« ピギー・スニードを救う話 | Main | ご無沙汰していました。 »

05.09.2007

二十世紀

懸案の膝痛が治まったので、恐る恐る走ってみる。今朝は朝食のパンが切れていたので、久しぶりにパンラン。パン屋は上り坂の向こう。復帰したばかりの足に急な坂道は苛酷だったかも。足は全然上がらないし、大量の汗をかく。だけどいつもと違う道を走るのは楽しい。朝もやに煙るオレンジ色の町並みが綺麗だ。

膝は途中「おや?」と思うことはあったものの、大丈夫みたい。ああ、よかった。と安堵したものの、走り終えた後に股関節近辺の筋肉が痛む。過去に傷めた部分を一巡しているみたい。通過儀礼のようなものかもしれないな。何はともあれ、今朝は走れてよかった。

Img_1338 早朝ランの後の楽しみは果物。ランの後は、お茶や水を飲んでも渇いた身体が満足することはなく、渇きはなかなか癒えることがない。ところが何故か果物は渇いた身体を一気に潤してくれるのだ。夏の間はスイカ一辺倒だったけれど、ここ数日は梨。秋が近いんだなあ。

最近、店に並ぶ梨は「長十郎」や「豊水」などオレンジ色で甘味の強いものがほとんど。だけど、私にとって梨と言えば「二十世紀」です。わずかな苦味のお陰で却って甘味が強く感じられ、瑞々しい。子供の頃に食べていた梨は二十世紀だったと思う。運動会のお弁当の脇にデザートとして母が詰めてくれたのはいつもこの梨だった。最近はあまり店頭に並ぶことはなく、入手は専ら生協に頼っています。発売される期間も短く、秋の訪れが感じられる今の季節だけの楽しみです。

|

« ピギー・スニードを救う話 | Main | ご無沙汰していました。 »

Comments

私も、二十世紀梨は大好きです。
千葉の松戸に、二十世紀ケ丘というところがあって、そこが原産の地だとかいう話も聞きます。

数年前、市場から二十世紀が姿を消した時期がありました。
生産量がものすごく少なかった時期があったようです。
最近ぶり返してきたのか、店頭でもまた見かけるようになって、嬉しい限りです。

梨は・・・大好きなんですが、水分が多くて、良くかまなくても十分にジュースが出てくるので、噛みが足らずに良く喉に詰まらせます。
あ、しっかり噛めばいいことですね。

Posted by: 海実子(みみこ) | 05.09.2007 at 21:03

梨、おいしいですよね。
二十世紀も、ちょっと硬い長十郎も大好きです。

Posted by: よーちゃん | 05.09.2007 at 21:27

僕はモモとナシが大好きなので、この季節は幸せいっぱいです。二十世紀も昔から大好きです。幸水とか豊水も好きです。要するにナシならなんでもOK。先日美味しいナシを一箱いただいて、ますますホクホクです(笑)。

Posted by: まっち | 05.09.2007 at 23:34

◎海実子さん

二十世紀梨の締まった味がいいですよね。なるほど二十世紀ヶ丘というところが原産地ですか。喉に詰まらせないようよくかんでくださいねー。

時々足を運ぶ八百屋さんでは、なぜかお客さんは「二十一世紀梨ください」って言うんだそうです。不思議だなー。

◎よーちゃん

これから梨の季節ですね。ランニングの後にどうぞ~。

◎まっちさん

うわあ、まっちさんちのお隣に住んでおすそ分けを頂きたかったな(笑)。ランニングの後にジューシーな果物を頂くと、身体中に水分が行きわたって潤う感じがいいんですよね~。桃も食べたくなっちゃいました。

Posted by: 京丸 | 06.09.2007 at 08:59

この写真、よく撮れてるね~。すっごく美味しそう。
昔、梨といえば長十郎か二十世紀しかなかったような気がするのですが、今は両方のいいところを取ったような豊水や幸水など種類も増えて、食べる楽しみも広がりましたね。
私も梨は大好きです。
野菜は一年中ほとんど何でも食べられるけど、果物だけは時期ものだから、食べられるシアワセもひとしおだね~。

Posted by: みなみ | 07.09.2007 at 21:51

◎みなみさん

あはは~、写真をほめられると嬉しいねー。ありがとう。これはきっとテーブルの色が暗いからよく撮れたんだなあ、きっと。

みなみさんが仰るとおり、果物はやっぱりその季節にしか手に入らないので、とても楽しみです。ランニングの後の果物、果汁が身体に染み渡るような美味しさですので、みなみさんもぜひ試してみてね。

Posted by: 京丸 | 11.09.2007 at 13:08

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« ピギー・スニードを救う話 | Main | ご無沙汰していました。 »