« 怒涛の一週間、終わる | Main | お尻に少し火がついた »

05.06.2006

二色アイス

金曜夕方に頂いた仕事のオファーを(分野違いで)断ってしまったお陰で、この週末の手持ち仕事が少なくなった。久しぶりにゆったりした週末となったため、自転車に乗ることに。

今日は合志川沿いを下流に向かって走る。久しぶりの自転車は気持ちいい! だけど道を覚えていなくて早速迷う。

Img_0449_1 ここは一体どこ?目の前に延々と広がるトウモロコシ畑。時間にとらわれない旅なので、これもまた楽しめる。コンビニで休憩したり、パンクしたり(!)、パンク修理にえらく手間取ったりして、70kmあまりの旅は終了。あまりに久しぶりすぎて、要領を得ないところは多かったけど、長い時間身体を動かし続けられて心地よい疲労感と達成感を感じました。 走り終えた後のビールが、これまた最高~!

Img_0463_1 と、喜びもつかの間、腕が大変なことに!はっきりくっきり「二色アイス」みたいになってしまいました。自転車のウェアは袖口がきっちりしているので焼け方もこんな風(涙)。半袖&袖なしが着られない身体になってしまいました。あ~あ。

|

« 怒涛の一週間、終わる | Main | お尻に少し火がついた »

Comments

おおっ、これは確かに見事な「二色アイス」。
脚は大丈夫でした?

Posted by: まりも | 05.06.2006 at 10:02

あらら~^^;
おいしそうな色ですネ。
自転車はひとりで出かけたのですか?
私も遠出をしてみたいけど、パンク修理はひとりではできないので、二の足を踏んでしまいます。
トウモロコシ畑、日本じゃないみたい・・・。

Posted by: プラム | 05.06.2006 at 10:14

まりも姉さん

脚は腕よりも動かしているため、腕ほどのくっきりはっきり感はありませんが、でもやっぱり二色アイス。これではこの夏長袖しか着られなくなりそうなので、トライアスロン用の袖なしシャツを買いました。これを自転車の際にも着用するつもりです。ですが今の状態で袖なしシャツを着たら三色アイスになるかも。

プラムさん

昨日は夫と一緒でした。二人で走っていても、久しぶりには変わりなく、二人でもたつきました。パンク修理は慣れの問題という気がしますので、二人でサイクリングにお出かけの際に何度か練習をなさってみては?

トウモロコシ畑、いきなり目の前に現れた時にはちょっと驚きました。壮観でしたよ。

Posted by: 京丸 | 05.06.2006 at 16:01

ぎょ。衝撃的画像。
これはやけどですね。痛そー。
日焼けサロンで全部同色にしちゃうとか。
いや,男がコメントすることじゃないですね。失礼しました。

Posted by: びい | 05.06.2006 at 19:02

これはすごい。京丸さんって色白ですね。私は幾ら同じことしても、こんなコントラストにはなりません(笑)

Posted by: NAOJI | 05.06.2006 at 20:47

痛くはないんですか??見ているだけで腕がほてりそうですぅ。ケアを充分してくださいね。

Posted by: まゆちゃん | 06.06.2006 at 00:58

「日焼しちゃった」っていうより「火傷しちゃった」って感じですね。シャワーが痛そう、、、背中をこの色にしたら、寝れませんよね。(笑)

Posted by: ポンするめ | 06.06.2006 at 04:07

みなさん、おはようございます。

びいさん、

これで今年はもう袖なしは着られないなあ…はっ、上からさらに焼けばいいのか!とトライアスロン用袖なしウェアを注文しました。ですが、よく考えると三色アイスになる可能性が…(涙)。

NAOJIさん

自分で見てもインパクト強いので、ネタ的に正解かなと(笑)。カーテンの色のお陰で色白に見えますが、さほど色白ではありませんよ~。色黒のオットも私と同じような状況に陥りましたので、肌の色の問題ではなく「日焼け止めを塗り忘れた」ことに一番の問題があるようです(←バカ)。

まゆちゃん

痛いです(しくしく)。今朝もまだほかほかしてます。ですが、冷やすとさらに火照るので、もう放置してます。というか、ケアって何をしたらいいのか判っていないのであります。

ポンするめさん

ええ、この日焼けが海水浴じゃなくて本当によかったです。これだけ(+足)の日焼けでも、海水浴の時のような妙な疲労感を覚えました。陽射しもシャワーもまだ痛いです(涙)。

Posted by: 京丸 | 06.06.2006 at 09:16

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 怒涛の一週間、終わる | Main | お尻に少し火がついた »