが、こういう配慮は嬉しいです。まあ、抽選に登録するだけでも有料だしね。こういうメールでモチベーションが高まれば、もし抽選に外れても「来年こそは!」と奮起しそうです。

|

« 戦いすんで日が暮れて | Main | 凝っている »

Comments

ひょっとすると足底腱膜炎かもしれません。朝、最初の一歩を踏み出したときに痛いというのが、足底腱膜炎の大きな特徴です。こじらせると、なおるまでに数か月もかかるので、早くお医者さんに行った方がいいですよ。

Posted by: meka | 01.05.2006 at 10:08

mekaさん、アドバイスをありがとうございます!

「しょえ~っ」とつい小声で叫んでしまいました(汗)。本日、病院に行ってきます。結果については、また改めて報告します。おおごとじゃないといいのですけれど。

Posted by: 京丸 | 01.05.2006 at 10:39

あら~、そんなに痛むんですか。
最近は月間何キロ位だったんでしょうねぇ。
それほどでも無ければ、捻ったと言うより使いすぎの炎症の様にも思えるけど、そう言うのは大体走りだすとその時だけは痛みが無くなるんですよね(初期の頃だけだけど(^^;)
んで、走る度に痛みが増すと言うのは、捻挫に近くなるし、
その場合、今は痛む個所が広くても、色々押さえていくとどこか特に痛む場所があるってのが多いんですよね。

Posted by: AKA | 01.05.2006 at 19:53

病院へ行ってきたのでしょうか?
たいしたことがなかったらいいのですが。

NYCマラソンまでは190日。
まだたっぷりありますから、まずは足を治してしまってから、ゆっくりトレーニングを再開しましょう。

Posted by: Ogaman | 01.05.2006 at 20:44

ご心配をかけております、京丸です。

夕方、整形外科に行ってきました。炎症も、腫れも、圧痛もなく、走り始めてしばらくすると痛みが抜けること、そして痛みの場所と性質から、捻挫でもなく、足底筋膜炎でもなく、長腓骨筋(だったと思う)の凝りという診断を受けました。

走ってもいいと言われたのですが、今のところは痛くてレースでもない限り走る気になれないので、もう少し様子を見てみようと思っています。

mekaさん、

そういうわけで、足の裏の圧痛は皆無なので足底筋膜炎の疑いはなくなりました。ですが、私としては痛みが少し大きいのでまだ走らず、様子を見てみるつもりです。

AKAさん、

月間走行距離はうーん100kmくらいかな。ぼちぼちペースなのですが、ブランク明けとしては激増したと見るべきなのかもしれません。ふと、整骨院(柔道整復)という選択肢も思い浮かびました。捻挫などの治療に長けていそうだし。ちょっと探してみます。

Ogamanさん、

診断はたいしたものではなさそうでした。とりあえず湿布と、ファイテンテープを巻いてみました。やっぱり安静が一番なのかなあ、と考えています。まだ190日もありますものね。焦ると、練習できる日がどんどん短くなるかもしれませんから、焦らないように自分に言い聞かせるとします。

**
皆さんからのご心配のお言葉、嬉しかったです。心から感謝しています。ありがとうございます。

Posted by: 京丸 | 01.05.2006 at 21:10

おお、素早い行動! 特に問題ないようで、よかったです~。でも、凝りって何?

スポーツ障害が得意な接骨院に行って、お灸とかマッサージをしてもらうといいかもしれませんね。

Posted by: meka | 01.05.2006 at 22:14

この前は失礼しました。ブログ見ていただいててありがとうございます。

好奇心旺盛なもんで、思いついたことなんでもアップしています。

いまからは、ランニングについても私の知ってるだけの知識と経験をお伝えしてきます。

足首など、間接類はランナーの天敵です。(自分の弱気と同じくらい)

目標の試合に出ることやタイムを出すことが何よりの喜びですが、体が資本で無限ではないので、しっかり休んでください。

また走り出せたとき何よりうれしく、故障する前より練習に打ち込めますよ!!いまは充電ですね。

Posted by: 田舎侍 | 01.05.2006 at 23:59

おはようございます。

mekaさん、

「凝り」って肩こりじゃあるまいし、と私も思いましたよ。炎症の後で固まりでもしたのかな、と勝手に考えてます。勃発して3日間は冷やし、それ以降は温めろという説もありますから。ともかく、治すために手を尽くします。mekaさんのお陰で素早く行動ができました。助言を頂いてなかったらまだぼーっとしていたことでしょう。ありがとうございます。

田舎侍さん、

アドバイスありがとうございます。やっぱり休養が必要なのですね。ここはひとつ、身体を治すのも練習のうち、と考えることにします。フル充電して復帰することにします。関節と弱気は確かにランナーの天敵ですね(笑)。

Posted by: 京丸 | 02.05.2006 at 08:30

しかし、凝りですかぁ?(^^;
なんか、ピンと来ないですよねぇ・・・・・。
とは言え、本人にしたらそんな事言ってられないし、マッサージや湿布、チタンと取りあえず試さないとね。
ちなみに、僕も4月の復帰明けで少し距離を伸ばしただけで、それまで余り痛んだ事のない腸脛靱帯がやられました。
5~6キロ辺りから痛んで来る様になって。
キネシオテープを貼ったままで練習していたら、治りましたが、なんか分からない故障も出てくるモノですね。

Posted by: AKA | 02.05.2006 at 09:48

AKAさん、

とりあえず治るなら何でもやろうと考えてます。こんなに良い時期だというのに走れないのはちょと悲しいです。ファイテンのテープも入手してきましたので、ネットで調べて貼ってみようと思ってます。

整形外科の先生が悪いわけじゃないですが、受診して病名を聞いて、湿布貰っただけで状況は変わんないんですよね。一応電気治療はしてもらったけど効果はあまり感じられませんでした。行ってよかった~と思えるような治療があるといいんですけどね。

Posted by: 京丸 | 02.05.2006 at 19:07

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/154510/9841228

Listed below are links to weblogs that reference 捻挫かも。:

« 戦いすんで日が暮れて | Main | 凝っている »