« 早朝パンラン:パンの国アリス | Main | トンネルの出口 »

15.03.2007

飲まない夜

東京マラソンのお陰で酒量が少なくなりました。昨年の私は一日たりともサボらず毎日かかさず飲み続け、弱くなったとぼやきつつ重い頭を抱える朝を迎えていました。休肝日なんてもってのほか、堂々たる酒飲み道を歩んでいたのです。

ところが東京マラソンの前に一念発起し、週に2~3日の休肝日を設けたところ、睡眠の質や翌朝の体調が良くなることに気づきました(相変わらず気づくの遅い)。マラソン当日の体調が少しでもよくなるようにと渋々はじめた休肝日でしたが、マラソン後もなんとなく平日3日程度の休肝日が続いています。これまでの飲酒人生を振り返ると、私にとってはめちゃめちゃ快挙。

ところが、飲酒人生がいささか改善されても飲酒体質は改善されず。週末は飲んでよし、と決めているお陰で週末のはじけっぷりと言ったら。これで酒代がかからなくなる、と主婦的にはホクホクしていたのですが、これもまた週末に張り切っちゃってこれまでより高価なワインなんぞを入手するものですから、プラスマイナスゼロ。いやひょっとすると酒代アップか。

その昔、飲んだら本が読めなくなるため、「飲むか読むか」という究極の選択を迫られて(というか自分に迫って)いたことがありましたが、飲まなくなったら読むかというと、朝ランのお陰で夜はあっけなく眠くなり、早々に撃沈。読書量が激増することもありません。むむう。

体調良いからとりあえず良いということにしとこう。

|

« 早朝パンラン:パンの国アリス | Main | トンネルの出口 »

Comments

こんにちは。
私は、毎日きっちりと飲み続けでして、ここ数年で休肝日は
人間ドックの前の日だけぐらいじゃないでしょうか。
う~ん、体調がよくなるのなら、休肝日、試してみようかな・・・・。

Posted by: よーちゃん | 15.03.2007 at 12:19

休刊日継続成功!おめでとうございます。
飲まない日は夜が長い気がするのは私だけでしょうか?
でも、私は短く凝縮した夜が好きです。
京丸さんも一緒ですよね。
ワイン、買って帰りたくなってきましたぁ


Posted by: みんみん | 15.03.2007 at 16:40

ご無沙汰しております。
おやまぁ、ついに京丸さんも休肝日設定ですか。(^^;

当方も設けておりますが、特に飲まない日は体調が良いなぁ、という実感は無いです。
というのも、晩酌の量が少なくて、鹿児島焼酎グラス
(というのか知りませんが、5:5とか6:4とかラインの入ってるグラス)に6:4でお湯割り一杯だけなので。(^^)

居酒屋の女将さんはやはり量が私の数倍なんでしょうか(^^;;、ともあれ、体調が良くなるのは嬉しいことです、ご自愛下さい。(^^)/~

陳 来週は鹿児島(^^)

Posted by: 陳 | 15.03.2007 at 17:10

私も東京マラソンのあと 休肝日が出来ました。
そして 週末のお酒が増えました。
だから 金銭的には やっぱりプラマイ0です。
そして 二日酔いをしなくなりました~
(肝臓が強くなったのか???代謝がよくなったのか?)
いいのか?悪いのか?だわね~

Posted by: りこ | 15.03.2007 at 20:42

京丸さん、こんばんは。
京丸さんは飲める方なんですね。
良いじゃないですか。
飲んで嫌なことを、スカーと忘れられれば最高ですね。

私は残念ながら膵炎候補予定者なので、飲み会でも酎ハイ一杯で止めています(涙)

Posted by: マーサー | 15.03.2007 at 21:34

順調に休肝日が継続しているんだねー。エライー!
私は相変わらず、月曜日(娘の塾の迎えがある日)と、隔週金曜日(これまた習い事のお迎えの日)に限定して、休肝日となってます。
このお迎えがなくなると、おそらく休肝日ゼロになりそうなので、なんとか娘には頑張って続けてほしいものです。
東京マラソンの前は、自然に3日ぐらい飲まないでも平気でした。
不思議です。
美味しいワインを開けちゃうと、ついつい量も増えちゃうね。
安いワインの方が体のためかな?(笑)

Posted by: みなみ | 15.03.2007 at 22:22

お酒、美味しいんですね~、羨ましいです。
飲まないわけではないのです。20代前半は、ビール瓶転がすほどにのめましたが。
今は、仕事の事とか、色々気にしていると、お酒の味も美味しく感じられず、ホッとして飲めたのは、この一年で1回だけ。年末の仕事の総仕上げを1月にやった日だけでした。

でも、飲まなくなったきっかけはまったく別で、思い起こせば16年ほど前。確か24歳のとき。
かなり悪い事をしでかし・・・ああ、恥ずかしい。
○○を蹴破ったとか、病院に担ぎ込まれたとか、そんな経験があると、もうこれ以上いいや。。。という気持ちになりました。
それ以降、がっくりと減り、今は『じゃ、ビール』と頼むほうが珍しいくらいです。

でも、今日は飲みましたよ!プレミアムモルツ!!
だってねえ、誕生日でしたからねえ。
メール、ありがとうございました。とっても嬉しかったです。

Posted by: 海実子 | 16.03.2007 at 00:27

◎よーちゃんさん

うん、体調はやっぱり良いと感じてます。眠りが深いですし、寝覚めも良いみたい。喉が渇くということもありません。って、これまでが飲み過ぎだったという話もあるんですが(汗)。よーちゃんさんもぜひ、お試しください。とりあえず本番前日を休肝日にしてみては?

◎みんみんさん

ありがとうございます。確かに酔った夜はあっと言う間、休肝日の夜は長いです。で、飲んでない日は仕事をしてるか、とっとと寝てしまうかのどちらかなので実はあまり面白くないのでした…。ですが今日は解禁なのでワインを開けます(嬉)。みんみんさん、ワイン買いましたか?

◎陳さん

ええ、以前からぼやいておりますように、めっきり弱くなっちゃいまして。かつては、あの鹿児島の夜なんて目じゃないほどに飲んでいたのですが、近頃はさっぱりです。休肝日のお陰で益々弱っちくなってしまいましたよ。

今回もまたご一緒できなくて申し訳ないです。鹿児島で宴会となると泊まりを伴いますし、この時期は業爆シーズンなのですよ。またいつか機会があるといいですね。

◎りこさん

あああ、りこさんもそうなんですね。東京マラソンは予想外の効果をもたらしてくれました。二日酔いしなくなったのは、肝臓への負担が少なくなって、リフレッシュするからではないないでしょうか。

そしてりこさんの場合も、酒代は変わらんわけですね(笑)。

◎マーサーさん

飲めるものなら毎日あびるほど飲みたいのですが、なかなかそうもいかず(涙)。飲んで嫌なことだけをスカーッと忘れられるのなら良いですね。私の場合は肝腎なこともスカーッと(以下略)。

飲まずに済むのなら、飲まないにこしたことはない、と思うようになりました。ああ、昔の友達にこのセリフを言って聞かせてあげたいものです。

◎みなみさん

休肝日はとりあえず順調なんですが、週末の落差が激しいです。今日は解禁日なので朝からワインを物色しておりました。へへへ。

みなみさんの休肝日はお嬢さんのやる気にかかっているんですね。これはお嬢さんに頑張ってもらわねば。

美味しいワインだと本当にあっと言う間に空けてしまうのですが、不味いワインをわざわざ買うのもねえ。でも私の場合、多分不味いーと言いながら飲んでしまうような気もします。結果的に酒量は同じだ。

◎海実子さん

改めましてお誕生日おめでとうございます。若い頃の酒にまつわる赤面話…ありますねえ、ありますねえ(恥)。海実子さんもそんなお話の持ち主でしたか。そこでお酒をやめられたからこそ海実子さんの人生は充実されているのですね。私は?えーと、やめられませんでした。その後の人生については推して知るべし。おほほほ。

Posted by: 京丸 | 16.03.2007 at 09:30

>>近頃はさっぱりです。休肝日のお陰で益々弱っちくなってしまいましたよ。
う、ホントですかぁ〜(^^;;) アヤシイナ-

>>今回もまたご一緒できなくて申し訳ないです。
いえいえ、仕事爆発了解しております、鹿児島は逃げたり廃止になったり
しませんから、またの機会を楽しみにしております。(^^)/~

陳 今回は三岳買ってこよかな・・・(^^;)

Posted by: | 17.03.2007 at 20:02

◎陳さん

まだまだ仕事中です。働き者と呼んで♪

今日当たり餘部鉄橋においでかと思っていました(^^)。島原もありますし、またお誘いくださいませ。三岳懐かしいですね~(最近芋焼酎飲んでないのよ。ホントーです)。駅近くの焼酎売り場にどっさり置いていると良いですね。元の味に戻っていることを願っております。

Posted by: 京丸 | 17.03.2007 at 20:43

働き盛り!?の京丸さん、毎度。(^^;)

はい、餘部は3月の上旬にチラッとだけ行きました。(^^)
鉄ちゃん以外にも、観光バスなどが押しかけ、通常じゃないですね。(・_・;)
春休みになって、臨時の 想い出のあまるべ が走り出すと、もうお祭り騒ぎやろなぁ。(^^;;)

三岳、昨年秋の鹿児島出張では、簡単に入手できない状況でした。
希に神戸のその手の酒屋に並ぶこともありますが、1.8L¥4000はしてます。(--;)
お味の方は・・・高価なので、最近は口に出来ておりません。(^^;;)

Posted by: 陳 | 18.03.2007 at 22:10

◎陳さん

おはようございます。また月曜日がやってきましたね。働きましょう!

餘部鉄橋は実は仮新婚旅行で城之崎に行った時に通りました。肝を冷やす思いをしたのですが、あの鉄橋作り替えですか…。

芋焼酎は都会に流れるようになり、それも考えられない高価な値段で売られ、味が変わるさまを見るようになってからあまり飲まなくなりました(自戒の意も込めてね)。昔は大阪でも焼酎は全然手に入らなかったのにな。だいたい焼酎ってのは1升4000円なんて値段で買うようなもんじゃないですよね。こうやって変な流通に乗っかってしまうから、地元民にそっぽを向かれるようになるんです。三岳みたいな焼酎は地元だけで売らなきゃいかーんです。そもそも全国展開できるほどの量、精算してないっちゅーねん。ぶつぶつ。そして流通量を増やした結果、味が落ちるんだわ。ぶつぶつ。

そういうわけでかつての芋焼酎クイーン(?)だった私も最近は全然なのです。弱くなったというのもあるけどね。

Posted by: 京丸 | 19.03.2007 at 08:56

おはようです、月曜日というか、日曜も夕方から出勤でした・・・。(--;)

餘部鉄橋、URLした様な風貌に変わったら、今の人気は夢の後になりそう。(--;)

芋焼酎クイーン様のお嘆き、よく分かります。(^^;)
確かに神戸の端っこでも、チョット探せば結構な銘柄が入手可能となりました。
ですが、未だにこちらでは見かけることのない、鹿児島の庶民的焼酎もあります。
こちらの酒屋に並ばない残念と安心が交錯し、出張時に探すのも楽しみの一つですわ。(^^)

陳 当方も相当弱くなりまして、焼酎の持ちが良くなり、有る意味助かってます。(^^;;)

Posted by: | 20.03.2007 at 02:42

◎陳さん

新しい餘部鉄橋、見ました。いや鉄橋じゃなくなっちゃうんですね。結構ショック。確かに餘部鉄橋は怖かったけど、そこが良かったのにな(って毎日利用する人は安全な方がいいに決まっていますが)。

以前、夫が新潟に出かけてめちゃめちゃ美味しい日本酒を入手してきたことがあり、追加で欲しいなと思ってお店に電話したことがあるんです。その時は「店に来て買っていただく分はいくらでも売るけど、地元以外に売ってしまうと地元の人の分がなくなるので」と断られました。真っ当な言い分でした。欲しかったら、その地に行けばいいのです。何でも手に入るこの便利な世の中を私も享受し利用していますが、自重した方がいい部分というのもあるんじゃないかなと思うわけです。

Posted by: 京丸 | 20.03.2007 at 11:49

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 早朝パンラン:パンの国アリス | Main | トンネルの出口 »