« ふるさと流のご馳走 | Main | ラン休養 »

22.03.2007

活字スイッチ

春の訪れを感じるとともに、業爆シーズンにようやく目処が立ち、トンネルの出口も見えてきました。出口の光を目にしてからの私はムズムズ。活字スイッチが入ってしまったのです。

思えば2月は東京マラソンの前後で慌しく、マラソン関連本以外にたいした本も読まず、読めず。そして3月は例年の通り業爆シーズンに突入して、ゆっくりと本を読む時間を取れずに過ごしてきました。そして、トンネルの出口を確認した途端、頭の中の活字ストックが切れかかっていることに気づいたのです。ああああ、本を読みたい。時間を忘れて寝食忘れて没頭できるような面白い本を読みたい。のめりこみたいー。

そういう訳で昼食のついでに本屋に寄り、たんまり入手してきました。ほくほく。まずはこの「本を入手する」という行為で、気持ちは一部満足。後は仕事を終わらせて、読むぞ読むぞ。

Img_1262 オットの誕生日当日は久しぶりに日本酒を堪能しました。地元の美味しい日本酒です。久しぶりの日本酒は香りも味も豊かで、料理を選ばず美味しく、ちょっと見直しました。

焼酎は二日酔いしないと言いますが、私の場合は焼酎を飲むと翌日の頭はぐらんぐらん、日本酒の方が断然元気です。どうやら私は焼酎よりも日本酒の方が身体に合うようです。

|

« ふるさと流のご馳走 | Main | ラン休養 »

Comments

京丸堂さん、こんにちは。
私も本を読むのは大好きでして。
でも勢いですぐ買うものの読んでもらい待ち中の本が家に5冊ほど、恨めし気に部屋の片隅で待機しています(笑
よく通勤途中の電車で読むのですが、最近電車ではぼーとするのが大好きでして。ああ早く読みたいものです。

Posted by: myu | 22.03.2007 at 13:16

わかりますわかりますー!本にのめりこみたい、本に囲まれていれば幸せっていう気持ち、強く同感です。お気に入りの本を手にして、お気に入りの場所に座って(私の場合、リビングの座椅子です)、薄めのコーヒー(この場合、アルコールはダメ)とクラッカーなんか用意して、午後の日差しの中で本を読むのは、もう最高に幸せを感じちゃいます。よし、私も仕事頑張って至福の読書タイムを目指すぞー。

Posted by: June | 22.03.2007 at 13:50

◎myuさん

「つん読」状態の本…怖いので何冊あるのか数えていません。買っただけで満足してしまう本もあります。いかーん、読まなくちゃね。通勤時に本が読めるのはちとうらやましいです。必ずその時間は読書時間として確保できますものね。でもぼーっとするのも良いですね。私は通勤時間7秒くらいなので通勤時間は使えんな~(笑)。今晩から活字生活に復帰します!

◎Juneさん

もう我慢ならない状態に陥ってしまいました。スイッチが入ってしまうと読みたい本がどどどーっと雪崩のように押し寄せてきて、たまりません。昨日たんまり本を入手したというのに、今日もまたネットでポチポチ購入してしまいました。

午後の読書、ああ憧れです。誰にも何にも邪魔されず午後のひとときを本だけ読んで過ごしたいものですね。求む!寝食忘れさせてくれる面白い本(というか面白くない本は許さない、のであります)。Juneさんも早く修羅場脱出してくださいね。

Posted by: 京丸 | 22.03.2007 at 18:21

私は活字が苦手でして、子供の頃から本をあまり読みませんでした。
ですので、1冊の本を読むのにもとても時間がかかります。
でも、年に何度か、無性に本を読みたくなるときは、何か大事な事で時間に追われているようなとき。
不都合なときに限って、本を読みたくなるのですよね。
なぜかしら・・・?
少しずつでも、気に入った本を読むと、気持ちも落ち着いていいですけどね、

Posted by: 海実子 | 22.03.2007 at 21:20

私も読書大好きです。思いっきり本にのめりこむってすごく素敵ですね。学生の頃(大昔)はよく本だけ読んで1日が終わることがよくありましたが、社会人になってからはなかなか・・・。爪が生えて走れるようになるまで、活字に埋もれていたいです。透き通ったイカも素敵です。大阪では白くなってしまって、別の食べ物のようです。(泣)

Posted by: 走るうみがめ | 22.03.2007 at 22:16

私の読書はもっぱら朝の通勤電車の中です。
始発駅から座っていくんで、ちょうど20分位
読んだところで眠くなり、あと30分爆睡です(笑)
近所にブックオフができて、文庫本とかが
105円で買えたりするんで重宝してます。

Posted by: よーちゃん | 22.03.2007 at 22:42

◎海実子さん

私のように「だだ読み」してしまうのと、1冊の本をじっくり丁寧に読むのとはまた全然趣が異なるような気がします。きっと海実子さんは1冊の本からたくさんのものを得ていらっしゃることでしょう。

ここのところ活字枯渇状態が続いておりましたが、ようやく読める態勢・気分となりました。まだ潤沢に時間があるわけじゃないので余計にうずうずしているのかもしれません。

◎走るうみがめさん

本だけを読んで過ごす1日、そういう日が本当に懐かしいですね。今は、よしんば丸々1日休みが取れたとしても、大人の暮らしでは難しいかもしれません。想像するだけでとても豊かですね。透き通ったイカ、これは佐賀県の呼子という町のものです。こちらにいらっしゃる機会があったらぜひ。それから爪、早く生えてきますように。お大事になさってください。

◎よーちゃんさん

1日20分読書の時間が取れるって良いですね。始発で必ず座れるのもラッキー。帰り道は座れないから読書タイムじゃなくなるのかしらん。

Posted by: 京丸 | 23.03.2007 at 08:11

>>私の場合は焼酎を飲むと翌日の頭はぐらんぐらん、
>>日本酒の方が断然元気です
なのですか。( ・_・;)
それって、焼酎の方が飲み過ぎている、ってことは無いでしょうか、ロックとかストレートで。(^^;

日本酒も自分に相性の良いお酒は、あまり残りませんし、焼酎でも悪酔いしてしまうお酒も有りますね。
でも、当方は日本酒の方がやはり翌朝ダメージは有るなぁ。(^^;;

陳@鹿児島 三岳のボトル入れたけど、残りそう・・・(^^;

Posted by: 陳 | 24.03.2007 at 22:04

◎陳さん

今、鹿児島なんですね~。焼酎天国、行きたかったなあ。私はと言うと益々業爆ですたい。

焼酎は…確かにロックで飲んでますね~。でも量は大したことないんですよ(きっぱり)。うわばみ女子大生だった頃は日本酒専門で、オットと仲良くなって初めて焼酎に目覚めたのですが、最近になってやっぱり日本酒に回帰しそうな気配です。いやどんなお酒も飲み過ぎちゃいけませんね。

三岳のボトルはぜひともご自宅までお持ち帰りください。なかなか手に入らないと思います。

Posted by: 京丸 | 26.03.2007 at 18:28

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« ふるさと流のご馳走 | Main | ラン休養 »