« Şubat 2007 | Main | Nisan 2007 »

28.03.2007

我が家の

Img_1265

開花宣言。東京に遅れること1週間。

| | Comments (12)

26.03.2007

ラン休養

フルの練習中から痛めたかも、と案じていた膝痛や足首の違和感が強く感じられるようになりました。膝裏も突っ張ったような疲れを感じます。

休もうかどうしようかと悩みながら走っていた矢先に、ちょっと厳しい仕事が入ってきました。今回の仕事は大変そうなので、仕事と回復の目処が立つまで思い切ってランを休養することにしました。そういうわけで、しばらくの間ブログの更新も頻繁にはできなくなりそうな気配です。と言いつつ、煮詰まったらここで息抜きするかもしれませんけれど。

| | Comments (17)

22.03.2007

活字スイッチ

春の訪れを感じるとともに、業爆シーズンにようやく目処が立ち、トンネルの出口も見えてきました。出口の光を目にしてからの私はムズムズ。活字スイッチが入ってしまったのです。

思えば2月は東京マラソンの前後で慌しく、マラソン関連本以外にたいした本も読まず、読めず。そして3月は例年の通り業爆シーズンに突入して、ゆっくりと本を読む時間を取れずに過ごしてきました。そして、トンネルの出口を確認した途端、頭の中の活字ストックが切れかかっていることに気づいたのです。ああああ、本を読みたい。時間を忘れて寝食忘れて没頭できるような面白い本を読みたい。のめりこみたいー。

そういう訳で昼食のついでに本屋に寄り、たんまり入手してきました。ほくほく。まずはこの「本を入手する」という行為で、気持ちは一部満足。後は仕事を終わらせて、読むぞ読むぞ。

Img_1262 オットの誕生日当日は久しぶりに日本酒を堪能しました。地元の美味しい日本酒です。久しぶりの日本酒は香りも味も豊かで、料理を選ばず美味しく、ちょっと見直しました。

焼酎は二日酔いしないと言いますが、私の場合は焼酎を飲むと翌日の頭はぐらんぐらん、日本酒の方が断然元気です。どうやら私は焼酎よりも日本酒の方が身体に合うようです。

| | Comments (9)

21.03.2007

ふるさと流のご馳走

3月21日はオットの誕生日。私の誕生日は例年前日から宴会なので、オットの誕生日も前日から宴会と相成りました。ここのところの休肝日敢行のお陰で、何かと飲む口実が欲しいわけです。

そういうわけで、車で10分の魚の美味しい店を予約。このお店は私のふるさとの流儀でご馳走が楽しめます。ふるさと流のご馳走、それは「魚で腹いっぱい」。

Img_1252 Img_1254

つき出しは骨せんべい。       海鮮天ぷら。

Img_1256

本日のメイン、呼子のイカ活き造り。こりこりだー。

Img_1257  Img_1258

鯛や平目が舞い踊る…。

Img_1259 Img_1260

刺身の後はゲソを塩焼きに。     締めは雑炊。

本当に魚で腹いっぱい。

| | Comments (9)

19.03.2007

増量中

私はあまり体重が大きく増減するタイプではありません。高校生の頃の体重をベスト体重とすると、走り出してからの私の体重はプラス2kgを維持してきました。増えもしなければ減りもせず。ほとんど一日座りっぱなしの生活をしているので、走ってようやく人並みの運動量。そして2kgの増量分はきっと基礎代謝が落ちている所為でしょう。1日の中で若干の変動はありますが、定点測定をして平均を出すとほぼ変化はありません。

ところが。東京マラソンが終わってからじわじわっと太り始めました。2kgほどの増量ですが、これまで体重の増減がなかった身にしてみると結構な重さです。1ヵ月しか経ってないのになあ。走っていて何だか重さが抜けないなあと思っていたら、物理的に太っていたという訳です(汗)。

そりゃそうだ。東京マラソンが終わってからは休養と称してトレーニング量は激減したというのに、甘いものは解禁。太らないはずがありません。

それに実は、走る前の私は甘いものがあまり好きではありませんでした。おやつを買うくらいならツマミの珍味の方が…というオヤジのような趣向の持ち主だったというのに、近頃ではおやつを物色するのが毎日の楽しみです。これはきっと、以前は甘いものが欲しくなるほど運動してなかったということで、走り始めてようやく私の身体も甘いものを欲しがるようになったということですね。

そして、トレーニングの量が減ると必然的に太るというわけで…。これから薄着になる季節ですし、そろそろ減量のことも考えなくては。単純にトレーニング量を増やせば戻るかなあ。まだ膝爆弾を抱えてるんだけど。いささか不安であります。

| | Comments (8)

18.03.2007

トンネルの出口

毎年この時期は仕事が集中します。やはり今年も山積みで、東京マラソンが終わってからは息を詰めて仕事をしているか、走っているか、寝てるか(そして時々酔っ払っているか)という生活を送ってきました。長くて暗いトンネルの中をひとりもがいているような心境でしたが、ここ数日でようやくトンネルの出口が見えてきました。今年の業爆シーズンは(東京マラソン後の休養期ということもありましたが)、走るべき時に忙しさを言い訳にして走らなかったという日はなかったので、私としては上出来です。平日の朝ランが生活に定着したお陰かもしれません。

そういうわけで、昨日は15kmペース走にでかけました。まだ疲れているのか、それとも休んでいた間にすっかりなまってしまったのか、「このくらいなら楽だろう」と思えるペースだったのに、結構しんどかったので少なからずショック。またイチからがんばらなくっちゃ。

この穴蔵のような仕事部屋から窓の外を見やると春らしい明るい陽射し。今日はラン仲間が大勢、荒川や湘南でレースを楽しんだことでしょう。今日はこれから、仲間の健闘を讃えながら短い距離を走るとします。

| | Comments (2)

15.03.2007

飲まない夜

東京マラソンのお陰で酒量が少なくなりました。昨年の私は一日たりともサボらず毎日かかさず飲み続け、弱くなったとぼやきつつ重い頭を抱える朝を迎えていました。休肝日なんてもってのほか、堂々たる酒飲み道を歩んでいたのです。

ところが東京マラソンの前に一念発起し、週に2~3日の休肝日を設けたところ、睡眠の質や翌朝の体調が良くなることに気づきました(相変わらず気づくの遅い)。マラソン当日の体調が少しでもよくなるようにと渋々はじめた休肝日でしたが、マラソン後もなんとなく平日3日程度の休肝日が続いています。これまでの飲酒人生を振り返ると、私にとってはめちゃめちゃ快挙。

ところが、飲酒人生がいささか改善されても飲酒体質は改善されず。週末は飲んでよし、と決めているお陰で週末のはじけっぷりと言ったら。これで酒代がかからなくなる、と主婦的にはホクホクしていたのですが、これもまた週末に張り切っちゃってこれまでより高価なワインなんぞを入手するものですから、プラスマイナスゼロ。いやひょっとすると酒代アップか。

その昔、飲んだら本が読めなくなるため、「飲むか読むか」という究極の選択を迫られて(というか自分に迫って)いたことがありましたが、飲まなくなったら読むかというと、朝ランのお陰で夜はあっけなく眠くなり、早々に撃沈。読書量が激増することもありません。むむう。

体調良いからとりあえず良いということにしとこう。

| | Comments (14)

13.03.2007

早朝パンラン:パンの国アリス

昨夜、夜鍋の仕事を終えて近所のパン屋までのランコースを設定。最短距離だと予想外に近いので遠回りのルートを選ぶ。パンを選ぶ時間が余分にかかるので距離は控えめに。

そして今朝、意気揚々と早朝パンランへ。目指すはパンの国アリス。川を越えると2kmあまりダラダラと上り坂が続く。長いこと坂道を走っていなかったからか大腿前面に刺激を感じます。いつものランコースを外れると目にも身体にも新鮮だなあ。

Img_1246_3桜並木のなかで1本だけ満開の気が早い桜。桜の花は寒暖の差を感じて花を咲かせるのだそうです。そう言われれば最近の寒暖の差は半端じゃなかった。勘違いする桜がいてもおかしくない。

ランニングルートが違えばこんな発見もあるんだなあ。

そしてパン屋到着。開店したばかりとあってまだ品数が少なく、レジに並んでいる間に焼きあがったパンがどんどん陳列される状態。もう少し遅く到着したらもっと選べたかも。好みのハード系のパンではなくて、ふわふわしたパンが主流のようです。でも、早朝から開いているというだけでとてもありがたい。

予定していた時刻に少し遅れて帰宅。朝食には焼きたてのパンを楽しめました。

Img_1247_3 Img_1249_5

| | Comments (4)

12.03.2007

パンランファイル

LSDの後はピリッと刺激のあるスピード走。と考えてペースを上げてみましたが、身体がなまるのはあっと言う間ですね。息も絶え絶え、以前のペースでは走れませんでした。おまけに夜になって膝周囲(以前から抱えていた部分)に鈍痛が。むむう、まだ無茶できないのかな。

さて、私はメモ魔、記録魔、ファイル魔であります。ちまちまと手帳に書き込み、データを表にして、ファイルを作るのが大好き。そういうわけで私のランデータのひとつに「パンランファイル」があります。

Img_1245 情報誌やネットで探したパン屋情報と、キョリ測で設定したランコースデータを合わせたもの。明日はパンラン♪という日にはこのファイルを開けば候補となるパン屋、距離に応じたランコースを選べるというスグレモノ。ああああ暇なわけじゃないのに、何故こんなものを熱心に作ってしまうんだろ。

そして、灯台下暗し。近所に午前6時から開いているパン屋を発見!明日は早朝パンラン敢行の予定です。今日は仕事が終わったら新しいランコースを設定しよう。こうしてデータが増えていくのも楽しみなのであります。

| | Comments (7)

11.03.2007

パンラン:ベッカライ・ビッギー再び

腰痛の後、不気味な足のだるさに肝を冷やしていたのですが、金曜の午後いきなりふっとだるさが取れてしまいました。何だったんだろう。腰をぐりぐり回す骨盤体操のお陰か、ファイテンシールのお陰か、単に治る頃だったのかはわかりませんが、不調がなくなるだけで人間幸せになれるものですね。そういう訳で、土曜日は東京マラソン以降初めてのLSDにでかけました。

今回のLSDはパン屋を目指すパンラン。前回、売り切れご免の閉店という憂き目に会ったあのパン屋にどうしても行ってみたい。お店の開店時間は9時、お店に9時に到着するようキョリ測とにらめっこして15kmコースを設定しました。これならペースを上げてしまうとパンにありつけないわけで、自然とペースも落ちるはず。

こうして8時に出発。なかなかLSDのペースでは走れず、気づくとやっぱり速め速めに走ってしまいます。そのたびに「パン屋が開いてなかったらどうする!?」と自分を脅してペースを落とします。調子が狂ってしまいそうな遅さですが、不思議なものでしばらく走っているとそれが普通になってしまうんですね。遅いペースの波に乗ってしまったらその後はフォームのことだけを考えてゆっくり走れました。

そしてパン屋到着。今日は開いてました!このお店は南ドイツで7年間修行を積んで「ゲゼレ」という職人の称号を持つ女性がパンを焼いてます。素朴なパンが色々陳列されていて悩みますが、小さなパンラン用リュックに入るだけの量を選んで購入。この女性ゲゼレさんはとても素敵な方で、ドイツのこと食べ物のことを歓談し、また(走って)やってくることを約束して店を後にしました。帰り道は、背負ったリュックの重み(軽いですけどね)が嬉しいランとなりました。

そして購入したパンはこちら。

Img_1243_2

帰宅後、早速食べてみたところ、しっかりと粉の味のする美味しいパンでした。次回はプレッツェルの焼きあがる11時ごろにいらっしゃい、と言われました。楽しみだなあ。ちなみに今回の超低速LSD、走った後の痛みや違和感もほとんどなく快適でした。

| | Comments (10)

10.03.2007

大丈夫?

確定申告書を提出して、近くのファミレスで昼食を取ったときの話です。隣のテーブルに若い男性と、母より少し年上くらいの女性が向かい合って座っています。二人の間には数枚の用紙。あまり間隔をおかずにテーブルが配置されているので、否応なく二人の会話が耳に入ります。

どうやら先物取引の契約をしているみたい。何故こんなところで? ええっ、100万円振り込むって言ってる。利息12%? そんなの普通ないよなあ。気をつけて、という言葉が喉元まで出かかるけれど、余計なお世話かも、営業妨害と言われるかもと思うと口には出せない。私自身の心臓がドキドキしてきた。ああ、どうしよう。その女性がもし母なら私は絶対にやめさせると思う。食事をしつつも何だか喉を通らない。口に出さなくてもどうにか伝わらないかと、視線を送る。でも通じない…。いやひょっとすると本当に良い投資の話なのかも(聞いたことないけど)。やけに軽々しい口調の男性が不安を掻き立てる。

食事の味もわからないまま、その見知らぬ女性を心配しているうちに、彼女は印鑑を取り出し、男性に渡した。男性が印鑑を押し、さらに別の商品を説明し始めたところで私は箸を置き席を立ちました。その女性は騙されているのかもしれない、と思いながらも何もできなかった自分が情けなかった。ただひとつ、銀行の口座番号が不明らしく帰宅後に改めて電話するという彼女が誰かに相談することを願うばかりです。

| | Comments (11)

09.03.2007

東京マラソンで見かけた有名人

一昨日勃発した腰痛は走っている間に治ったのですが、その後左足に感じていた重だるい疲労感が完全には抜けていないので、今日もラン自粛です。早朝の飛行機に乗るオットを送り出した後にゆったり走ろうと目論んでいたので、走れなくて残念。今日は腰に効く体操でもやっておこうと思っています。

先日、hiddieさんのブログに「東京マラソンで見かけた有名人」という記事が掲載されました。東京マラソンで誰か有名人に会いましたか?という問いかけを受けて、私が見かけた有名人のお話をコメントしました。私が東京マラソンでお見かけした有名人、それはこのブログに書いたデリマ選手、それから松村邦洋さん(以下松ちゃん)です。

スタート地点、それから25km地点あたりで松ちゃんを見かけました。スタート地点では長いランナーの行列がカーブしたあたり。周囲のランナーからどよめきが起き、ふと目をやるとそこに松ちゃんが。スタートブロックが早い場所だった方はご存じないかもしれません。周囲のランナーみんなで手を振りました。

そして25km地点。応援の人の波を眺めながら走っていた私の目にまたも松ちゃんの姿が飛び込んできました。「あっ、松ちゃん!」と手を振る私に「阪神ファン、がんばれ!」と大きな声で応援を頂き、大感激。阪神のキャップを被っていて良かったな~と東京マラソンでも阪神キャップの威力を感じたのでした。

そして昨日のこと、今月号のクリールをぱらぱらとめくっていて、松ちゃんが走っているということを知りました。 最近すごく痩せたなと思っていたのですが、それはランニングの賜物らしく、医者から太りすぎを指摘されて走り始め、今では40分のジョギングもできるようになり、番組で行われたミニマラソン4kmを完走するまでになったのだそうです。同じランナーとして沿道から応援を送ってくれたのかと思うと、またじんわりと嬉しさがこみ上げてきます。同じランナーとして私も松ちゃんにエールを送ります。

松ちゃん、がんばれ!

| | Comments (3)

08.03.2007

春が来る

復活を宣言して2日、朝ランは順調。と言いたいところですが、2日目の昨日はストレッチ中にプチ腰痛が発生。ぎっくり腰のようなものではなくて、慢性的に感じているいつもの軽い腰痛が強くなった感じ。さらに念入りなストレッチの後に、身体を温めてからスタート。ペースが落ちることはなかったのですが、腰痛が発生している側の足、つまり左足に重くだるい疲労感が1日続く羽目に。腰痛自体は走っているうちに治ったのですけれど。気温も低く寒かったですし、やっぱり腰痛の時に走るのは注意が必要ですね。

さて、昨日は仕事の手を一旦止めて確定申告の日とあいなりました。私のような自営業は毎年この時期に確定申告をしなければなりません。何故こんな仕事のピーク時と重なっちゃうんだ、と毎年ぶつぶつ小声で文句を言いながら毎年申告書を作成します。申告書の作成ももう十数回やっている訳ですから、そうそう悩むこともありませんが、それでもお役所に出す書類ですから間違いのないよう時間をかけて丁寧に仕上げます。ほぼ1日を費やしてようやく終了。後は提出するだけ。この申告書を提出すれば今年も私に春がやってきます。

| | Comments (5)

06.03.2007

啓蟄

今日は啓蟄。冬眠していた虫たちが地中から顔を出す日です。週末、最高気温26℃を突破し気の早い「夏日」となったこの町ですが、今日は啓蟄だというのに寒い朝を迎えました。今夜はさらに冷え込み、氷点下となる模様。土から顔を出した虫たちは驚いているに違いありません。

そして私も地中の虫さながら、啓蟄の今日、トレーニングを再開しました。この日を狙ったわけではないんですけどね。フル後に不調や疲れを感じていたというのに、中途半端に走ったり休んだりを繰返していて、疲れは抜けないし、気分的にもすっきりしなかったので、短くてもかっちり完全休養してから普通に戻そうと思ったわけです。

そしてやっぱり虫たちと同じく、土の中から顔を出した私は冷たい風にびっくりしたのですが、走り出してみると脚が軽ーい!どうやら疲れは抜けたようです。それからフル後に痛み始めた左膝関節内部の怪しい痛みも今日は皆無。やった! ですが以前から不安のあった股関節や右膝は相変わらずといった感じかな。ともかくいつもの調子にまで戻れて嬉しい朝でした。今日は久しぶりにハムストリングスの付け根が筋肉痛です。

まっちさんに遅れること2日、NYCからリザルトマガジンも届いたことだし、次の目標に向かってじわじわっとスタートです。

| | Comments (6)

04.03.2007

自粛ウォーキング

ブログの更新が少し滞っていました。それというのも走っていないから。フルの後に発生した膝の違和感がなくなってから完全復帰しようと考えてランニングを自粛しているのですが、業爆シーズンを迎えて、走っているか仕事をしているかという生活をしていたため、走らなくなると途端にブログに書くこともなくなるわけです。つくづく、つまらん生活しとるなあ。

走らず、仕事だけの生活ではブログ的に面白くないだけでなく、身体もなまる一方なので、昨日はウォーキングに出かけました。実はウォーキング、退屈です。がしがし歩いても景色は変わらないし、身体にかかる負荷は少ないし、達成感もない。走る方がどれだけ楽しいかわかりません。ですが、歩いているうちに気づくこともあります。歩いていて膝の違和感はあまり感じないこと、それよりも股関節近辺の筋肉が硬くなっていること、そのお陰で身体の軸がブレているような気がすること。そして、草花にたくさん花がつき始めたこと。

Img_1228 Img_1232

塀の隙間から顔を出した草花。名前忘れたなあ。それから、先日の桜、花が増えています。でも枝によっては花をつけてないものもあるのでやっぱり狂い咲きだったのかもしれません。

自粛期間は月曜まで。きちんと休んで、気持ちを新たに火曜日から徐々に復活する予定です。

Img_1233_3   

金峰山に沈む夕陽、明日も良い天気です。

| | Comments (8)

01.03.2007

遅くない遅霜

今日から3月。空の色も陽射しの明るさもすっかり春めいてきました。フル後、疲れを感じていたり、謎の関節内部痛が勃発したりしているので、3月はゆったり復帰をめざすことにしました。でも完全に休んでダラけてしまうと早起きできなくなるかもしれないという不安があり(実はこれが私のランニングライフの大敵であります)、早起きだけは続けるつもりです。

そういう訳で今朝もいつも通り5時半起床。ここのところ極力早く寝ているので、ようやく昨日あたりから寝起きの悪さも解消しつつあります。そして今朝は一面の霜。放射冷却現象で冷え込み、昨夜の段階から「霜注意報」が出ていました。

この霜注意報、本来ならお彼岸の後の「遅霜」に対する警告として出されるものなのだそうです。ところが今年は既にお彼岸後の暖かさがやってきているため、時期としては早くても既に芽吹いている農産物に被害が及ぶことを懸念し、今年は3月1日から注意報を出すことになったのだとか。

今朝はこの遅くない遅霜を眺めながら、様子を見つつ短い距離をゆっくり走りました。身体が重いのは相変わらずですが(体重の所為かそうなのか)、謎の膝痛が勃発することもなく、一安心。あとは以前から抱えていた膝と股関節の違和感だけ。久しぶりにぴりっと寒い朝でした。寒い朝が冬の醍醐味、だけどこの楽しみもそろそろ終わりそうです。日中の気温は20℃まで上昇するそうな。

| | Comments (5)

« Şubat 2007 | Main | Nisan 2007 »