« 同じ阿呆なら | Main | すわ、故障か »

12.01.2007

図書館往復ラン

予約していた本が届いたというので図書館まで走っていくことにしました。片道2km。いつも走っているランニングコースとは異なり、図書館への道は国道横断、交通量の多い細い道、歩道橋など障害が多くてペースは比較的ゆっくりとなりましたが楽しめます。やっぱり街中のランニングは新鮮です。これから図書館へはできるだけ走っていくことにしよう。図書館のカウンタに座っているお姉さんも最近異動で新しい人に替わったようなので、すっぴん+メガネで走っていっても大丈夫そう(笑)。

Photo_2借りてきた本はこうめさんのブログで紹介されていた「風が強く吹いている」。作者は2006年第135回(平成18年度上半期)に、『まほろ駅前多田便利軒』(文藝春秋)で直木賞を受賞した三浦しをん。

到着したばかりなので私もまだ内容がどんなものかわかりませんが、箱根駅伝の物語だということです。ランニングに関する小説にあまり出会ったことがないのでとても楽しみです。

図書館往復は4kmとちょっと物足りないので一旦自宅に戻ってリュックをおろし、ウインドブレーカを脱ぎ捨ててさらに5km。図書館往復ランではゆっくりきょろきょろしながら走ったので、5km走はペースアップ。冷たい風の中ぜいぜい息を上げて走ったので、走り終えた後にどっと大量の汗をかいて気分爽快です。朝夕は氷点下まで冷え込むこの町ですが、ウインドブレーカを脱いで走れる今日のような日は、春がすぐそこまでやって来ているような錯覚を覚えます。本当に寒くなるのはこれからなのですが。

|

« 同じ阿呆なら | Main | すわ、故障か »

Comments

実は私、京丸さんの読書傾向が大好きで、「梨木香歩、小川洋子、恩田陸、林望、阿川弘之、伊坂幸太郎、東野圭吾・・・」とリストアップしたメモが今もバッグに入っています。みな京丸さんのブログで紹介されていた作家さんで、機会あるごとに図書館や本屋で著作を入手し、読みふけっています。今回の書評も楽しみ。読み終えられたら、ぜひご感想をお聞かせくださいね。

Posted by: June | 12.01.2007 at 14:05

◎Juneさん

紹介した本を紐解いてくださってありがとうございます。以前はこちらにも本の話を書いていましたが、実は私の読書傾向はかなり節操がなくブログに書くのが躊躇われるものも多いため、最近は本の紹介はやめていたんです。今回はランニングに関係する本だったので久しぶりにご紹介と相成りました。読了しましたら、感想を書きますね。

Posted by: 京丸 | 12.01.2007 at 14:40

あ!私も図書館から予約本が届いたって連絡もらってたんだ
さっそく今から走って・・・いゃ車で借りに行ってきまーす
ってのっけからスミマセン はじめまして(の気がしない)お邪魔します
私にも妹がいまして 昨春はじめて大会に応援に来てもらい
おねちゃんスゴイね! とは言ってくれましたがランナーには
なってないみたい 布教能力が足りなかったかな。。。
これからもどうぞヨロシクです♪

Posted by: らんらん | 12.01.2007 at 17:49

◎らんらんさん

いらっしゃいませ♪ やっぱり初めましての気がしませんね。って初めましてじゃないない(笑)。

らんらんさんはカッコイイお姉ちゃんの姿を見せておいでなので、それだけできっと布教効果があるかと。知らないうちに妹さんもランナーになっておいでかもしれませんね。私の場合は走っている姿を見せなかったのが大きなポイントだったのかも。あはは。

これからもどうぞよろしくお願いします。またぜひとも遊びにいらしてください♪

Posted by: 京丸 | 12.01.2007 at 17:59

お久しぶりです!東京マラソンに出られるのですね。・・こうやってみると、以外と知っている方が当選されているような気がしてきます。(ブログ上のお付き合いですが・・)私は、出ませんが楽しみにしています~。

私も、ここの読書コーナーが好きで・・(笑)昨年、三浦しをんの「まほろ駅・・」を読んでいいなって、思ったばっかりで図書館で彼女の本を沢山予約したんですが、なかなか回ってこなくて。それと、一昨日、梨木果歩の「家守~」を買ったばかりで、おっ、この人いいなって・・。(ちょっと夏目漱石を連想するのは私だけでしょうか?)

「風が~」も読んだら是非完走、おっと間違い感想を楽しみにしています♪ヒザ、お大事にしてくださいね。

Posted by: ぶーみん | 18.01.2007 at 10:40

◎ぶーみんさん

お久しぶりです。お元気でしたか? 東京マラソンは予想外に知り合いがたくさん当選しました。マラソンよりも友達に会う方が楽しみなんじゃないかという気がします。いいのか、これで!?

家守忌憚は私も漱石の「夢十夜」のイメージと重なる部分があります。家守忌憚の後に漱石の古い文庫本を紐解きましたよ。

Posted by: 京丸 | 18.01.2007 at 14:55

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 同じ阿呆なら | Main | すわ、故障か »