« γ-GTP | Main | 張り切っている »

30.11.2006

紀伊国屋ラン

昨夕、走り出そうと椅子を立とうとしたら紀伊国屋書店から電話が。「ご予約の本が入荷いたしました」。やったー、今日のうちに入手しておけば明日からこの本を仕事に使える! だけどこれから走る予定なんだよなあ…。今走らないと、またまた真っ暗闇になってしまうし、さてどうしよう。と一瞬悩んだものの、冬の季節は買い物とランを組み合わせていらっしゃるこうめさんを見習って、走って本屋に行き、所望の本を引き取って走って帰ってくることにしました。

片道3.2km。いつもは携帯電話しか持たずに走っているのですが、今日は購入した本を入れるためにリュックを背負います。ふふ、何だか嬉しい(謎)。ウインドブレーカが途中で暑くなったら、このリュックに入れれば良いし。いつものランニングコースから国道に入ると長い長~い上り坂。足が全然上がらず、一歩一歩がひどく小さい。前に進まない。歩道橋も階段じゃなくて、自転車用のスロープを登ってみる。やっぱり上り坂が苦手だということがよくわかります。

それでもいつもとは違う風景の中、きょろきょろしながら走っているうちにショッピングモールにはあっと言う間に到着。このショッピングモールには紀伊国屋書店のほかブティックやレストラン、生鮮食料品など様々なお店がたくさん入っていて、夕方の買い物客でごった返してます。そんな中、すっぴんで眼鏡だし、いかにも走ってきましたってランニングウェア姿はちょっと目立つような気がします。でも知っている人に会うことはそうそうないし、まいいか。紀伊国屋のカウンターで汗をダラダラ流しながら用件を告げ、領収書の発行も依頼します(仕事で使う資料ですので)。周りを見回し、うわあ、やっぱり目立ってるかも、と汗まみれのウインドブレーカを脱ぎつつ小さくなっていると

「領収書のお宛名は京丸本舗(仮称)さまでよろしいですね(にこっ)」

   ……がーん。屋号まで覚えていてくださってありがとうございます(涙)。

そりゃそうです。しょっちゅうやってきて、高額の変な本をたくさん買い込んでその都度領収書の発行をお願いしているわけですから、流石に覚えてくだったのですね。でも今日は知らんぷりして欲しかった(涙)。途端にさらに大量の汗が噴き出しました。はずかしー。この紀伊国屋ラン、名案だと喜んでいたのですが、さて今後どうしましょう。もう身元も割れてるわけですから、開き直ってやっぱり走っていこうかな。

あまりに汗をかいたお陰で身体はすっかり冷え冷え、またウインドブレーカを着て、気を取り直して帰路へ。今度は長い下り坂、ストライドも伸びて良い気分。いつもと違う風景、ヘッドライトの波、排気ガスの匂い、リュックから洩れるカサカサ音。通勤ランをしている気分です。いつもと違うランニングはやけに新鮮でした。それにしても、下り坂の帰り道が行きよりも13秒しか速くないのはどういうわけだ?

|

« γ-GTP | Main | 張り切っている »

Comments

それは、上りが苦手ではないということじゃないですか?僕は下りが苦手です。

それは置いといて、お買い物ラン、ぜひ続けてください。僕は近所の周回コース上になかなかまともなスーパーがあるので、いつもお買い物したいと思いつつ、夏場はあまりに汗だくで、スーパーに入ったら一気に風邪引くのでダメでした。今の季節ならお買い物ランもOKですよね。あ、ポイントカード忘れないようにしなきゃ(笑)。

Posted by: まっち | 30.11.2006 at 12:34

◎まっちさん

えええっ、全然進まないあの上り坂が苦手でないとおっしゃる?(あのタイムは何かの間違いに違いない。そうだそうだ)

お買い物ラン、やはりやるべきでしょうか。そうですよね、一石二鳥ですものね。ただし冬でも汗対策は必要だという気がしました。立ち止まっただけでも汗噴出するうえに、お店は暖房が効いていますから。もちろんポイントカードは必携ですわね。

今となってはすっぴん眼鏡なのにバレたこともショックという気がしてきました…。ええい、開き直ってしまえ~。

Posted by: 京丸 | 30.11.2006 at 14:39

やっぱりお店の中に入った途端、汗がどーっと出ましたか。
私は以前、TSUTAYAにDVDを借りに行くのに走っていったとき、「これはなかなかいいアイディアだわ」と思ったのですが、店の中で汗だくになってしまい、帰りはそれが冷えてヒサンな目にあいました。
ぱっと済む用事ならOKかもしれませんね。

書店さんにとって京丸さんはお得意様なんですね~♪

Posted by: みなみ | 30.11.2006 at 16:39

◎みなみさん

じ、実は私も「次はTSUTAYAラン」などと考えていたのでした。とりあえずは今借りているものを返却するだけにしておこうかな。それか次に借りるものをかっちり決めておかないと、お店で物色している間に汗だくになりそうですね。身体が冷えるのでウインドブレーカはこれから必須かもしれません。そして汗拭き用のミニタオルもね。

書店にとってはたぶん得意客だと思います。本は商売道具なのでしょっちゅう通っているのです。紀伊国屋書店は店員さんがたくさんいらっしゃるので覚えられてないと思っていたんですけどね(涙)。

Posted by: 京丸 | 30.11.2006 at 17:16

お買い物ラン、楽しそうですね!私はときどき図書館で借りた本をリュックに入れて返却しにいく「重荷返却ラン」をしています(ていうか、重くてほとんど走れません、歩いてます)。
書店もですが、宅配便もお得意様扱いではありませんか?エージェントから原稿だの参考資料だのCD-ROMだのが毎日のように送られてくるので、私はすっかり顔をおぼえられ、先日近所を歩いていたら「○○さ~ん(本名)」と呼ばれてびっくり。いつもの宅配便のお兄さんがあの車の窓から手を振っていました。

Posted by: June | 30.11.2006 at 17:41

◎Juneさん

図書館ランも検討していたのですが、大量に借りた時には後ろにひっくり返るかもしれませんね(嘘)。

宅急便のお兄さんも確かにそうですね。ほんっとにしょっちゅういらしてくださるので、ドアホンを鳴らしても聞こえない時にはドアをがんがん叩く、など京丸仕様で対応してくださってます(ありがとーございます)。通りでお会いした時はもちろんクラクションを鳴らしてくださいます。ほんとに得意客ですよね。お得意様扱いでお値段が安くなるともっと嬉しいですけれどね。

Posted by: 京丸 | 30.11.2006 at 18:15

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« γ-GTP | Main | 張り切っている »