« Mayıs 2006 | Main | Temmuz 2006 »

30.06.2006

鳥の声を信じて

今日は6月最終日。今月の走行距離目標の150kmに余すところ4km。昨夜の天気予報では終日雨という話だった。でも、どうにか目標達成したい。150kmは私にとってまだ未踏の距離なのだ。そして、到達までにわずか4kmを走りさえすればいいのだ。

昨日の予報を見ると、今日は終日「雨」だった。でもひょっとすると降らないかもしれない、と一縷の望みをかけて目を覚ます。急ぎ窓の外を見ると、降ってはいない。でも路面を見ると雨は今やんだばかりのようだ。見上げると黒々とした厚い雲。現時点では降っていないけど見るからに降り出しそう。うーんどうしよう。

逡巡しつつストレッチをしていると、鳥の声があちこちから聞こえた。そういえば雨が降っている時は鳥の声はしないなあ。鳥が鳴いているということは、しばらくの間、少なくとも4km走る時間くらいは降らないのかも。鳥の声を信じよう、そう考えて外に飛び出す。

2km地点まで来て「おお、これで目標達成」とほっとするも、かっきり150kmだと何だか恥かしい (謎) ので2kmプラスすることに。今日は足首も股関節も痛くない。腹痛も起きてない! 結局3km地点で折り返し、復路で150km地点を突破。やった~。目標達成!

と喜びも束の間、いきなり大粒の雨が降り出す。そうか~鳥の声は「4km走るなら今のうち」ということだったのかも。鳥の声を「ちゃんと」信じていたら濡れなかったのかな? 残り2kmは雨に濡れつつ、でも目標達成の喜びをじんわりとかみしめて走りました。

7月も目標達成の喜びを味わうべく、がんばります!

| | Comments (10)

29.06.2006

久しぶりの朝陽

朝陽で目が覚めたのなんて、いつのことだったか。ここのところ朝はいつも大雨だった。今日は東側のカーテンの隙間からオレンジ色の光が差し込む。さあ~今日は朝ランだ!

昨日のランは夕方だったので、足に疲れが残っているかと少し心配するも、そこまで疲労もしていない。襟ぐりの深いランニングを着ていたからか、家を飛び出してからしばらくはヒヤッとしたけれど、1kmを過ぎた頃から汗がしたたりおちる。

今月の目標は150km。残り2日、目標まで余すところ14km。さて、今日は何km走ろう。半分ずつだと7kmかあ。でも少し前倒ししておいた方が後が楽だし、と仕事と同じようなことを考えつつ走る。7km折り返し地点まで来て、オットは泊まりの出張にでかけていて時間に余裕があることを思い出す。え~い行っちゃえ!

昨日、今日と少し股関節に違和感が。腰や足にかけて鈍い痛みのようなハリのようなものも感じる。…けれど、そういえば足首のことはもう全然気になってなかった。どうやら次の課題は股関節のようです。とは言いつつ、足を止めてストレッチすることもなく、10km。久しぶりに朝陽の光の中を10km走れて、嬉しい朝でした。

| | Comments (5)

27.06.2006

集中豪雨

ここ数日、地響きのような轟音で目が覚めるという朝を迎えていました。そう、集中豪雨です。本当によく降りました。

九州の雨は男性的で豪快です。とにかく大粒の雨がざんざん降る。関西人のオットは毎年驚いています。ですが今回の大雨は生粋九州人の私もちょっと驚きました。何しろ音がものすごかった。視界も悪くなるような猛烈な雨でした。

そういうわけで丸々二日間ランニングはお休み。小雨なら走ろうかななどと思っていたのですが、そういう気持ちが全く起きないほどの強い雨でした。走ろうとしても、外に出て数秒でずぶぬれ、痛くて走れなかったと思います。

この強い雨は終わったようですが、梅雨はまだまだ続きます。これからも天気予報は雨マーク続き。走れるうちに走っておかないと。ということで本日は朝ラン。目が覚めたら珍しく窓ごしに明るい陽射しが差し込んできたので、いそいそと着替えて外へ。梅雨明けまで1カ月近く、しばらくは走れる時間を見つけて走っておかないといけませんね。

| | Comments (6)

25.06.2006

腹ペコ

順調かなと思えた朝ランですが、朝から土砂降りという日が続き「意に反して(ホントーです)」2日で頓挫。昨日は雨の合間をぬって夕方に走り始めました。

走り始めた時「ん?お腹空いてる?」と思ったのですが、腹痛勃発が怖いこともあって夕方走る時は食べずに家を出ることが多いため、あまり気にすることもなくそのままGO!今日は足首も足底も痛まない。股関節はちょっと違和感あるかな。雨上がりでムシムシとするなか、1日半の休養を取ったというのに身体は重く、足は進まない。

本当ならこの週末にいつもより長い距離を走りたいと思っていたのですが、雨雲との競争、ぎりぎりの選択で5km地点で折り返す。お腹はどんどん空いてくる。あぁ~小銭持ってくればよかったかな。少し甘いジュースでも飲めば違うかも。そう思いながら走るにつれ、だんだん足がもつれるような気配。

…これは、ハンガーノックだ。腹ペコすぎた。残り3km地点でもう走れない、歩きたいという気分になる。ゆっくりペースで走っている私は普段「歩きたい」と思うようなことはない。それがどうにも今日は気持ちが持たない。そうこうしているうちに股関節の違和感も強くなる。しんどい感はどんどん強くなる。あ~もう歩いてしまおうか、そう思って我が家に続く道を見やると…、男性ランナーと目が合った。ああ、やっぱり歩いているところを見られたくないなあ。足を止められない。

自宅にたどり着く頃には息がぜいぜいと上がり、ペースもすっかり落ちてしまった。帰宅後はしばらく動けず。

腹ペコにも程がある、というわけです。腹痛がこわくて走る前にお腹にものを入れずに走っていましたが、これからは暑くなりますし、スタミナのことも考えなくちゃと思った次第です。また、湿度が高かったため走っている時にはあまり感じなかったのですが、大量に汗をかいたのでしょう。走った後には体重ががくんと落ちていました(ビールを飲んだらすぐに元に戻りました)。これから暑くなりますし、短い距離でも水分補給できるよう小銭を忘れないようにしなくちゃ。反省反省の一日でした。

| | Comments (7)

22.06.2006

朝ラン2日目

昨日に引き続き、朝ラン2日目。天気予報の雨マークを見ると、これはどうしても朝のうちに走っておかなきゃいけないという気になるのです。問題は早起きに慣れていないために「早起きしなくちゃ」と思うと、前日からドキドキして眠れないということ。お陰ですっかり寝不足です。

だけどどうにか予定の5時40分に起床、6時10分に走り始める。今日の予定は10km。湿度が高い所為か当初2kmくらいは身体が重い。その後少しずつほぐれてくる。心配している足首や股関節には痛みや違和感もなくほっとする。ここ数日続いていた横っ腹痛もない。だけど、今日は足底に違和感。う~ん、私のランニングはどこかにトラブルが勃発すると決まっているようです(涙)。ひょっとするとテーピングを貼り替えた所為かもしれない、と思いつつも8kmで断念して帰宅。自宅まであと500mというところで後発のオットとすれ違う。

こうして2日目の朝ランもどうにか終了。たっぷり汗をかいて良い気持ち。早起きすることを思うとひどく憂うつなのだけれど、走った後は夕方ランを上回る爽快感、そして達成感。これは多分苦手な早起き+朝ランができたので気分がいいのでしょう。こういう「良い気分」が朝から味わえて一日中続くのは精神衛生上すごくいいことのような気がします。続くかなあ、続けたいなあ、朝ラン。

| | Comments (5)

21.06.2006

朝ラン

天気予報を見ると、明日から毎日夕方雨が降るという。週間天気予報はずーっと曇りのち雨のマーク。とほほ、これじゃ走れない。だからといってレースが待ってくれるわけじゃなし、さてどうしよう。残された選択肢は朝ランしかない。実は私、早起きが滅法苦手です。数ヶ月前も朝ランするぞ~と宣言して2週間ほど続いたでしょうか、結局挫折して夕方ランに戻ってしまいました。でも、背に腹は替えられない。雨が降って休みにしてしまったら、梅雨の間はずっとオフになってしまう。

そういうわけで久しぶりに朝ラン。朝陽で目が覚めるようカーテンを開けて眠ったお陰でとりあえず6時には目が覚める(レベル低い)。身支度をしているうちにあっと言う間に時間が経過、結局走り出したのは6時半。夕方の走り始めと比べると少しひんやりとした空気が気持ち良い。予想外に自動車も少なく、空気は新鮮。環境が変わったお陰かここのところ私を悩ませていた「はらいた」(横っ腹が痛んでいたのです)も発生しないし、足首もまあまあ。8kmをほぼイーブンペースで走り、最後1kmでは大量に汗もかいて終了。ああ良い気持ち。

終わってみたら「な~んだ、私にだってできるじゃない」と思えた朝ランですが、実は今朝はオットが泊まりの出張に出かけていて比較的時間に余裕があったので8km走れたというわけで、普段の平日朝に自分の計画通りに走るとなるともっと早起きしなきゃいけないことが判明しました。むむう~。明日は5時半起き? 起きれるかな~。

| | Comments (3)

20.06.2006

タンクトップその2

連日30℃を超す暑さが続いています。暑がりの私は袖のあるシャツが嫌になってきました。二色アイスをどうにか黒棒にするためにも(?)タンクトップが必要!

ですが、先日購入したウェアに縫製ミスを発見したため、代替品待ちと相成りました。運悪く、日本の在庫は切れてしまったらしく、カナダに在庫問い合わせ中、在庫があったとしてもしばらく時間がかかるのだとか(涙)。そういうわけで「いらち」の私はタンクトップを着たくて着たくてたまらな~い! と、次のタンクトップを注文してしまいました。

そして到着したのがこれ↓です。これもまた外国製。

Img_0501Img_0502_2

左:前側

右:後側(ちょっと光っていますね)

結構ぴったりしたタイプです。黒い生地はメッシュになっていて、後側の下の部分にはポケットがついています。便利です。サイクルウェアでは一般的なのですが、ランニングウェアでポケットがついたものはあまり見かけません。

そして新しいウェアを着て、うきうきランニング。おお、涼しい。走る前は密着感が気になりましたが、走ってみるとまとわりつかず却ってイイカンジかもしれません。なにより、脇から下が涼しくて気持ちいい!

と、喜びも束の間、脇腹痛が勃発して、よろけながらの7kmとなりました。問題は、このウェアを着て走っている間ずっと二色アイスを晒すことになるため、焼けてしまうまでが恥かしいということ。早く焼けてくれないかな~。

| | Comments (5)

19.06.2006

東京マラソンエントリーその後

昨日、東京マラソンのエントリーを済ませて、3時間半ほど経ってから判読できないメールがエントリセンターから届きました。ウイルスバスターは「メールまたはヘッダの壊れた例外メール」としてテキスト処理している…。中身を見るとうん、ヘッダも壊れているし、本文内容は文字化けしている…。サイトではメールを確認してくださいとありましたが、確認のしようもありません(涙)。

そういうわけで、平日10時からオープンするというエントリセンターへ電話をかけてみました。結果としてもらった回答は「もう一度エントリして、二重入力としてはねられたらエントリ済みです」ということでした。発行されたという受付番号の確認もできないそうな。そして、「壊れたメールが届いたという事例は聞いたことがない」という姿勢を貫かれてしまいましたので「私の件を事例第一号としてください」とお願いしてきました。だいたいエントリ開始後に電話を受け付けてまだ1時間しか経ってないんだから、事例も何もないですよね(ちょっと怒っている)。

電話の後、改めてエントリサイトへ。再度入力すると…「既に登録されているお名前です」と表示されて、本登録のページまでは進めませんでした。ということは、とりあえずエントリはされたということのようです。ふう。

そういうわけで、登録ナンバーはなく、確認もできないままですが、エントリはされたようですから、後は抽選を待とうと思います。

ご心配くださった皆さん、ありがとうございました。皆さんと東京マラソンでお会いしたいと願っています。ふうぅぅ(力抜けた)。

| | Comments (9)

18.06.2006

東京マラソンにエントリー

本日から東京マラソンの申し込みが開始しました。10時からエントリースタート、ということなので少し緊張気味にパソコンの前へ。エントリーページが開き、指示に従って入力を済ませ、「東京マラソンの申込登録を受付いたしました」というページに到達。よし、これでエントリー終了!

…と思いきや、送信されてくるはずの本登録のメールが2時間を経過しても届きません(涙)。二重に申し込むと無効になるというので、もう一度申し込むということもできない…。登録ナンバーなども発行されないのです。(ちなみにアドレスの間違いはありません)

東京マラソンはNYCマラソンをお手本にしているということですが、こういうシステムの部分で参加者が不安に陥るようなことのないようにして欲しかった。第一歩目でつまづいてしまっては先が思いやられます。24時間経過してメールが届かなければ、明日、電話してみます。

果たして、私は無事にエントリーされているのでしょうか。

| | Comments (6)

17.06.2006

休む?

何だか調子が戻ってきたような嬉しいこの頃。痛みもないし、走っていて身体が軽いと感じられるようにもなった。お天気もいいし、今日も少し長く走りたい。

しかし、故障による1カ月のブランクを経て、連続で走ってしまっていいものか。復活後はおそるおそる距離を伸ばしながら、それでも三連一休のペースを保っている。そのペースで考えると今日は休みの日。だけど、う~ん走りたい。でも故障は怖い。私が古くからバイブルとしている「ジョギングからはじめるフルマラソン」も、特に初心者には休むことも重要だと説いている。

だけど私はこんなに調子いいし、外はピーカンに晴れているのだ(涙)。散々悩みに悩んだのだけれど、今回は休んで筋トレの日とした。でも気分的には「あ~あ、走りたかったなあ」と全然切り替えできてない。私には休むことの重要さがよくわかっていないのだ。これで週末が雨が続いたら後悔するかもしれないな。

| | Comments (6)

16.06.2006

幸せな10km

手許の仕事は少量ながら緊張感を伴う案件。何度も何度も見直して、さらに寝かせる。この仕事は失敗は許されないけれど、うまく行けば大きな仕事の足がかりとなる。そういうわけで、とても細かい「てにをは」であれこれあれこれ悩みはじめてニッチもサッチも行かなくなり、ドアを開けて外に。

ここのところデフォルトで7kmを走っているので、今日はゆっくり、もう少しだけ距離を伸ばそう。そう考えてスピードを抑え気味にいつもの道を走る。大雨の後の川の音が聞こえてくる頃、よく会う笑顔の男性とすれ違う。にこにこしながらその男性が声をかけてくれる。

「今日は遅いですね」

えっ、やっぱり遅いですか。そんなに判るほど遅いでしょうか(涙)!一瞬、頭がぐらぐらになる。が、よ~く考えてみると速度ではなく、時間帯のことだと判明。そう言えば、いつも出会う場所とは少しズレているし、走り始めたのも30分近く遅かった。一昨日「速(はや)かですね」と言われて気を良くしてしまったので、今日の「遅い」もてっきり速度の話だと思ったのでした。

「はやい」も「おそい」も話し言葉では時間帯のことなのか、速度のことなのか、判りにくいなあ。などと考えつつ走っているうちに、いつも気になる足首や股関節の痛みがないことに気づく。どうしようこのまま10km走れるかな、それともやっぱり調子に乗ったら故障するだろうか。引き返すかどうかを決めかねているうちに、どんどん距離が伸びていく。次第に悩むことも面倒になり、ええい、行っちゃえ~とそのまま10km走ってしまう。身体が少しずつほぐれてきて、軽くなる。全然疲れてない。うわ~幸せ。この調子ならずっとずっと走っていられる。

痛みのないランニングの幸せをしみじみ実感。楽しい10kmでした。

| | Comments (4)

15.06.2006

脱・二色アイス

大雨が降るらしいと聞いて、前倒し納品したその足で走る。雨が降ったらその場で引き返そうと思って走り出したのだけれど、折り返し地点まで降られることなく7km。いつものランニングは雨のにおいがした。今回は足首も股関節も痛むことなく終了。痛みなく走れる幸せを実感する。

Img_0498 さて、先日無防備に日焼けして見事に二色アイス化した腕をここで疲労しましたが、二色アイスはイチゴ/バニラから日に日にチョコ/バニラと変貌し、かなり目立つようになりました。このままではこの夏ずっと長袖着用ということになりかねません。

そこで「脱・二色アイス」を目指して、タンクトップのランニングウェアを購入しました。自転車のウェアなどを取り扱っているアメリカのメーカーのものです。日本の女性は美白の意識が高いのであまりこういうウェアは人気がないかもしれません。ですが、これを着て走れば(ラン、自転車ともに)二色アイスとなった腕の上からさらに日焼けして、くっきり日焼け跡が目立たなくなるかも。同年代の女友達に言うと「日焼けするだなんて!」と怒られそうですが、顔はともかく手足は少し日焼けした方が健康的だし、ほっそり見えるので私は実は日焼けしたい派。試着してみると、とても涼しく快適。ただ、炎天下で肌を晒すと疲労の原因となるというので、様子を見ながら使おうと思ってます。運悪く二色アイスが三色アイス化したら…ここでまた報告します(涙)。

| | Comments (4)

14.06.2006

お嬢さん、速かですね。

本当のことを言えば、まだ足首も万全でないし、股関節も時々悲鳴を上げることがある。だから足はテーピングだらけだし、まだ長い距離を走ったり、スピードを出したりするのは不安。ランニングの後はあっちこっちアイシングしながら夕飯の支度をしているし。でも、気持ちはすごく逸っている。焦るという気分とはちょっと違う。「もっと走りたい」のだ。長い時間を走って少し筋肉痛気味になるあの感じ、今、身体と心がすごくそれを求めているのだけれど、多分まだダメだろうなあ。

そういうわけで7km、夕方ラン。途中、背後から自転車の音が。近づきそうで近づかない。ペダルをこぐ音がどんどん接近する。でも私から姿は見えない。周りには誰もいない田園地帯。うわあ、どうしよう怖いなあ。と、思い切って振り向くと…

「お嬢さん、速かですね~。」

三輪自転車に乗った妙齢の女性が。ああ、びっくりした。そこから折り返し地点まで談笑しながら走る。近くにお住まいの方らしく、歩くのが体力的にきつくなったので自転車で運動されているとか。のんびりとした田舎道を走っているとこんな楽しいことも起きるのです。ちなみに、私は決して決して速いわけではないのですよ。お嬢さんかどうかについては…言わんとこ。

| | Comments (10)

13.06.2006

汗のにおい

トルコでは親しい間柄のひと同士では、抱き合って両頬にキス、という挨拶をする。仲良しのトルコ人たちからはほんのりと羊の香りがする。身体の匂いは普段食べているものを反映するようだ。私たちからすれば、羊の香りは身近でない分、余計にわかりやすい。

それなら日本人はどんな匂いがするのだろう。どこかで、日本人は「お醤油の匂い」がすると耳にした。お醤油の匂い? 日本人はみなお煎餅みたいな匂いをぷんぷんさせて歩いているのだろうか。長らく疑問に感じていた。

さて、当地では最近、夏のような暑さが続いていて、ランニングで汗をたっぷりかくようになった。そして、ふと気づいた。私の汗は「大豆」の匂いがする。そうか、お醤油の匂いというのは、つきつめると大豆の匂いだったのか。考えてみると大豆製品をしょっちゅう口にしている。先祖代々、大豆を食べてきただろうから、遺伝子にも大豆の匂いがするようしっかり組み込まれていることだろう(謎)。あまり大豆を食べない人々は日本人から「大豆の匂いがする」と感じるに違いない。

そういうことを考えながら観戦したワールドカップ初戦、Socceroosに大敗。今年は羊の香りのする友達の国は出場していない。

| | Comments (6)

12.06.2006

歩く4km

オットと走る。気温が高く、すぐに汗が吹き出す。いつものランニング用高機能Tシャツではなく、普通のタンクトップのシャツを着て走る。風がびゅんびゅんシャツの中に入ってきてすごく気持ちいい。腕の二色アイスさえ目撃されなければ、とても快適。袖なしでばんばん走って、二色アイスの日焼けを消そうかと思うのだけれど、このまま焼いて三色アイスになる不安もないではない。

足首はあまり痛まず一安心するも、今度は股関節に違和感を感じる。まったくもって「一難去って、また一難」。こうしてあちこち痛みつつトレーニングを積めば、痛まない身体になるのか。それとも痛みと上手につきあっていけるようになるのか。先輩ランナーの皆さんにこんなにあちこち痛む人がいない様子を伺うと、私のこの満身創痍の状態は一体なんだ?という気がする。

久しぶりに市街地で外食。楽しく食事を済ませ、バスに乗ろうとしたら最終バスまで50分近く時間があることに気づく。折角だから歩いてみようかと、バス通りを歩く。4km近くを歩いたわけだけれど、歩く4kmは遠くて長かった。景色もあまり変わらなくて少し退屈する。走ると4kmは結構あっと言う間で、楽しいのだけれど。同じ距離でも走ると楽しく、歩くと退屈というのはちょっとした驚きでした。

| | Comments (6)

11.06.2006

誰かと走る

製薬企業が主催するホノルルマラソン・ランニングクラブの説明会に参加してきました。これから12月のホノルルマラソン完走に向けて半年間、月に2回のペースで開催される講義とランメニューのコースです。11月にNYCマラソンに出走する私は、12月のホノルルに参加することは不可能です。ですが、ホノルルマラソンに出走する人限定ではないという話ですし、NYCマラソンの練習の糧にできるかもしれないと考え、参加を決めました。当地では13回にわたって講座が開催されて、参加費用は1万円。お得だな~。

普段はひとりで走っていて、自分のペース以外で走ることは滅多になく、そういう機会があったとしても相手はオットなので、我儘がききます。そういえば一度、同様のランニング教室に参加した時、団体走でへろへろになったこともありました。迷惑をかけない範囲で、団体走に加わることも良い練習になるかも。

今回は説明会のみで、ランニングクラブの趣旨や内容、質疑応答だけでしたが、既にお友達もできました。入会申し込みは即提出、講座は7月から開始します。とても楽しみです。

説明会の後、久しぶりに県立運動公園を5km走る。お昼前の運動公園にはスポーツを楽しむ人がいっぱい。木々の緑がとても美しく清清しい景色を楽しみながら走りました。いつも同じコースばかり走っていると目にも身体にも変化がないので、違うコースも走ってみよう。今回は足首に痛みが走ることもなく、快適でした。

| | Comments (8)

10.06.2006

ドンマイ、ドンマイ

徹夜明けのどんよりした体調は一晩ぐっすり寝たら解消。まだまだ徹夜もイケるかも、とは思うけど、できれば避けたいものです。そもそも今年の年頭の目標は「仕事とプライベートの両立」「プライベートの充実」だったはず。仕事量と品質を落とすことなく、自分の時間を取れるように能率をあげなくちゃ。

さて、私はいつも緑豊かなランニングコースを走っています。自宅は県庁所在地ではあるものの住宅地の端っこにあり、家から1分走って県道を越えれば、そこは田んぼや畑が広がるのどかな田園地帯です。川を流れる水の音は心地いいし、写真のような花も道端にたくさん咲いていて、疲労した頭がじんわり癒されます。あまり近道や抜け道にならない農道なので、自動車と行きかうことは滅多になく、犬と共に散歩をしている方とすれ違う程度。いつもお会いする方とは自然と顔なじみになります。

Img_0458_1 今では行き交う人に「こんにちは~」とご挨拶するのが習慣になりました。そして今日、やはり犬の散歩中の方とすれ違いご挨拶したところ、どうやら初めてお会いした方らしく、とてもどぎまぎされた末に「あーええっと、ドンマイ、ドンマイ」と声をかけて頂きました。何をドンマイかというのはこの際おいといて、すごく嬉しかった。

ちなみに朝走るオットは、登校中の小学生に「よお~し、まけないぞぉ」と勝負を挑まれたのだそうです。

いつものコースをただ走る私のランニングにも、こうして時々嬉しい出来事があります。

| | Comments (5)

09.06.2006

素人

煮詰まった仕事は結局、怒涛の完徹を経て納品した。1時間はベッドに倒れこんだので完徹はちょっと大げさですね。分野が違えど、蓋を開けてみたら量が多かろうと、原稿の文字が読みにくかろうと、言い訳にはならない。ひとたび仕事を請けたら、経過は問題じゃないのだ。締切までに品質を備えた訳文を納品すること。私に求められているものはそれだけ。

と、考えながら次の仕事をはじめた途端、別の取引先から電話。何でも、他所の取引先で請けた大量の仕事を納期直前になって投げ出した訳者がいるのだそうだ。で、私の取引先にも「助けてくれないか」と依頼が入ったらしい。時々こういう訳者の仕事が入ってくる。今年に入ってからはもう2回目だ。納期の朝になって「パソコンが壊れた」という人の仕事が回ってきた。パソコンで仕事をしていてバックアップも取っていないだなんてあり得ない。素人を使ってはいけません。

さて、ランニングは7日に7km。昨日は体調+天候を見てお休み。足首は「もう大丈夫」と自信が持てる域にはまだ達していませんが、様子を見ながら少しずつ距離を伸ばしています。今更という感じもしますが、とうとう当地も入梅したという話です。雨が続くと走れる日が減るなあ…。

◎おしらせ

ここのところ、怪しいサイトからのトラックバックが増えています。仕事の手を止めて削除するのが大変なので、しばらくトラックバックを受け付けないことにしました。

| | Comments (8)

07.06.2006

身体、戻る。

昨日請けた仕事、ぐつぐつ煮詰まる。表題とは違う内容の論文だった。中身は数学(涙)。届くはずの鮮明な原稿が届かない。聞くと話が行き違っていて送ってないという。しくしく。やってもやっても終わらない。焦りながら進めているとパソコンが固まる。がーん(治りましたけど)。そして気づくと、仕上がり予想の1.5倍の量でした。終わらないはずです。そういうわけで本日まで夜鍋仕事が続きます。手袋を編んでいるわけじゃありません。

でも走る! もう忙しいことを言い訳にできない(と、いつまで言えるかな)。そういうわけで仕事の手を止めて8 km。ゆっくり、ゆっくり。今月はスピードをあげずに距離をじわじわ伸ばしていくことを目標にしようと思っています。夕方6時半から走り始めるも、すぐに汗だくだく。聞けば最高気温32.5℃という。夏の暑さです。汗だく、だけど爽快。練習を再開して10日、少し身体が戻ってきたような気もします。

Img_0457 写真はあざみ。私のいつものランニングコースにはこんな野草がたくさん咲いています。

| | Comments (6)

06.06.2006

お尻に少し火がついた

NYCマラソンのエントリーが決まり、ようやくお尻に火がついてきました。足首も万全とは言えないまでも、まあまあオッケーかなというところまで治ってきたみたいです。そうなると、気になるのはあと150日あまりを残すことになった初フルマラソン。

制限時間はない(多分)とは言え、歩かず走ってゴールすることが私の大きな目標です。今の私には42.195 kmを完走する力は備わっていないので150日でその力を蓄えなくてはならないわけです。逸る気持ちを抑えて5kmランに徹した先週も無事終わったので、今週から初フル向けメニューで頑張ってみようと思っています。参考にしているのはNYCマラソンのトレーニングメニュー(2005年版)。

http://www.ingnycmarathon.org/training/trainingschedule.php

このメニューを参考にメリハリのついた京丸メニューをちまちまと作成中。実は、こういう作業が楽しいのです。そういえば、昔から試験前に勉強のスケジュールを立てるのに時間を費やすタイプでした。

相変わらずの業爆に加えてNY爆、そのお陰でさらに業爆に拍車がかかってニッチもサッチもいかないこの頃です。

| | Comments (2)

05.06.2006

二色アイス

金曜夕方に頂いた仕事のオファーを(分野違いで)断ってしまったお陰で、この週末の手持ち仕事が少なくなった。久しぶりにゆったりした週末となったため、自転車に乗ることに。

今日は合志川沿いを下流に向かって走る。久しぶりの自転車は気持ちいい! だけど道を覚えていなくて早速迷う。

Img_0449_1 ここは一体どこ?目の前に延々と広がるトウモロコシ畑。時間にとらわれない旅なので、これもまた楽しめる。コンビニで休憩したり、パンクしたり(!)、パンク修理にえらく手間取ったりして、70kmあまりの旅は終了。あまりに久しぶりすぎて、要領を得ないところは多かったけど、長い時間身体を動かし続けられて心地よい疲労感と達成感を感じました。 走り終えた後のビールが、これまた最高~!

Img_0463_1 と、喜びもつかの間、腕が大変なことに!はっきりくっきり「二色アイス」みたいになってしまいました。自転車のウェアは袖口がきっちりしているので焼け方もこんな風(涙)。半袖&袖なしが着られない身体になってしまいました。あ~あ。

| | Comments (8)

03.06.2006

怒涛の一週間、終わる

火曜に同業者の先輩に会いに福岡へ。博物館に行ったり、博多の町をうろついたり、明るいうちから飲んだくれたりして、濃密かつ楽しい時間を過ごし、終バスで帰宅。

1日休暇を作ってしまうとそのシワ寄せが前後にやってくる。そういうわけで翌日以降は(二日酔いで重い頭を抱えながら)仕事に励み、ようやくひと段落したところです。そういう忙しい数日のなか、ニューヨークシティマラソンへの申し込みも終了しました。

オフィシャルの抽選には見事に落選してしまいましたので、今回は旅行会社を経由して参加することに。私の初フルはニューヨークということになります。とてもドキドキしています。故障することなく練習を積み、歩かずに42.195 kmを走る、ということは口で言うほど簡単なことではなさそうです。まずは故障することなく毎日地道に練習したいと考えています。レースまであと155日、がんばるぞ~!

| | Comments (4)

« Mayıs 2006 | Main | Temmuz 2006 »