« 大丈夫? | Main | パンランファイル »

11.03.2007

パンラン:ベッカライ・ビッギー再び

腰痛の後、不気味な足のだるさに肝を冷やしていたのですが、金曜の午後いきなりふっとだるさが取れてしまいました。何だったんだろう。腰をぐりぐり回す骨盤体操のお陰か、ファイテンシールのお陰か、単に治る頃だったのかはわかりませんが、不調がなくなるだけで人間幸せになれるものですね。そういう訳で、土曜日は東京マラソン以降初めてのLSDにでかけました。

今回のLSDはパン屋を目指すパンラン。前回、売り切れご免の閉店という憂き目に会ったあのパン屋にどうしても行ってみたい。お店の開店時間は9時、お店に9時に到着するようキョリ測とにらめっこして15kmコースを設定しました。これならペースを上げてしまうとパンにありつけないわけで、自然とペースも落ちるはず。

こうして8時に出発。なかなかLSDのペースでは走れず、気づくとやっぱり速め速めに走ってしまいます。そのたびに「パン屋が開いてなかったらどうする!?」と自分を脅してペースを落とします。調子が狂ってしまいそうな遅さですが、不思議なものでしばらく走っているとそれが普通になってしまうんですね。遅いペースの波に乗ってしまったらその後はフォームのことだけを考えてゆっくり走れました。

そしてパン屋到着。今日は開いてました!このお店は南ドイツで7年間修行を積んで「ゲゼレ」という職人の称号を持つ女性がパンを焼いてます。素朴なパンが色々陳列されていて悩みますが、小さなパンラン用リュックに入るだけの量を選んで購入。この女性ゲゼレさんはとても素敵な方で、ドイツのこと食べ物のことを歓談し、また(走って)やってくることを約束して店を後にしました。帰り道は、背負ったリュックの重み(軽いですけどね)が嬉しいランとなりました。

そして購入したパンはこちら。

Img_1243_2

帰宅後、早速食べてみたところ、しっかりと粉の味のする美味しいパンでした。次回はプレッツェルの焼きあがる11時ごろにいらっしゃい、と言われました。楽しみだなあ。ちなみに今回の超低速LSD、走った後の痛みや違和感もほとんどなく快適でした。

|

« 大丈夫? | Main | パンランファイル »

Comments

おはようございます。パンおいしそうです!ゴマがいい感じ!
ちゃんとした目的があるとLSDも楽しいものになるんですね。
私もパン好き人間なんで、焼きたての匂いをかぐだけで
幸せな気持ちになってしまいます。

Posted by: よーちゃん | 11.03.2007 at 10:09

その超低速LSDを、私は「ぼち走」と呼んでいます。
あ~そのパン食べたい!今度、ごちそうして…。

Posted by: ヤマシュウ | 11.03.2007 at 13:02

毎回、とっても美味しそうなパンの連続ですね!食べるのは帰宅してからですか?特に今回の写真の手前の方のパンは食べやすそうな大きさなので、帰りにひとつくらい食べてしまいたくなりそうです。

Posted by: hiddie | 11.03.2007 at 17:09

ドイツっぽいパン!と思ってみていたら、やっぽりそうですね。
なんか硬そう。噛めば噛むほどうまみが出てきそうですね!

あごの弱い私を鍛えてくれそうです(^^)

Posted by: 田舎侍 | 11.03.2007 at 17:13

うわー、みんな美味しそう!これにワインとチーズがあれば、もう何もいらないくらいですね。特に、一番右側のカボチャの種(?)をまぶしたパン、食べてみた~い。うちも夫婦ともハード系のパンが大好きで、京丸さんのパンランに刺激されて土日ともパンの夕食となりました。

Posted by: June | 11.03.2007 at 20:15

◎よーちゃんさん

美味しかったです。美味しいパンを食べると実に幸せです。実はLSDはちょっと退屈かも、と思っていましたが実際にこうした楽しみと「ゆっくり走るからくり(?)」があったため結構楽しめました。パンの焼ける匂いは本当に幸せになれますよね♪

◎ヤマシュウさん

「ぼち走」とはこの超低速LSDだったのね。ふむ。今度、ヤマシュウさんがこちらにいらっしゃる時にはゲットしておきます。お楽しみに♪

◎hiddieさん

腹ペコでしたので、帰り道にリュックから取り出してかぶりつきたくなる衝動を抑えるのに必死でした(ちと恥かしかったので我慢しました)。そして帰宅後、美味しいカプチーノと一緒に自宅でゆっくりいただきました。でも、あたたかいパンをその場で食べる方が美味しいですよね。

◎田舎侍さん

油をあまり使っていないドイツパンはやっぱり噛み応えがあります。粉の味を味わえる美味しいパンでした。田舎侍さん、顎弱いんですか?

◎Juneさん

ふふふ、昨夜は出張から帰ってきたオットとワインを開けてこのパンを堪能しましたよ(お陰で私、今朝は使い物になりませんでした)。カボチャの種、正解です! このカボチャの種はトルコではとても一般的なスナックで、今回のパン屋の女性ゲゼルさんともカボチャの種について語り合ったのでした。勿論、とても美味しかったです。

Posted by: 京丸 | 11.03.2007 at 20:34

美味しそうですね。いいな~、近くにこんなパン屋があって。
私の町にはそんな店ないからとてもRUNでは辿り着けない。パンサイクリングならいけるかな?(笑)

Posted by: hisa | 11.03.2007 at 20:38

弱いですね。。。やわいものがすきです(ーー)
でもりんごは丸かじり出来ますよ!

Posted by: 田舎侍 | 12.03.2007 at 00:15

こんばんわ。海実子でございます。
私を誘い出すなら、話題は三つ。
【 猫 】【 サクラ 】【 パン 】
これらのどれにも食いつきます。

ということで、美味しそうな匂いがしていると思ったら、パンランだったのですね。
確かに、ドイツ風・・・って、どんなのがドイツ風なのか良くわかりませんが、そんな感じがします。
しっかり噛み応えのありそうなパンですね。
プレッツェルも焼いてるんですね。次回も楽しみになりますね。

先日、メールに添付した写真の本は、あれ以降あちこちの本屋で見かけます。
丁度、カフェ併設のパン屋が2件ほど近くにあったので、そのうちに行って見ようと思います。
あまり近すぎると距離が伸びないし、遠いと行き着けない心配もあるので、少しだけ遠回りのコースを検討してみます。
たのしみ、たのしみ♪

Posted by: 海実子 | 12.03.2007 at 00:30

◎hisaさん

パンサイクリングも良さそうですね~。阿蘇には美味しいパン屋さんが点在していてサイクリングの時の楽しみですよ。ランで無理な場所には自転車で行こう♪ この春は私、自転車にも復帰します!

◎田舎侍さん

顎は大切ですよね。お大事になさってください。

◎海実子さん

きっといらしてくださるとお待ちいたしておりました(笑)。何だかこの町では最近ドイツ風パン屋が流行りらしく、私のパン屋データでも「ベッカライ(英語で言うベーカリーですね)・何某」というパン屋が多く見受けられます。おそらく精製していない少し黒っぽいハードなパンがドイツ風ということなんですね。こんど女性ゲゼレさんにも聞いてみます。また、プレッツェルを入手しましたらここでご紹介しますのでご期待ください!

このパン屋も普通に走ると往復12kmなのですが、今回は15km走りたかったので往復ルートではなく遠回りルートを前日に設定しました。次回はもう少し長い距離のランコースを探す予定です。海実子さんのパンラン報告も楽しみにしていますよ。次回はいつになるのでしょうか?

Posted by: 京丸 | 12.03.2007 at 09:20

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 大丈夫? | Main | パンランファイル »