« Şubat 2008 | Main | Nisan 2008 »

31.03.2008

武蔵塚公園

3月の激務シーズンがようやく終わりました。今日は図書館から予約本到着を知らせるメールが届いたため、ゆったりと図書館まで歩いていくことに。股関節周囲の違和感が完治するまでは、もうひとふん張りウォークで頑張ると決めたのだ。

Img_1670_2 今日は晴れたり、雨が降ったり、いきなり風が吹いたりとやや不安定なお天気。ラン用リュックに折りたたみ傘も入れる。

お天気が良いと花も綺麗です。これは蝋梅かな?

もうすぐ図書館というところまで来て、今日が月曜日だと気づく。あああ、図書館休みじゃないか!ばかばか。

仕方ないので、図書館に隣接する「武蔵塚公園」に足を運ぶことにしました。武蔵塚公園は、宮本武蔵が眠るお墓のある公園。今は桜が見ごろです。

Img_1671_2 Img_1672_3

Img_1673

やっぱり晴れていないと桜の美しさは堪能できませんね。一番右の写真は武蔵のお墓です。いつもは近所を通りかかるだけですが、今日は久しぶりに公園の中に入り、お墓にも手を合わせてきました。

Img_1674図書館の桜もほぼ満開です。今年は天候が今ひとつで、なかなか綺麗な写真が撮れません(と、写真の不出来をお天気のせいにしてみる)。図書館には、また明日行くことにしよう。仕事がすかすかだったら歩いていくとするかな。

| | Comments (0)

30.03.2008

トレイルラン用シューズ

予報の通り、この町の桜は土曜が見ごろとなりました。昨日はオットと二人でのんびりと花見ウォークへ。行き先は時々トレーニングでも利用している県立運動公園です。

Img_1658

Img_1660

土曜から既にお天気は下り坂。美しい桜の花はやっぱり青い空じゃないと映えませんね。残念。今日は雨になってしまいましたが、さほど強くないしとしと雨。このまま散らずにもうしばらく持ちこたえてくれることを願うばかりです。

Img_1666 Img_1668_2

今日は雨なのでウォークも休みにしてお買い物。まず馴染みのサイクルショップに出かけて、「日本サイクリング協会」の来年度入会手続き。自転車事故の保険もついていて、イベントのお知らせも届くので年間4000円の会費はお得です。スポーツとしてしょっちゅう自転車に乗る人は入会しましょう。オットは自転車に乗っていて交通事故に遭ったことがありますが、協会から保険が下りてとても助かりました。そして、自転車復帰のために替えタイヤを購入。

そしてアウトドアショップへ。トレイルラン用シューズってどんなものかな~と覗きに行ったら、あれよあれよと試し履きをする羽目に。そして、まあいっか、とトレイルラン用シューズを買ってしまいました。このお店の方はランナーズの別冊「トレイルラン」の記事も書いてらっしゃるのだとか。詳しい説明と、熱心な押しに負けました。

Img_1669 購入したのは「TECNIKA CYCLONE LOW」。私は偏平足気味で、アーチの高いシューズだと土踏まずにマメができるので、アーチのないタイプを探さなければなりません。このシューズは試し履きしたシューズの中では最も足底へのストレスが感じられない快適な履き心地でした。お値段16800円をセール中につき15900円也でゲット。ランニングシューズより若干高めです。

このトレイルランシューズと替えタイヤを使う日がまたまた楽しみになりました。故障はあともう一歩というところ、焦らずもうひとふん張り辛抱します。

| | Comments (2)

28.03.2008

トレイルランと自転車

毎年、仕事が集中して息も絶え絶えとなる地獄の3月。何がつらいかって、仕事の多さよりも、仕事の依頼を断るのがつらいのです。この時期、同業者は皆いっぱいいっぱいで仕事をしていて、「ダメもと」でオファーの電話がかかってくる。お引き受けしたいのは山々だけれども、限界というものがあるわけで、仕方ありません。電話の先で、しょんぼりとしたお客さんの声を聞くと、気が小さい私はおたおた。そんな電話が日に何本もかかってくるわけで、ただでさえ多量の仕事で疲弊しているのに、追い討ちをかけるように消耗するわけです。

そんな地獄の時期も終わり。ようやく手許がすかすかになってきました。ふう。そして窓の外には春の陽射しが。ランニングの季節到来です。

とは言え、ここのところまた股関節痛(というか周囲筋肉痛)が勃発していて、何だか思うように走れていません。激務の中、鍼灸院や整骨院に通院して、明日のランニングに思いを馳せる日々です。そんな中、仲良しのあんな人こんな人からトレイルランの話題が。うはー楽しそう。ロードを走るのとは違う筋肉のトレーニングになるし、何より喧騒を離れて自然の中を駆け回るだなんて、考えただけでも楽しくなってくる。感化されやすい私はすっかり山を走りたくなってしまいました。近い将来のトレイルランに備えてまずは活字から、ですね(次は衣装ね)。

Trailrunner そこで今日は食材調達のついでにリアル本屋で出向き「トレイルランナー」を入手。本当はランナーズ増刊号の「トレイルラン」が欲しかったのですが、売り切れていました。やっぱりトレイルランは流行っているのかな。まだ思うように走れないけど、雑誌に掲載されたトレイルランの美しい景色を見るだけでもうっとり。治ったら「みずきトレイルロード」に出かけよう。あっ、トレイルロードって変な名前ですね。実はアスファルトの舗装路と山道両方楽しめるので、勝手にこう命名したのです。

それからトレイルランには関係ないけどスポーツ関係でもう一冊。自転車界(?)ではちょっとした有名人である自転車ツーキニスト(自転車通勤者)疋田智さん(著)と、これまた自転車界でマニア的人気を誇る妻(サイ)クリスト、ドロンジョーヌ恩田さん(絵とツッコミ)の「自転車をめぐる冒険」をゲット。巷では売り切れ続出で手に入らない!という噂の本です(でもAmazonで見ると4~5日以内に発送とあるなあ)。

Photo 自転車オタク大喜びのこの本。これから自転車に乗ってみようと思うお方にもぜひ。それにしてもツーキニストや妻クリスト…自転車乗りのネーミングってうふふだな。

本音を言うとトレイルランの本より、実はこっちの方が面白いのだった(今日はリンクが多いなあ)。

この春は普通のランニングに加えて、トレイルランに自転車も楽しみたい。忙しくなるぞー(その前に故障を完治させなくてはね)。

| | Comments (2)

26.03.2008

春が来た

Img_1655 Img_1656

我が家の桜も咲き始めました。

| | Comments (2)

22.03.2008

謎のドイツ村

21日はオットの誕生日。「久住のもっと奥の直入という山村に『ドイツ村』がある」という話を耳にした私たちは、誕生日のイベントとしてドイツ村に行ってみよう!ということに。しかしそんな山村にどんなドイツ村があるんだ?ドイツ人は何人いるんだ?だけどドイツ村というからにはリーンなドイツパンやソーセージ、そしてワインなんぞもあるのではと不安と期待に胸を膨らませ、いざ直入(現大分県竹田市)へ!

Img_1620

Img_1621

直入に行くには阿蘇から久住に入る。野焼きの終わったばかりの阿蘇の山肌はこげ茶色、普段見慣れた若草色の阿蘇の山肌とはまったく違って、何だかよその星にでも来たような気分。

Img_1624車を走らせると山肌から煙が。まさに今、野焼きの真っ最中だった。阿蘇には何度も足を運んでいるけれど、野焼きに出っくわしたのは初めて。この野焼きは新しく生えてくる牧草の成長を促すために、古い枯れ草を一気に燃やしてしまう阿蘇の春の風物詩。写真では判りにくいけど、実際に赤い炎も上がっていました。樹木も燃えるのですが、暖かくなるとちゃんと葉っぱが生えてくるんですよ。

そして直入へ到着。道路標識にもちゃんと「ドイツ村」の表示が(ほっ)。やった~これが噂のドイツ村か!

Img_1627

Img_1628

だ~け~ど~人がいない。ちょっとお洒落な建物(写真左)は廃墟でした。廃墟を背に撮った写真が右側。ドイツ風味の一般住宅が並んでいるのみ。ソーセージやパンもなけりゃ、ドイツ人はやっぱりいませんでした。がっくり。仕方ないので町のメインストリートと思しき場所にある道の駅「おんせん市場」(写真左)でお買い物。帰路では「久住ワイナリー」(写真右)に立ち寄ってみました。

Img_1629

Img_1630

Img_1631 Img_1634

ワインは残念ながら私の好みとはちょっと違うタイプだったため、試飲のみ。ちょっと癖のある若いメルローとピノノワールでした。ワイナリーの隣には新しくピザの石窯も出来ていました(写真右)。

Img_1638_2謎のドイツ村は結局なくなっていましたが、春が訪れたばかりの阿蘇と久住を堪能した小さな旅となりました。

購入したのは、なばめし(「なば」とは大分弁で椎茸のこと)、柚子胡椒、唐辛子の佃煮、唐辛子醤油。それからポルトガルソーセージ。この地域の名物はスパイシーな食べ物なのかな。

そうそう、久住には「日本一のマラソンコース(2.5km)」という表示を見つけました。今度はランニングシューズを履いてそこも探検してみます。

| | Comments (10)

20.03.2008

本日のお買い物:SKINS

町のスポーツショップチェーンの一斉安売りが始まりました。合わせて各大型スポーツショップも負けじと安売りを始めるので、この町のスポーツ愛好家はお買い物に大忙し。

Img_1618 かくいう私も朝からいそいそとスポーツショップ行脚。ソックスとシューズを買うつもりで物色していたはずなのに、気づいたらSKINSのロングタイツを手にしていました(汗)。まったく新しいものに弱いな。ノースリーブシャツも欲しかったのですが、下着着用の是非がイマイチわからなかったので保留。

あちこちで好評のSKINS。ロングタイツは薄手だけどコンプレッションが強く、ぴしっと締まる感じがいいですね。CW-Xが最近少し暑く感じるのですが、SKINSはどうかな。また使用感については報告します。就寝時に着用すると良いって書いてあるのですが、うーん就寝時は厳しいかも。でも飛行機のロングフライト時の浮腫み防止にいいそうな。これは今度試してみよう。

それから短パン3000円也も合わせて購入。だけど肝腎のソックスとシューズはこれからまた探さなくちゃ。

| | Comments (5)

19.03.2008

春が来た

荒療治で治ったか!と思っていた風邪は、一時的に身体が温まっただけでぬか喜びでありました。その日、焼肉屋で生ビールをぐびっと飲んだ瞬間に鼻に来て元の木阿弥。がーん。実は、恐れていた気管支炎を勃発させていました。止まらない咳のお陰で肋軟骨を痛める始末(涙)。まったく次々商法のように不調に陥るなあ。しかーし、普通の咳止めが効かなかった気管支炎は漢方薬で一発鎮圧! いやあ、驚き。漢方薬って効くんですね。

Img_1614 薬のお陰で咳も治まり、風邪の間にあちこちの不調も随分緩和されたので、東京マラソンの記録証が届いた日にようやくご近所ランにも復帰しました。うん、やっと再開できた。

久しぶりに走った近所のランコースには春が来ていました。梅の花は終わり、今は木蓮が満開です。昼間だと20℃を超すこの町では、もう長袖長タイツは暑いなあ。

桜の花を辿りながら走るランニングももうすぐです。

| | Comments (3)

15.03.2008

ランニングクラブ最終日

今日は今期ランニングクラブの最終日。この3ヶ月間、やっぱりほとんどまともに走れなかった。そして今日は風邪っ引き。2週間前に引いた風邪がなかなか治らないのだ。3日ほど前にいい加減イライラして走ってみたのだけれど、走るとゼロゼロ咳が出るし、走った後発熱してしまった。今朝も体調はあまり思わしくない。今日のメニューは最終日ということで5kmタイムトライアルだったけど、ひとりだけゆっくりペースで参加した。

Img_1608練習不足に風邪っ引きが重なってすっかり心肺機能が落ちているのが自分でもよくわかる。ゆっくり走っているつもりでも息苦しい。キロ3分台でダッシュする先頭男性がびゅんびゅん追い越していく隣で、ぜいぜい言いながら走る。ちと情けなくもあったけど、最終日にゆっくりでもコースを走れたのは嬉しかった。来期も参加予定ですが、来期は名前の通り「爆走」することが目標です。

少し熱が出たのか茹蛸のように赤ら顔で帰宅して、お風呂で汗を流してみると、んん?何故だか息が楽になっているし、鼻水も止まっている。咳も出ないぞ~。

治りかけの風邪は、ランニングというスパルタ療法で一気に治ったかも(嬉)!良い子は真似をしてはいけません。

| | Comments (4)

14.03.2008

ホワイトデー

今日はホワイトデー。久しぶりにこういう記事も書いてみるかな。

ここ数年、バレンタインデー/ホワイトデーはオットと甘いものを交換しています。単に甘いものを食べる口実と化しているような気もするなあ。

Img_1603 今年のホワイトデーは「メゾン・ド・キタガワ」。昼休みにオットがケーキを持って帰宅しました。やっぱり今日はすごく混んでいたのだとか。

ラズベリーソースのチーズケーキと、シュークリーム。チーズケーキは柔らかくて甘さ控えめです。それから美味しいケーキ屋かどうかはシュークリームで決める!というのが私の勝手な持論。はい、メゾン・ド・キタガワのシュークリームも真っ当なお味でおいしゅうございました。

Img_1606 そして、阿蘇ジャージー牛乳を使っているビン入りのプリン。最近、こういう形のプリンが流行ってるみたいですね。

ふふふ、まったりとしたお味を堪能しました。

次に甘いものを心置きなく食べられる日はいつになるかな。いや口実がなくても食べてるんだけど。

| | Comments (3)

13.03.2008

風邪でした

Img_1602確定申告を済ませて迎えた3月は、まず補強運動の失敗による腰痛から始まり、風邪で高熱と咳に苦しめられ、その後は仕事にシワ寄せというお定まりのコースを辿っています。風邪では珍しく2日半も寝込んでしまいました。寝込んでいる間に窓の外には春が。

それから、ブログをサボっている間に鍼治療にも通いました。懸案の股関節痛もかなりイイカンジ。完治までにはもうしばらくかかりそうですが、治癒の陽の目が見えてきたような気配です。

例年この時期は息もつけないほどの多忙に陥るのですが、どうにかその多忙も目処が立ちました。この大量の原稿の山が片付いたら少しゆっくりするつもり。ええ、ホントーです。風邪が治ったらトレーニングも本格再開です。それにしてもこの風邪、長引くなー。

| | Comments (0)

« Şubat 2008 | Main | Nisan 2008 »