« 5kmでも幸せ | Main | 喜びの瞬間 »

27.05.2006

究極の選択

いかにも梅雨らしい雨が降るようになった。もういい加減に入梅宣言しても良さそうだけれど、ひょっとして私が入梅宣言を聞いていないだけなのか。もう随分長い間、雨雲を眺めている。今朝は少し寝坊して8時過ぎからオットとともにいつものコースを5.2kmをゆっくり走る。端数が出たのは途中、小雨が降り始めて1km地点あたりで一旦引き返したから。でも、やっぱり勿体ないよねという話になって再度引き返したのだった。

走っている時には痛みもなく、足首だけを見ると結構快調。しかし、やっぱり椅子から立ち上がった時の数歩、足首に妙な痛みが走る。しばらく歩き続けるとその痛みもなくなるのが不思議。ともかく、今は無理をしないようにして、走りながら治す方法を模索するつもり。

土曜は毎週、図書館に足を運ぶ。今日もどっさりと借りてきた。そして、買ってきて読んでいない積読状態の本もどっさり。私の暮らしの中には「休日」はほとんどない。そのうえ夜の時間は仕事(勉強)をしているか、酩酊しているか。つまり読書に取る時間が決定的に足りないのだ。通勤時間は7秒くらいだし。とみにお酒が弱くなり、飲んで本を読むということができなくなった今、酒を取るか読書を取るかという究極の選択を迫られている。

「精霊探偵(梶尾真治)」この作家は映画「黄泉がえり」の原作者として有名になったが、実は地元の作家。「黄泉かえり」も原作を読むと地元の地名や方言が満載、それだけでなく死者が蘇るというホラーを愛に満ちたストーリーで描いた秀逸な作品だった。「精霊探偵」にもそんな面白さを期待したのだけれど、今回は底が浅く落胆。ローカル色が強い部分は楽しめたけれど。

|

« 5kmでも幸せ | Main | 喜びの瞬間 »

Comments

京丸さん、コメントありがとうございました。
足首をいためていらっしゃるんですね。わたしもおととしの秋ウルトラの練習のための50キロマラニックで痛め、なかなか違和感がぬけませんでしたが、なんとかいまは大丈夫みたいです。でも痛めて以来、まわすとこりこりいうようになりました。

Posted by: たこ | 27.05.2006 at 22:35

たこさん、いらっしゃいませ。これからもよろしくお願いします。

たこさんも以前、足首を痛めてらっしゃったのですね。でも大丈夫になられたというお話を伺うと希望が持てます。こりこり言ってもごりごり言っても良いので、心置きなく走れるようになりたいものです。

来週は阿蘇なんですね。阿蘇のやまなみを眺めながらたこさんの快走を願っておりますよ。

Posted by: 京丸 | 28.05.2006 at 10:42

>椅子から立ち上がった時の数歩、足首に妙な痛みが走る。しばらく歩き続けるとその痛みもなくなる・・・

それ、スッゲー分かります。私も同じような状態でしたから。
朝起きた直後なんかも同じような感じになりますよね?
私の場合、起床後すぐに足首のストレッチをすることでこの症状は殆どでなくなりました。
走り出す前なんかも入念にストレッチしておけば痛みも少ないと思います。でも無理は禁物ですけどね。
ゆっくりゆーっくりといきましょう^^

Posted by: hisa | 28.05.2006 at 20:19

hisaさん、

はい。目が覚めて歩き出した数歩もおかしいです。hisaさんと同じ症状なのかもしれませんね。

昨夜寝る前にコメントを拝見して、お返事したい気持ちを抑えて今朝、目が覚めてベッドの中で足首をくりくり廻してみたところ、おおおっっ痛くありませんでしたよ!感激~。

今日から仕事中に椅子に座って「くりくり」してみます。椅子から立ち上がった時も違うかもしれません。ありがとうございます。

お互いに焦らずしっかりと治していきたいものですね!

Posted by: 京丸 | 29.05.2006 at 07:00

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/154510/10262845

Listed below are links to weblogs that reference 究極の選択:

« 5kmでも幸せ | Main | 喜びの瞬間 »