« この春の吉報 | Main | 三国志 »

15.05.2007

養生生活

養生生活は継続中です。気づくと前回のエントリから1週間が経過していて、またサラリーマンNEOの日がやってきました。前回のエントリで「放送は今夜10時から」と書いてしまいましたが、あちゃー、これは11時の間違いでした。10時にテレビのスイッチを入れてみた方がいらっしゃらなければいいのですが。

このようにブログ更新の間隔が空いてしまうと、(病み上がりということもあって)京丸は果たして生きているのか!?とご心配をかけてしまうこともありなむ(ない?)と思い至り、つまらない内容でも細々と更新することにしました。で、何を書こうか…と改めて考えてみると養生生活にたいした事件は起きません。

養生生活のほとんどの時間は読書に充てています。それから時々、席を立って普段より2割くらい手の込んだ料理を作ります。そして、週末には飲酒します。時間はゆっくりゆっくりと過ぎていきます。

こんなふうに養生生活を満喫しているわけですが、いささか退屈する程度に体力も回復してきたし、本代も稼がなければならん、というわけでそろそろ仕事には復帰しようと考えています。心配性のオットはまだ仕事復帰に難色を示していて「復帰するなら9時5時厳守・週休二日で」とか「2週間働いて1週間休んだらどーだ」だとか無理難題を申します。無理です、多分。ですが、とりあえず無理しない程度にゆるゆるやります。

Img_1277_1 ジョギング中にオットが摘んで持ち帰ってきてくれた。この花をどこで摘んだのだろう。

|

« この春の吉報 | Main | 三国志 »

Comments

京丸さん、無理しないでくださいね。僕のまわりでも体調崩してる人、とても多いです。時期の問題もあるのかなー。5月病の季節ですしね。僕は今年は5月病どころじゃないけど。

>この花をどこで摘んだのだろう。

人様のお宅の庭、とかじゃないといいんですけど(爆)。

Posted by: まっち | 15.05.2007 at 13:09

◎まっちさん

ありがとうございます。季節の変わり目だからかな~、ともかくお利巧にして元気になるよう努めます。

>人様のお宅の庭、とかじゃないといいんですけど(爆)。

とても綺麗なので、私も実は「こ、この花どこから!?」と怪しんでおります。敢えて聞かないことにします(笑)。

Posted by: 京丸 | 15.05.2007 at 14:42

私なんて、もうブログを閉じた方がいいんじゃないかというほど放置しているので、人このことは言えないけれど、やっぱり更新があるとほっとします。
退屈するほど体力も回復してきて何よりです。
おうちで療養と言うのは、料理に手をかけられたり、本をたっぷり読んだり、今までとは時間の流れが違って感じられるのでしょうね。
お仕事を始めると、ちょっと無理がかかってくるかもしれないので、本当に少しずつ再開してね。
ジョギングの途中で花を摘んできてくれるなんて、いいなー。
私はオットから母の日にカーネーションをもらい、頭の中が「??」という感じでしたが、敢えて文句は言わず、ありがたくちょうだいしました。

Posted by: みなみ | 15.05.2007 at 15:20

◎みなみさん

これまで頻繁に更新してたブログがぱったり止まるとやっぱりご心配をかけちゃいますよね。すみません、あまりにも地味な毎日でネタがなかったんです(笑)。ですが、地味な内容でもぼちぼち更新しますね。

おかげさまでもう走れるんじゃないかと思えるほど(おい)元気なのですが、医者や家族がGOサインを出してくれるまで今回は大人しくしておこうと思っています。こんなふうに元気なので養生生活も満喫しています。やや飽きましたけど。

みなみさんのオットさまは「お母さんとしてのみなみさん」にありがとうというお気持ちでカーネーションを贈られたのですね。素敵~♪ ヨメとしてだけでなくて母としても感謝されるだなんて。母の日に何ももらえない私は「ヨメの日」が欲しいです。もちろん「オットの日」があればご馳走作る所存です。私も食べちゃうんですけどね(笑)。

Posted by: 京丸 | 15.05.2007 at 18:42

こんばんわ。海実子でございます。
みなみさん同様、覗いてみて更新されているとホッとします。
いえ、数日更新がないと、どうしたかな?とちょっと心配。
体調崩された後、というのを知っているからでしょうね。

花を摘んできてくださったご主人様、お優しいですね。
男の方は、『花を持っている』という行為自体がちょっと恥ずかしいそうですから、ご主人様もちょっとくすぐったかったのではないでしょうか。

母の日も、ヨメの日も該当しない私・・・。
いいんです。母としてもヨメとしても、貢献していませんから。

家族間で、何かに感謝する日というのがあるのは、いいことだと思いますね。
シャイな日本人は、それがなければ思っていても、行動に移せないかも知れませんからね。
○○の日、ということに便乗してでも、感謝の気持ちが表せたのなら、感謝する方も、される方も、嬉しいし、ホッとするのではないでしょうかね。

Posted by: 海実子 | 16.05.2007 at 00:00

そんなに調子悪いの? どこが悪いのか私わかってないんだけど,どこかに書いてありましたっけ,読み落としてます。
私が京丸さんを知ってから,いつも京丸さんは仕事にランに走りっぱなしだったような気がするし,まあ,たまにはゆるゆるもいいですよね。

Posted by: びい | 16.05.2007 at 05:49

◎海実子さん

すすすみません、ご心配をおかけしました。地味なネタでも続けていれば価値もある、ということですね。細々と続けて参ります。

オットはよくジョギング途中で花を摘んで持って帰ってきてくれるのですが、私は走っている時に花を見かけても「オットに持って帰ろう」なんて考えてなかったなーと今気づきました。いやぁ、男性の方がロマンチックですね(汗)。

そして「○○の日」問題ですが(笑)、仰るとおり日々つつがない生活を送れることを誰かに感謝すること、そして感謝されることは大切ですよね。普段思っていても気持ちを口に出せない人にとって、便乗して表すことのできる年中行事は重宝ですね。

◎びいさん

あはは、そんなには悪くありません。今まで病気なんてかかったことなくて、病院に行くと行ったら整形外科と眼科くらいだったので家族が妙に心配しているのです。私はと言えば、久々に大手を振って仕事を休んで読書三昧だわよと喜んでいる始末です。いい加減に飽きてきたのですが、すっかり身についたゆるゆる~な生活のお陰ですんなりと社会復帰できるかいさささ不安です。

Posted by: 京丸 | 16.05.2007 at 08:56

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« この春の吉報 | Main | 三国志 »