« 鍼治療 | Main | のさり »

28.09.2006

一喜一憂

意識が膝に集中しているのか、昨朝は(他にも用件があって)4時に起きたものの、膝の違和感が増しているような気がして悶々としながらも自粛。ひょっとすると鍼治療に時々見られる瞑眩(めんげん:治療過程で一時的に症状が悪化したり、だるくなったりする現象)だったのかもしれません。一転して今朝の膝はすっきり。もう一日くらい休んだ方がいいのかもしれないとも思ったのですが、うだうだ悩むのがいい加減に嫌になったので思い切って走ってきました。気が短いですね。5km、川の上流から渡ってくる風はひんやりと冷たく、青い空を飛ぶ鳥の声が響き渡る。何だか今日は「ちょっとくらい悪化してもいい」という気分でした。幸い、走っていて痛みも違和感も感じることはなく、寒さの所為か少しペースも上がった状態で終了。

今朝はストレッチの効果をしみじみと実感しました。先日のスパルタストレッチ以降、自分でもじっくりとストレッチを行うようになりましたが、朝ラン時、いつも走り始めに感じる身体の重さが今日はまったく感じられませんでした。最新号のランナーズにも、ストレッチをばっちりやるようになって故障が皆無になったという方の記事がありましたし、これからはもっと気合を入れてストレッチをやるつもりです。がんばるぞー(遅い?)。

いささかやけっぱち気味で走ったものの、結果オーライ。やっぱり走ってよかった。それにしても故障のオンパレードだ、私。

|

« 鍼治療 | Main | のさり »

Comments

あのランナーズの記事、私も大分感化されました。ランニングってただ走ればいいってものではない、と最近ようやく理解しつつあります。結果オーライでも、ストレスが発散できたのならよかったのですよ、きっと。

Posted by: June | 28.09.2006 at 10:10

私はついついストレッチをさぼってしまうので、今日からがんばります。
ピラティスはストレッチと筋トレがほどよく一緒になっているような感じなので、続けてみようかと思ってます。

Posted by: みなみ | 28.09.2006 at 11:37

◎Juneさん

あの記事はストレッチに関する内容はもちろん、他の部分もよかったですよね。常に前向きな姿勢を見習いたいものです。

今朝は気分よくそして痛みもなく走れたので本当によかったです。走れることは本当に幸せですよね。今後は故障に泣くことのないよう、お互いに色んな面でがんばりましょう!

◎みなみさん

うふふ、みなみさんもストレッチに精を出されるのですね。ピラティスはなかなか良さそうですね。そういえば私も妹からピラティスのDVDを貰っていたことを思い出しました。探してみます(どこに仕舞い込んだんだっけ(汗))。

Posted by: 京丸 | 28.09.2006 at 13:03

膝の違和感、なかなか治りませんね~。
そういう時は自転車に乗ってみるというのはどうでしょう?自転車でも痛みがでないとは限らないけど、ランに比べると膝の負担は少ないはずです。私も故障して走れない時はよく自転車乗ってましたから。
おかげで走らなくてもある程度の心肺能力は維持することができましたよ。

Posted by: hisa | 28.09.2006 at 21:53

ジャンルが違いますが、プロクライマーの平山ユージさんは、運動後のストレッチを勧めていました。体が温まっていない運動前に無理に筋肉を伸ばすよりも、運動後にした方が良いというのがその理由です。

私も運動前にはストレッチをしますが、稼動域を延ばす程度のものです。特に走った後は、それなりに時間をかけてストレッチしています。運動で縮こまった筋肉を伸ばすのが目的です。あと、クールダウンも大切だと思いますよ。私は1マイル歩いています。

Posted by: ポンするめ | 29.09.2006 at 03:27

◎hisaさん

自転車、実は最近ちょっとご無沙汰してました。秋は自転車のベストシーズンなので乗りたい気分満々です。しかし、自転車って長い時間乗りたいなあなんて思ってしまうんですよね。そういうわけで平日朝に乗ることは全然考えていませんでした。今度、自転車朝練してみよっかな。

◎masaさん

もちろん、以前から走った後のストレッチはやっていますですよん(^^)。でも、ウォームアップはともかく平日朝にクールダウンで1マイル歩くというのは私の現状では難しそうだなあ。走ってシャワー、ストレッチの後には主婦の仕事が山積みですので時間の捻出の限界であります。アイシングも食事の支度をしながらです。貴重な朝の時間なので何にどう優先順位を置くかはとても難しいですね。

Posted by: 京丸 | 29.09.2006 at 08:36

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 鍼治療 | Main | のさり »