« 東京マラソンで見かけた有名人 | Main | パンラン:ベッカライ・ビッギー再び »

10.03.2007

大丈夫?

確定申告書を提出して、近くのファミレスで昼食を取ったときの話です。隣のテーブルに若い男性と、母より少し年上くらいの女性が向かい合って座っています。二人の間には数枚の用紙。あまり間隔をおかずにテーブルが配置されているので、否応なく二人の会話が耳に入ります。

どうやら先物取引の契約をしているみたい。何故こんなところで? ええっ、100万円振り込むって言ってる。利息12%? そんなの普通ないよなあ。気をつけて、という言葉が喉元まで出かかるけれど、余計なお世話かも、営業妨害と言われるかもと思うと口には出せない。私自身の心臓がドキドキしてきた。ああ、どうしよう。その女性がもし母なら私は絶対にやめさせると思う。食事をしつつも何だか喉を通らない。口に出さなくてもどうにか伝わらないかと、視線を送る。でも通じない…。いやひょっとすると本当に良い投資の話なのかも(聞いたことないけど)。やけに軽々しい口調の男性が不安を掻き立てる。

食事の味もわからないまま、その見知らぬ女性を心配しているうちに、彼女は印鑑を取り出し、男性に渡した。男性が印鑑を押し、さらに別の商品を説明し始めたところで私は箸を置き席を立ちました。その女性は騙されているのかもしれない、と思いながらも何もできなかった自分が情けなかった。ただひとつ、銀行の口座番号が不明らしく帰宅後に改めて電話するという彼女が誰かに相談することを願うばかりです。

|

« 東京マラソンで見かけた有名人 | Main | パンラン:ベッカライ・ビッギー再び »

Comments

こんにちは、走るうみがめです。京丸さんのご心配が通じて、その女性がどなたかに相談されるといいですね。もし私がその場にいても、きっと何も言えなかったでしょう。ニュース(詐欺など)で映像になっている年配の方の背中を見るたびに悲しくなります。うちの両親は大丈夫と思いたいですが・・・・。

Posted by: 走るうみがめ | 10.03.2007 at 12:16

こんにちは、ん~なにか書き込まずにはおれないような…。
大分では、殺人事件までおきているだけに、気がかりです。以前商売をしていた頃には、しょっちゅうその手の勧誘の電話がかかってきていました。「そんなに言うなら自分で始めろよ!」っていって断っていましたが、実際のところ、ない袖は振れないというヤツでしたが。(^^ゞ
なまじお金を持っているからだまされるという思いもありますが、やっぱり身ぐるみはがされるだろうなというのは、端で見ていてもつらいものがありますね。

Posted by: ヤマシュウ | 10.03.2007 at 12:51

◎走るうみがめさん

本当に帰り道「どうか誰かに相談してね」と祈るような気持ちでした。帰宅後もつい義母に電話してことの一部始終を話しました。こうして時々警鐘を鳴らすことも必要かなと思います。しっかりものの方が信じ込んでしまうこともあるんだそうです。このような高齢の方や身体の弱い方などをターゲットとした商売って人間として間違ってないのか?と問い正したくなります。

◎ヤマシュウさん

この投資の話が真っ当な話であるか、もしくはこの女性がどなたかに相談されることを願っているのですが、前者は余り望めないような気がします。勧誘の電話、多いですよね。都合の良い話なんてないはずなんですが…。本当にそんなに儲かるなら人に言わんと自分でやったら良いのにね。その女性が自分の母だったらと思うと胸が痛いです。

Posted by: 京丸 | 10.03.2007 at 13:36

先物かあ。先物って最初の100万だけですまないことが多いんじゃなかったかなあ。その100万を戻すために後からさらにつぎ込まされることがあるような・・・。ううん。
マスコミでもその手の商品の危険性はよく言われてますけど,お年寄りの場合は商品とは別のところで引っ張り込まれてますもんね。それもマスコミで言われてますけど・・・。ううん。
一番最初の取引は儲けさせてくれたりするみたいだから,その段階で,はっと目覚めてくれると一番いいですけどね。ううん。

Posted by: びい | 10.03.2007 at 13:58

◎びいさん

やっぱりその100万円だけではすまないことが多いんですね。しょんぼり。あの女性、本当に誰かに相談していてくれますように。私も後になって「それって儲かるお話ですか」とか何とか言って話に割り込んだら良かったのかとか悶々としてしまいました。クーリングオフも適用されることだし、どうにか被害がないことを祈ってます。昼間、外に出ることって滅多にないんだけど、たまーに外に出るとこんな風に驚くようなことに出っくわすんですよね。とほほ。

Posted by: 京丸 | 10.03.2007 at 16:39

こういう話、聞いてしまうと他人でも心配になっちゃうよね。
ましてや、お母さんと同じ年代の人なら、ますます気になっちゃう。
食事も美味しくなくなりますね。
京丸さんが隣でやきもきしていた様子を想像するとね、胸が痛むなぁ。
どうかその女性が、京丸さんの視線に気付いて、あとから思い直してくれるといいですね。

Posted by: みなみ | 10.03.2007 at 21:35

なんか怪しい感じですね~。
私の職場にも、財テク関連のセールス電話がばんばん
かかってくるんで参ります。

笑い話をひとつ・・・・。
となりの課の男性にかかってきた怪しい女性からの電話
「お久しぶりです~、高校の時同級だった田中ですぅ~!実は・・・」
「あの、すいません、私、男子校やったんですけど・・・・」
「・・・・ガチャ」

Posted by: よーちゃん | 10.03.2007 at 22:55

投資は「自己責任」ですから、京丸さんが他人のことを気にする必要は全く無いですよ。
でも年12%?私も金融業界の端くれですので、そんなウマイ話を持ちかける方が目の前に来たら、少し遊んであげたくなりますね。

Posted by: hiddie | 11.03.2007 at 00:05

◎みなみさん

やっぱりこの女性が母の世代の人だったからこそ気になるんですよね。私のことも心配してくださってありがとうございます(うるうる)。あれからその女性のことを何度も思い出しているのですが、この気持ちがどうにか通じることを願ってます。

◎よーちゃんさん

電話セールスはやっぱり闇雲にかけてくるんですね。男子校出身の方に女性の同窓生ですか(笑)。我が家にもよく電話がかかってきますが、「奥様でいらっしゃいますか?」と聞かれたら「こちらは翻訳会社です」、「社長様でいらっしゃいますか?」と聞かれたら「(奥様風の声色で)どちらにおかけですか?」とすっとぼけることにしています。ほとんどそれで切ってくれます。

◎hiddieさん

投資は確かに自己責任ですけれど、何だか母が騙されているような気持ちになってしまったのです。金融のプロであるhiddieさんが遊んであげたくなるようなお話なわけですから、やっぱりこのビジネスって「知らない人」をターゲットにしているんですよね。じゃなきゃビジネスが成立しないわけで。ふう。

Posted by: 京丸 | 11.03.2007 at 09:16

ご気分を害するようなコメントで申し訳ありませんでした。それにしても「ラクして儲かる」とか「ラクして痩せる」などいったことは本当にありえないことだと思います。ランニングもそうですが、地道な積み重ねこそが一番の近道なのかな~と思いました。

Posted by: hiddie | 11.03.2007 at 17:20

◎hiddieさん

えっ、えっ、気分を害したりしていませんよ~。もしそのようにhiddieさんがお感じになったとしたら、私も文筆業としてまだ修行が足りないわけでして(汗)。

そうですよね、何事にも美味しい話なんてあるわけもなく、成功につながる道の名は「努力」しかないと私も思います。

Posted by: 京丸 | 11.03.2007 at 20:23

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 東京マラソンで見かけた有名人 | Main | パンラン:ベッカライ・ビッギー再び »