« ランニング教室 | Main | デジタルカメラ »

15.01.2008

出口が見えてきた

ランニング教室で2kmほど走ってみたところ、股関節の様子がどうやら大丈夫の様子。日曜日はゆっくりと5km走ってみました。途中、違和感があるような、ないような。大丈夫のような、普通じゃないような。意識しすぎているのかな。3kmあたりで一旦足を止め、ストレッチして、歩いてみる。うーん、別に痛くもないし、違和感もない。100m歩いて、再度走ってみる。

身体はもちろん重いのですが、どうにか自宅までの5kmを痛みなく到着することができました。ふう。と、ほっとするも、じわじわと時間差できしむような感覚が(涙)。ですが、そうこうしているうちに2時間ほどでふう~っと自然寛解。あー焦った。でも自然に治ってくれて一安心。こうして、じわじわと治ってくれればと願います。

日曜日は走りたいという気持ちを抑えて、大事を取ってウォーキング。ウォーク中、何度か「おや?」という違和感が発生しましたが、痛みも発生せず、帰宅後にきしむ感覚もなく無事でした。日常生活では違和感はまったく感じなくなりました。ふう、長いトンネルでしたが、出口の光がようやく見えてきたような気がします。

3連休は飲んだので、今日からまた休肝日です。暑い季節のビールの誘惑を考えると今のうちに日数を稼いでおかなきゃね(←これって真っ当な休肝日のあり方だろうか!?)。

|

« ランニング教室 | Main | デジタルカメラ »

Comments

こんにちは、復調の兆し!なによりです。

参考までに、一度痛めたヶ所が再発すると以前の痛みを脳だか、神経だかが記憶していて、以前の痛みを増幅させて感じるらしいです。なので、実際はたいしたことがなくても、強烈な痛みを伴ってしまうそうです。そこで登場するのが、「ペインクリニック」なるお医者さん。痛みがある間は思うようにそこの部分の補強運動ができませんよね。普通、痛みが取れてからその弱い部分の補強に入る為(この時点で弱いところはさらに弱っている。)に、回復が遅れてしまうし、補強運動中に再発しやすい。しかし、ペインクリニックでは、痛みを取りつつ、そこの部分の補強ができるので回復が早い!し、治ったときにはそこが強化されているために再発しにくい!そうです。
お近くにペインクリニックがあれば、受診されてみるのも良いかもしれませんよ。

Posted by: ヤマシュウ | 15.01.2008 at 21:02

◎ヤマシュウさん

いつもご心配くださって、ありがとうございます。

なるほどペインクリニックですね。痛みの記憶というものですか。ふむふむ。近くにないかな~と早速探してみました。様子を見て受診してみるのも手かもしれませんね。ありがとうございます。

いや本当に以前から故障の女王でしたが、今回はちと堪えました。早く本格復帰を果たしたいものです。

Posted by: 京丸 | 16.01.2008 at 09:16

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« ランニング教室 | Main | デジタルカメラ »