« やぶれ饅頭 | Main | 股関節痛その後 »

28.01.2007

よれよれ30km

東京マラソンに向けて最後の30km走に出かけました。今日も県立運動公園の5km周回コース。今日は出かける時からどうもすんなり行きません。ストレッチに時間がかかって家を出る時間が大幅に遅れたうえに、運動公園に到着してから時計を忘れたことに気づいて取りに帰ることに。膝にもまだ違和感が残っていたし、今日のよれよれランを暗示していたのかもしれません。

スタートからほどなくしてトイレに行きたくなりました。自宅で済ませてきたのに何故?とよく考えてみると、前日仕事のしすぎで足が浮腫んでいた所為だと気づきました。身体を動かして、リンパも慌てて動き始めたのでしょう。やけにトイレに行きたくなります。こういうトラブルもあるのか、と改めて学習。身体もやけに重いし、膝も違和感があるし、今日は5kmも走れないんじゃないかと憂うつな気分で走っていると、すれ違った高校球児が帽子を取って丸刈りの頭を下げて大きな声で挨拶をしてくれる。一挙に気分がよくなり、足が軽くなる。単純。

冷たくて感覚のなかった足が温まってきてほっとした頃、膝と股関節に交互に違和感が勃発。おまけに今日の違和感は痛みに成長したような気配です。膝の違和感が痛みに変わったらやめようと思って走り始めたのですが、いざやめようと思うと消えている。そして、ほっとして走り続けると今度は股関節が痛み始める。この繰り返し。そうこうしているうちに、痛みは出たり引っ込んだりして、やめる機会を逸してしまいました。

20kmで補食。パウンドケーキの備蓄がなくなっていたので、今日の補食は飴とチョコレート。それも飴はフルーツのど飴。こんなので補食となり得るのか~と、いささか不安でしたが予想に反して結構イケます。のど飴のメントール成分の効果で、息が少し楽になる。舐めている時だけですが。暑くなってきたのでウインドブレーカを脱いで長袖Tシャツ1枚になる。走り始めは少しひやっとしましたが、直に快適に。本番の衣装をどうするか、またしばし悩む。

もうすぐ30kmというところで、父くらいの年齢の男性ランナーと併走することに。東京マラソンに出走なさるという話を伺い、しばしおしゃべりをしながら走る。気づくと少しペースも上がって終了。

前回の30km走と比べると、あちこち痛んだお陰で心身ともに弱い30km走となってしまいましたが、同じ東京マラソンを走るみなみさんと互いにエールを送り合って週末ロング走に臨んだこともあって、どうにか走り切ることができました。時計を見ると、結果的には前回より8分速く走れていました。あちこち痛みが勃発したものの、考え方を変えれば痛みがある状態でも30kmを走れたとも言えます。

これで東京マラソン前のロング走は終了。これから本番までの3週間は股関節と膝の痛みを治すことを含めて、できるだけ良い体調でスタートラインにつくことを目指します。

|

« やぶれ饅頭 | Main | 股関節痛その後 »

Comments

30km走、お疲れさまです。
あちこち痛みながらも前回より8分も短縮はすごいですねっ!
東京マラソンでの自己記録更新、期待できそうですね。私も午後から泉州にむけて最後のロング走にいってきます。

Posted by: hisa | 28.01.2007 at 11:57

◎hisaさん

後になって、そういえば前回の30kmは意識してペースを落として走ったことを思い出しました。タイム短縮は当たり前でしたよ(汗)。

今頃、hisaさんも最後のロング走中ですね。九州から応援の念力を送ります!! がんばれー!(届いたかな)

Posted by: 京丸 | 28.01.2007 at 15:15

京丸さん、こんばんは。
30キロ走、ご苦労さんです。
身体の手入れを入念にされて、ベストの状態で東京マラソンに臨んでください。

周回コースでよく走られましたね。
私だったら意志薄弱のため、2,3周で辞めちゃいますね。

Posted by: マーサー | 28.01.2007 at 18:28

京丸さん、しっかり走っていて偉いなあと思います。僕は結局30kmはもう走らずに東京を迎えることになりそうです。来週30kmは危険だしなー。京丸さんはNYの時なんかよりぜーんぜん余裕で完走できる気がしますよ。

Posted by: まっち | 28.01.2007 at 20:05

走り出したらいろいろない方が少ないですよ。しかも30kmだし。
そんな中でもその状況を判断して、うまくまとめていくというのも経験だと思います。
それに一人で黙々周回コースを走る練習と、大勢で目新しいコースを走るレースでは全然アドレナリンの量が違いますから、自信を持って東京行ってくださいね。

蛇足ですが、私も最近「小」が近くて困ってます。コース上のトイレいつも気にしてます。

Posted by: まりも | 28.01.2007 at 22:47

◎マーサーさん

30km走の後、この週末はケアにつとめました。少しよくなったのでほっと一安心です。

周回コースは飽き飽きするためできれば走りたくないのですが、あちこち不調を抱えていますし(途中で断念しても周回コースならすぐに帰宅できる)、この周回コースはトイレもふんだんにあり、車の中に補給食やドリンクも置いておけるので、仕方なく周回コースを選んでいます。後は飽き飽きする部分のトレーニングといいますか。でもやっぱり飽き飽きしますよ。

◎まっちさん

私はNYC以来レースに出てないのが大きな不安材料です。レースの雰囲気をすっかり忘れてしまいました(汗)。あの独特な緊張感にも慣れておくべきという気がします。まっちさんはロング走についてもこれまで培ってこられたものがあるし、レースで爆走もされているので、ばっちり準備が整ってらっしゃるように感じます。いよいよ近づいてきましたね。

◎まりも姉さん

30km走の間隔をあと1週間空けられたらよかったのですが、どうにも無理でした。ですが痛みや何やかやがありながら走れたのはよかったです。あのよろよろ走が練習になったのかは謎ですが。

トイレ問題ですが、水分摂取量が少なければ回数も減ると思っていたら、浮腫みという問題を忘れていました。冬は汗が出ない分、トイレ問題が切実ですよね。

Posted by: 京丸 | 29.01.2007 at 09:05

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/154510/13687302

Listed below are links to weblogs that reference よれよれ30km:

« やぶれ饅頭 | Main | 股関節痛その後 »