« わたしを離さないで | Main | 無駄 »

19.05.2007

しゃべれども しゃべれども

「本棚を買って本の収納スペースがようやく増えたものの、今のキミの本の買い方を見るとスペースが埋まるのは時間の問題だ」とオットに指摘されました。それから「読了した本の数に対して購入する本の数の方が格段に多い」とも。ええ、仰るとおりです。反省しています。そう、我が家には積読(つんどく)本がどっさり、そして増量中です。活字スイッチが入り、読書生活に入ってしまうと、1冊読むごとに読みたい本が数冊増えます。ネット書店で「ぼんぼん」本が買えます。かくして積読本は増える一方です。積読本が何冊あるのか、ああ想像するのも恐ろしい。

で、映画化する前に読んでおかなければと、積読本の山の中から手に取ったのが「しゃべれども しゃべれども(佐藤多佳子)」。映画化するとテレビなどで映像や写真を目にすることが多くなること必至、本を読む前に刷り込みされるのはできれば避けたい。重厚な三国志の後には、軽く爽やかな和モノでということで選んだ一冊です。

070519 …予想以上に面白かった。長いこと積読本にしてしまって本に申し訳なかった。軽く爽やかだけど軽薄でない、むしろ筆力があり、構成もいい。ぐいぐい読ませます。倒錯した登場人物がいるわけでも、歪んだ世界があるわけでもない。ごく身近な世界に住む登場人物は自信が少しなかったり、コミュニケーションに問題を感じたりしている普通の人々。そして愛すべき単純短気な落語家のもとに集まってくる。語り口はまさに落語のそれ。切れがよく、軽快。長い落語を楽しんでいるような作品でした。

実は私、落語がとても好きなんですが、「まんじゅうこわい」の内容が上方と江戸とで若干違うというのは知りませんでした。今晩は枝雀のDVDで「まんじゅうこわい」を堪能しようと思っています。作品にも枝雀の「まんじゅうこわい」の話題が出てきます。

ちなみに、佐藤多佳子さんはランニング本「一瞬の風になれ」でランナーにお馴染みの作家です。告白しますと…「一瞬の風になれ」も積読本の山の中に潜んでおります。面白いという評判ですし、早く手がけなければ。私の今の状態は「しゃべれども しゃべれども」ではなく「読めども 読めども」であります。

*画像がいささかとぼけてしまいました。Amazonの画像を引っ張ってこようと思ったら、新潮文庫の帯に書かれた「読後いい人になってる率100%」というコピーがどうにも気に入らないので、違う画像に変えたのです。読後いい人になりたいですか? いい人なんかにゃなりたかないと臍を曲げるのは私だけ?

|

« わたしを離さないで | Main | 無駄 »

Comments

ども、落語仲間です。
「しゃべれども・・・」、私もけらけら笑いながら読みました。読後も変わらずいいひとですよ(←自嘲)。
若いころの愛読書が落語大全とフランス小噺だったので、全体的に女子として誤った方向、モテナイ系にシフトしたように思います。いまさらですが。
実は寄席は未経験です。近い将来、ぜひともライブで堪能したいものです。

Posted by: rin | 20.05.2007 at 10:49

◎rinさん

どもども。最近、本読み友達が実は落語ファンであることがわかり、「なみだ目で枝雀の思い出を語るざこば」について語り合ったところでした。きっと、隠れ落語仲間はほかにもいるに違いない(笑)。

私は次に大阪に帰る時には天満繁盛亭

http://www.hanjotei.jp/

に行こうと狙ってます。いい演目に当たり、チケットが取れれば、の話ですけれど。

Posted by: 京丸 | 21.05.2007 at 08:18

私もちょっと前に「しゃべれどもしゃべれども」を読み終えて、今は同じ佐藤多佳子さんの「黄色い目の魚」を読んでます。
「しゃべれども~」はもうすぐ映画公開ですね。
登場人物がイメージにピタリと合っている気がするので、ぜひ映画館に足を運ぼうと思ってます。
そうそう、本物の落語も聞きに行ってみたくなりました。

佐藤多佳子さんは、元は児童文学出身なだけに、子供を視点にした作品がすごくいいです。
「しゃべれども~」の小学生や、「黄色い目の魚」の中学生、「一瞬の風になれ」の高校生とどれもグイグイ引きこまれます。
「一瞬の~」は舞台が相模原ですので、ぜひ読んでみてね。
私の行きつけの町田B&Dも出てくるのよ~。

Posted by: みなみ | 21.05.2007 at 11:03

◎みなみさん

みなみさんは「一瞬の風になれ」をお読みになっていらしたので、ひょっとすると「しゃべれども しゃべれども」もお読みかも~と想像してました(当たり!)。村林君(小学生)いい味出してますよね。

映画の上映は今週末からですよね。で、映画を先に目にするとイメージが固定されてしまいそうなので慌てて読んだのでした。「黄色い目の魚」はどこかでとても良かったという記事を目にしました。これも読んでみたいなあ~。でもまずは「一瞬の風になれ」を読まなきゃね。みなみさんの町を想像しながら読むとします。いやー、本当に「読めども 読めども」です。

Posted by: 京丸 | 21.05.2007 at 15:43

お久しぶりです。
これ、本を読む前に、今日映画を観てきました。
私の場合、観たい映画が山積みで、「観れども観れども」状態です。
あと数本観たら、1ヶ月のフリーパスポートがもらえるほど、シネコンのポイントが貯まってます。

Posted by: まりも | 30.05.2007 at 21:34

◎まりも姉さん

映画をごらんになったんですね。国分君の落語が評判らしいですが、いかがでしたか?

やっぱり好きなことやりたいことって、山積みですよね。私は「読めども読めども」です。そしてやっぱりアマゾンのポイントがどっさり貯まっているのでした。

Posted by: 京丸 | 31.05.2007 at 08:27

国分君、落語は初挑戦だそうですが、なかなかのものでしたよ。
演技の才能あるんやろうなあ。


Posted by: まりも | 31.05.2007 at 14:08

◎まりも姉さん

国分君の落語、評判ですね。プロも絶賛していたといいますし。個人的には伊藤四郎の落語も聴いてみたいな~。

私は劇場で映画を観ることは最近あまりないのですが、落語の映画は何となく大きな画面で観てみたいなという気がします。

Posted by: 京丸 | 05.06.2007 at 09:36

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« わたしを離さないで | Main | 無駄 »