« 春が来た | Main | トレイルラン用シューズ »

28.03.2008

トレイルランと自転車

毎年、仕事が集中して息も絶え絶えとなる地獄の3月。何がつらいかって、仕事の多さよりも、仕事の依頼を断るのがつらいのです。この時期、同業者は皆いっぱいいっぱいで仕事をしていて、「ダメもと」でオファーの電話がかかってくる。お引き受けしたいのは山々だけれども、限界というものがあるわけで、仕方ありません。電話の先で、しょんぼりとしたお客さんの声を聞くと、気が小さい私はおたおた。そんな電話が日に何本もかかってくるわけで、ただでさえ多量の仕事で疲弊しているのに、追い討ちをかけるように消耗するわけです。

そんな地獄の時期も終わり。ようやく手許がすかすかになってきました。ふう。そして窓の外には春の陽射しが。ランニングの季節到来です。

とは言え、ここのところまた股関節痛(というか周囲筋肉痛)が勃発していて、何だか思うように走れていません。激務の中、鍼灸院や整骨院に通院して、明日のランニングに思いを馳せる日々です。そんな中、仲良しのあんな人こんな人からトレイルランの話題が。うはー楽しそう。ロードを走るのとは違う筋肉のトレーニングになるし、何より喧騒を離れて自然の中を駆け回るだなんて、考えただけでも楽しくなってくる。感化されやすい私はすっかり山を走りたくなってしまいました。近い将来のトレイルランに備えてまずは活字から、ですね(次は衣装ね)。

Trailrunner そこで今日は食材調達のついでにリアル本屋で出向き「トレイルランナー」を入手。本当はランナーズ増刊号の「トレイルラン」が欲しかったのですが、売り切れていました。やっぱりトレイルランは流行っているのかな。まだ思うように走れないけど、雑誌に掲載されたトレイルランの美しい景色を見るだけでもうっとり。治ったら「みずきトレイルロード」に出かけよう。あっ、トレイルロードって変な名前ですね。実はアスファルトの舗装路と山道両方楽しめるので、勝手にこう命名したのです。

それからトレイルランには関係ないけどスポーツ関係でもう一冊。自転車界(?)ではちょっとした有名人である自転車ツーキニスト(自転車通勤者)疋田智さん(著)と、これまた自転車界でマニア的人気を誇る妻(サイ)クリスト、ドロンジョーヌ恩田さん(絵とツッコミ)の「自転車をめぐる冒険」をゲット。巷では売り切れ続出で手に入らない!という噂の本です(でもAmazonで見ると4~5日以内に発送とあるなあ)。

Photo 自転車オタク大喜びのこの本。これから自転車に乗ってみようと思うお方にもぜひ。それにしてもツーキニストや妻クリスト…自転車乗りのネーミングってうふふだな。

本音を言うとトレイルランの本より、実はこっちの方が面白いのだった(今日はリンクが多いなあ)。

この春は普通のランニングに加えて、トレイルランに自転車も楽しみたい。忙しくなるぞー(その前に故障を完治させなくてはね)。

|

« 春が来た | Main | トレイルラン用シューズ »

Comments

おおー!やってますよ。
トレイルランと自転車。今月はこの2つばかりやってました。持病の足首痛がなかなか治らないのでロードでのRUNは封印中なのです。
トレイルのふかふかした土の上は着地の衝撃が少ないし、山に入れば黄砂も気にならない。サイコーです。
山行きましょう。山っ!

Posted by: hisa | 28.03.2008 at 23:17

◎hisaさん

こんちは~。昨日自転車の本を買った時にふとhisaさんのことを思い出したのでした。そしたら何とトレイルランもなさってたんですね。嬉しいな~。

股関節治ったら山行きますっ!山!
明日は自転車屋と山道具屋に物色に行きます。うふふふふ~(←もうすっかりその気!)

Posted by: 京丸 | 29.03.2008 at 14:41

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 春が来た | Main | トレイルラン用シューズ »