« オットの車を引き取りに | Main | 母の祈り »

24.12.2006

神園山~小山山縦走

昨日二部練習を行って足し算するとまあまあの距離を走っていたので、今日は短距離でぜいぜいはあはあのランニングに出かけました。近くの神園山~小山(おやま)山縦走です。

このふたつの山は隣り合って双子のように並んでいて、縦走にぴったり。前回は神園山だけで山を降りましたが、そのまま小山山へも縦走する気になれたのはちょっとだけトレイルランに慣れたということでしょうか。前回と比べると、しんどいながらも足の運びはちょっと良くなったような気がします(ほんとか!?)。そして、夏の日のランニングのようにしたたりおちる大量の汗。これがトレイルランの醍醐味と感じます。秋も終わりに近づき、鳥の声も心なしか少なくなったような気がします。こうして自然を肌で感じながら走るのがトレイルランの楽しみです。だけど今回は落ち葉が多くて足元が危うかったな。ちなみに登山口から神園山頂上までのタイムトライアルは9分23秒。

Img_1053 急な下り坂をこわごわ降りるとそこは県立運動公園。ここでも秋が深まっています。大量の汗で身体が冷えないように、ランニングコースでは少しペースを上げて走ります。途中、思い出したように横腹痛の根っこが目を覚ましましたが、少しペースを落としたらまた眠ってくれたため、寝た子を起こさないよう(?)少しずつペースをあげそのまま帰宅。最後は私としては結構ペースを上げて走れて満足満足。身体にひそんでいた余計な水分が搾りだされたような爽快感に包まれました。

昨日も感じましたが、時々こうして違うコースを走ると新鮮ですね。今回からタイムトライアルの測定場所もきちんと決めたので、次回またこの神園山周囲を走るのが楽しみです。次走る時はもう本当の冬がやってきているでしょうか。

|

« オットの車を引き取りに | Main | 母の祈り »

Comments

実を出して二つに割れた落花生の殻を机に伏せて置き,その上をミクロの決死隊が縦断する感じでしょうか。
落ち葉は滑るし,足元見えないと怖いですね。思わぬ段差があったり石を踏んだり。気をつけてくださいね。
ちなみに,落花生の殻も滑りそうだ。

Posted by: びい | 24.12.2006 at 12:26

◎びいさん

あははは、落花生の殻の上を走るミクロの決死隊、その通りです。決死隊は汗をかきかきあらゆる困難を乗り越え、落花生山ふたつを制覇したのでした。前回はすってんころりんと転んでしまいましたが、今回は転ばなかっただけ進歩したのかも。次回も頑張ります、らじゃ。

Posted by: 京丸 | 25.12.2006 at 08:13

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« オットの車を引き取りに | Main | 母の祈り »