« Mart 2008 | Main | Mayıs 2008 »

28.04.2008

Qネット笑顔で歩こう走ろう2008

4月26日、阿蘇郡西原村で開催された「Qネット笑顔で歩こう走ろう2008」に参加しました。Qネットというのは、ドモホルンリンクルでお馴染み再春館製薬所の系列会社。この名前のお陰かどうかはわかりませんが、ゲストにQちゃん、山の神今井選手、諏訪利成選手(イケメンです!)、荻原次春さんなど多彩。私は4kmのクロスカントリー走を走ったのですが、自分のランはそっちのけで、もりあがりました。

Img_1732 Img_1734

シューズを選ぶQちゃん          熊本県人に人気てれくま君

Img_1737 Img_1742

ニコニコ笑顔を絶やさない今井選手。走っている時はもっと素敵♪私たちが走っている時は逆走してくれたため、2回ハイタッチしました。その爽やかなお人柄にすっかりファンになってしまいました。

そして何より嬉しかったのは

Img_1743Qちゃんのサインです。思い切って声をかけてみてよかった!この帽子、宝物にします。ここ一番のレースの時に使おうっと。

で、肝腎のレースはというと、わずか4kmとタカをくくっていたら、アップダウン激しいクロカンコースで、息も絶え絶えとなりました。脚力不足を実感。これから季節もいいことだし、坂道/クロカントレーニングを頑張ってみようと考えています。

| | Comments (9)

25.04.2008

水曜恒例ドームラン

水曜夜は恒例となったRCの自主練、くるくるドームランです。全体的には午後7時にスタートし2時間走る予定ですが、私個人は早めに始めて早くあがるべく6時半から単独スタート。

ドームに着くと既に仲間が数人到着していて歓談中。おしゃべりしたかったけど、8時半には走り終えたいので、ストレッチを済ませてひとり淡々とスタートする。ちと寂しいな~。ですが、今はマイペースで走らないと痛みが出るので、いずれにせよ走り出したら一人になっちゃうわけです。

この「痛まないペース」が実は今の体力からすると少し速め、20~30分で息が上がりはじめます。ちょっと休もうかなと、スローペースで走る友達と合わせて走るとてきめん脚が痛くなるので、致し方なくまたスピードを上げる。本当はLSDを繰返して基礎体力をつけたいところなんだけどな。スローペースでも良いフォームで走れるようになることが当面の課題です。

1時間を過ぎた頃にはエンジョイクラスの先生もいらして、伴走していただく。私のペースに合わせてくださったので、脚が痛むこともなく快適。低速時のフォームについて色々質問したところ、ウォークで改善を図ってみたらどうかというご意見を頂きました。なるほど。次回からウォーキングでウォームアップしてみよう。

フォームに気をつけていても、やっぱり長い時間(距離)のランニングには耐性がないのか、次第に脚が痛んでくる。前回よりも5分長い105分で切り上げました。最近は短い距離だとさほど痛まなくなってきたので、長距離に身体が慣れれば痛みも出なくなるのかもしれません。もうしばらくは試行錯誤だな。

| | Comments (2)

24.04.2008

トレイルラン用シューズ試し履き

走れるようになると、ブログの更新頻度が上がりますね。これでも、まだ追いつかない状態です。

大分での炎天下ロングランの後は、ピリッと刺激を入れるべく山へ。我が家から徒歩で行ける距離に小さな山がふたつ鎮座しています。先日購入したトレイルラン用シューズの試し履きも兼ねて、いざ行かむトレイルへ!

Img_1728 出かけたのは近所の山。以前にも紹介したことがありますが、野口みずき選手もこの山でトレーニングをしたと聞きます。今年も熊本で合宿を予定していたという話ですが、宿が取れなくて断念したとのこと。熊本合宿が実現していたら、ひょっとするとこの道で顔をあわせたかも、などと妄想を逞しくする。

登山口にたどり着くと、その妄想も吹っ飛ぶほどの激坂。圧倒されるような坂が目の前にいくつも現れ、汗が噴き出す。うおー全然前に進まない。

へろへろになりながら山頂に到着。それでも我が家から信号停止を含めて17分48秒しかかかりませんでした。近いんだなあ。

Img_1729 展望台から市内を臨む。今回は我が家方向を撮影してみました。眼下に広がる川は、私のデフォルト時のランニングコース、白川です。

上り坂はずっと舗装路でしたが、下りはトレイル。カサカサと音を立てる落ち葉を踏みしめる。登山道に丸太が敷かれて階段状になっているものの、急傾斜でいささか怖い。モトチカさんの真似をして声を出して進む。うん、これはなかなか気合が入る。

Img_1730実はトレイルランシューズは舗装路では硬くて走りにくかったのですが、下りでは俄然、威力を発揮しました。舗装路では紐を緩めないとガチガチした感じでしたが、トレイルに入って紐を締めなおすと、足首ががっちりホールドされて靴に守られているという感じ。安心感がありますね。専門のシューズはさすがだな~。トレイルの方が楽しく走れました。あっこれは下り坂だからかもしれません。

Img_1731坂を下り終えると、そこは県立運動公園。舗装路に入るのが勿体なくて、しばらく木々の間をぽてぽてと走ってトレイルラン終了。ちょっと短かったな。もう少し長く時間を取れれば、逆走して堪能できたんだけど、残念。

トレイルを出て公園に入った後は、普通にジョグコースを走って帰宅しました。思いのほか疲れもなかったので、少しスピードアップもできました。ただ、トレイルラン用シューズを履いた状態で舗装路のランはちょっと苦しかったな。今回のコースは全行程の3/4が舗装路となので、ランニングシューズを履いて舗装路の坂道でトレーニングする方がいいかもしれません。いずれにせよ、徒歩圏内にこんな素晴らしいヒルトレーニングコースがあるのですから、今後はもっと活用しなくちゃね。

次回は本格トレイルコースに足を運んで走ってみます。楽しみです。

| | Comments (0)

23.04.2008

再び河口へ

順番が前後します。土曜はランニングクラブでLSD、そして月曜に日出~杵築ランを計画していたため、日曜日はランをお休みしてオットとサイクリングに出かけました。行き先は緑川・加勢川河口。2年前にも目指したコースです。前日から自転車のメンテにも励んで、うきうき遠足気分。

スタートは9時。身体が温まらないうちは風が冷たい。市街地を抜けるまではウインドブレーカを膨らませながら走る。

Img_1700 家を出て30分もすればのどかな田園風景に出会う。田んぼはちょうどれんげ草の時期。一面に広がるピンク色の絨毯が目に優しい。こんな風景の中を駆け回っていた子供の頃のことを思い出し、ほのぼのとした気分で走り抜ける。

Img_1702_2

田んぼだけでなく、あちこちに春の花が。草萌える緑の中にもアザミのピンクが美しい。

田園風景を抜けて、川沿いの道へ。満ち潮の時間帯らしく、海から水が上ってくる。今日の水はやや濁っている。

Img_1705 ここが河口。左側は加勢川、右側が緑川。私は両河川がひとつになった地点に立っています。左側奥に見えるのは三角半島です。

考えてみると私のいつものランコースは白川ぞい、自転車でロングライドに出かけるとなると川沿いを走ることが多い。山を走っていても、やっぱり川沿いの道を選んでしまう。水は人を引き寄せる力があるのかもしれないな。

Img_1710目的地の河口から海を臨んだ後はお楽しみの昼食。対岸にわたり、今日のお店に向かう。向かったつもりで、ちょっと迷う。蔵作りの古い町並みに迷い込んだ。うわー、知らなかった。市内にこんなしっとりとしたたたずまいの町があるだなんて。よくよく知名を見ると「川尻」。川尻は古くは熊本とは文化を異にした町。立派なお寺や古い建物が立ち並んでいます。

Img_1711←こちらは地元の清酒蔵元「瑞鷹(ずいよう)酒造」の資料館と酒蔵。趣きのある町並みです。

川を渡ってたどり着いたこの「川尻」町は、確かに名前の通り川の尻(終わり)にあるのだ、と今更ながらに気づいたのでした。

散策も終えて、お楽しみの昼食(ホルモン焼き、ビジュアルに耐えないので写真割愛)を取り、帰途に着きました。全行程66.22km。距離としては若干少なめですが、久しぶりのサイクリングとあって最後の10kmくらいは疲労困憊。心地よい全身疲労に包まれて、帰宅後は最高に美味しいビールを堪能しました。

自転車は長時間にわたって楽しみながら身体を動かすことのできる良いスポーツです。クロストレーニングとしての利点も多いし、オットと一緒に楽しめるので、自転車に乗る機会をもっと増やすつもりです。

| | Comments (0)

22.04.2008

杵築を目指す

Img_1717オットが久しぶりに遠出の日帰り出張となり、仕事を休みにして、私もついていくことにしました。彼が客先に入っている時間、知らない町を走るのです。仕事で移動する車に便乗するのはちと気が引けるけど、一人で長距離を運転するよりも隣に誰か居た方が安全よね、と勝手に納得して車に乗り込みました。目指すは大分県速水群日出町。地図とにらめっこして、この日出町から杵築市を目指すコースを選び、走った後に温泉で汗を流すという計画を立てました。杵築は私の初めてのリアル・ラン友ヤマシュウさんがお住まいの町。平日なのでヤマシュウさんとはお会いできないけれど、友達が住む町を目指すというだけで何だか心強く感じられます。

Img_1718_2 日出で軽く昼食を取ってスタート。既に20℃を超しているらしい。冷やしたVAAMがどこまで持つかな。日出の町中を抜けて213号線に入ると、何だか懐かしい田舎の風景が広がる。気が遠くなるような熊本の暑さと比べると、海からの風が心地よく、汗がまとわりつくような印象はありません。しかし、確実に汗はかいているわけで、ふと触った頬はザラザラ。

走り始めから何だか左かかとが痛んでいました。衝撃とともに痛むわけでなく、何だか変な感じ。土曜日に痛くなったアキレス腱とは違う位置だよなあ、どうしたんだろう?と足をさすってみて、貼っていたファイテンテープを外してみる。おや~、痛みが軽減した。どうやら自分で貼ったテーピングが災いしたようです。下手な考え休みに似たる、であります。テープを外して痛みは軽減したものの、一度痛みが発生した部位がすんなりと治ることはなく、このまま痛みとつきあいつつ走ることになりました。フォーム改善が私の今の課題なのだけれど、不調があるとうまくフォームを改善できません。少しずつ腿周りが痛み始めました。のどかだなと感激した風景も退屈になり、じりじりと焦げるような陽射しが肌に痛い。

Img_1720_4 脚はあがらなくなり、腰が落ちていることを実感。スタミナをつけるためのロング走ではあるのですが、今の私にはスタミナは全然ないことを改めて自覚する。いいフォームを持続させるスタミナが必要なんだな。ふむ。

よろよろになった身体がトンネルで一瞬冷え、このトンネルを抜けると杵築の町が近づいてきました!

Img_1724 杵築は小ぶりながらも立派なお城のある城下町。杵築大橋を渡ると小高い丘に悠然とお城が町を見下ろしています。

折角ここまで来たんだし、素通りするのはもったいない。よろよろしながら街中も探検。

Img_1725

古い城下町の色合いを今も残した町は、しっとりとした趣きがあります。町の中心部にこんな坂もありました。

城山公園に登り、市内を一望してまた街中へ。それにしてもお城ってよれよれの脚には厳しいぞ。

Img_1726町を出て1.5kmで温泉へ到着。オットとの待ち合わせ時間にはあと30分、走ろうか、でも脚が痛いなあと逡巡していたところに「早目に仕事が終わった」という連絡が入り、ラン終了。お仕事中だったヤマシュウさんも杵築大橋をよろよろと走る私を目撃してくださったと伺い、お会いできた気分になれました。できればよろよろじゃない時を目撃して頂きたかったな(笑)。

温泉で汗を流して、今日のランは終了。サウナ併設の温泉には冷水浴槽があるため、アイシングもできて一挙両得。ゴールとなった「いこいの湯」のお湯はアルカリ温泉。ザラザラのお肌もつるつるになりました。

Img_1727帰り道では高速を下りて「道の駅ゆふいん」に立ち寄り、産直野菜やスモークチキンのほか、好評という麦焼酎をゲット。帰宅後、大変美味しくいただきました。

短い滞在時間でしたが、痛くなりつつもじっくり走り、観光もして、温泉にも入って充実、充実。オットの出張でこんなに楽しんでいいのかな~。

| | Comments (3)

20.04.2008

腕ふり

土曜日は今期第2回目のランニングクラブ。前回と同様に自転車で往復しました。往復わずか14kmですが自転車で通うといいトレーニングになります。

Img_1698 今回のメニューはLSD。じっくりストレッチをした後、約90分かけてランニングコースを周回しました。この日の気温は10時で既に20℃近くまで上昇し、今シーズン初の暑さの中のランニングとなりました。おまけに、事前に噂のスーパーVAAMを飲んで走ったので、汗だらだら。真夏のランニングのようです。

脚の違和感が出るかな、ゆっくり走ると違和感が出やすいんだけどな~と案じながら走っていると背後から先生の声が。おお、マンツーマンでフォーム指導です(嬉)。先生のお話によると、私の腕ふりは位置が高く、力が入りすぎているのだとか。腕で身体を動かそうとしていて、脚が動いていない。もっとリラックスして腕の位置を下げると、もっと脚が上がり「股関節で」走れるようになる、のだそうです。そして、へそを前に出す、という意識で走ること。どうやら、私は腕に力を込めるあまり、姿勢も悪くなっているらしいのです。

なるほど。思い起こすと、練習皆無で臨んだ東京マラソンでは早々に脚が限界に達し、その後は腕だけで前進していました。まるで「匍匐前進」のごとく。私には腕に推進力を求める傾向があったのかもしれません。ふむふむ。

で、アドバイスに従って走ってみると、何だか走りが軽くなったような気が。タイムも自然とキロ30秒ほど速く走れていました。そして走り終えると、いつも勃発していた筋緊張もなかったのでした(嬉)。

股関節に同じようなトラブルを抱えるとだひさんと、股関節周囲の問題はフォームが原因だ!という共通認識に至ったのですが、今回もその思いを強くしました。

いい腕ふりを身につけること。それが当面の課題です。

| | Comments (0)

18.04.2008

めざせ筋肉質!

先週ランニングクラブを受講した時、あまりに故障が続いたことを心配したエンジョイクラスの先生から、体組成測定を受けてみない?とお誘いを頂きました。今後の対策も立ててくださるということになり、いそいそとパークドームへ。

Tarzan 体組成測定は心電図のような電極を四肢に取り付けて、インピーダンスから体組成を測るシステムです。このたびパークドームでは新しく350万円也の体組成測定ソフト&ハードを購入したとか。早速、測定していただいたところ2年前に県立体育館で受けた体組成測定と似ていました。何をどんな風に測定するかは、タイムリーにも「Tarzan」最新号に詳しいので、興味のある方はそちらをごらんください。

で、結果は?というとやっぱりこの長いブランクで筋肉はすっかり落ち、脂肪は激増(うひゃー)。傷めている左大腿は右と比べて筋肉量が少なく、そのバランスを取るためかふくらはぎの筋肉は左側の方が多いという結果と相成りました。

確か2年前の私の体組成測定では、代謝量・筋肉量は「スポーツマン」のカテゴリーに入っていたはずなのですが、今回は「普通の人」のレベルでした。がっくり。お腹ぽよぽよだもんな。

故障予防のため、そしてパフォーマンス向上のために先生に筋トレメニューを組んでいただき、以降地道に励んでいます。筋量が増えれば代謝量も増えて脂肪が減るわけで、ダイエットにも有効なはずですね(体重減量ではなく、外観的に)。3ヵ月後に再度測定して、宿題をきちんとこなしたか見ていただく予定です。ブログにも3ヵ月後の成果を報告します(と自分にプレッシャーをかけてみる)。目指せ筋肉質!

| | Comments (2)

17.04.2008

くるくるドームラン

股関節痛がおおむね治り、肝を冷やした足裏痛はあっさり消失したので走り始めました。でもぶり返すのが怖いので、まだ恐る恐る短い距離をゆっくりと。そうこうしていると、ランニングクラブのお姉さまから今週スタートした水曜夜の自主練2時間走にお誘いを受けました。

場所は県立運動公園内のパークドーム。ドームの中だと雨の夜も濡れずに走れます。近所なんだからもう少し活用しなくちゃね。しかーし、1周450mのコースを周回するのはかなり退屈です。まだ10km走ってないし、退屈なドームだし、走れるかなどうしようと悩んだ挙句、1時間で脱落するかもと弱気発言とともに参加することに。

心配していた大腿筋は違和感程度、足裏は(何度か気になって靴を脱いで確認したけど)無事。予定していた1時間を大きく上回って、100分走れました。うーん、めでたい。事前に飲んだスーパーVAAMのお陰で汗もたっぷりかいていい気分。ようやく少し長めの距離を走れる自信がつきました。そろそろ新しいシューズを使ってみようかな。

惜しむらくはランの後。実は仕事が目一杯の状態で、走る直前まで仕事をしていたうえに、オットの帰りが遅いというので、外食することにしたのです。散々悩んだ末、なぜだか脂たっぷりの豚骨ラーメンと餃子、そしてチャーハンというスペシャルコースに突入。これじゃ走ってもスーパーVAAM飲んでも、元の木阿弥だわね。願わくば、豚の背脂が私の背脂になりませんように!

| | Comments (2)

13.04.2008

テーピング

4月開講のランニングクラブ初日。お天気もよく自転車日和となったので、往復15kmの道のりを自転車ででかけました。最初はちょっと恐る恐る、でもひとたびスピードに乗ったらウキウキ。自転車の楽しさを思い出したな~。所要時間は車と変わらないし、これから気候もいいので、できるだけ自転車で通うことに決めました。

Img_1692そして、ランニングクラブ。前回に続いて、身の程知らずの爆走クラスに参加することになりました。第1回目の講座は腹筋測定と、体重/体脂肪測定、そしてタイムトライアル。数日前に足裏を傷めて、まだ違和感が残っているのでタイムトライアルは参加しないことにしました。

その旨を伝えると、主催者であるスポーツショップの方がテーピングを施してくださいました。膝のテーピングは確かに効いたけれど、足裏にも効くのかな?と半信半疑でお願いすると…おおお、何か違う!偏平足気味の私の足にアーチもできてるよー。もちろん違和感のあった部分は、何もなし。重心がかかる場所も違うみたい。試しにちょっと走ってみてください、と言われて1kmジョグしてみたのですが、痛みも違和感も感じることなく走れました。うーん、テーピング恐るべし。

Img_1694お話によると、私はオーバープロネーションで走っているらしく、走るときに重心が小指側に流れるらしいのです。今回、ストライドを伸ばそうとして前方に重心がかかった結果、第2足指付け根近辺が痛んだのだそうな。このテーピングで足指を広げ、横のアーチを作ることによって正しく重心がかかるようになったというわけです。なるほど。今回のテーピングはちょっと複雑だったので写真に残してみました(ペディキュアしておけばよかったな。綺麗じゃない足ですみません)。

キネシオテープだと毎回貼りなおさなければなりませんが、ファイテンのチタンテープだと3日くらい貼りっぱなしにしてもいいそうな。チタンテープは高価なので、これまでは毎日のテーピングにはキネシオテープを使用していました。ですが、私の足裏の場合は貼りっぱなしの方が効果が上がりそうですし、3日間貼りっぱなしでも大丈夫ならチタンテープも割高じゃなさそうですね。

Img_1693 そうそう、ランニングクラブ初日はタイムトライアルでの爆走の後、散りゆく桜をながめながら懇親会となりました。馴染みの顔あり、新しい参加者もあり、これからまた楽しい時間を過ごせるかと思うと心躍ります。

| | Comments (10)

11.04.2008

メンテナンス

「春に三日の晴れ間なし」という言葉の通り、なかなか好天が続きません。それでも今日から明日にかけては雨に降られることなく、あたたかい陽射しを楽しめそうです。

明日は、4月開講となるランニングクラブの初日。お天気も良さそうなので、自転車で行ってみることにしました。そうなると、自転車のメンテナンスも必要です。何てったって、1年以上乗っていないので。そういうわけで今日は自転車のメンテに励んでみました。

Img_1689玄関に鎮座している自転車を外に出して、埃を取り、拭きあげる。本日のメインの作業、タイヤ交換。ひっくり返して分解します。

このタイプの自転車に乗ると、パンクはしょっちゅう。内側のチューブの交換は何度も経験がありますが、外側のタイヤを替えるのは実は初めて。平面のタイヤの片側端をホイールに入れ込んで、さらにチューブを入れて、そして最後にもう片方の端を入れ込む。それだけの作業なのですが、要領を得ないうえに力も弱くて、なかなかうまく行きません。小さな部品やスプレーのノズルを排水溝に落っことして落胆したり、なかなか上手くいかない作業に途方に暮れたりしながら、1時間あまりかかってようやくフロントとリア両方のタイヤを交換。ふう。指先がじんじんする~。長いこと取り替えていなかったタイヤはやっぱり劣化が激しく、ボロボロでした。安全に関わるし、もう少し頻繁に交換しなきゃね。

Img_1690自転車の「関節」部分に油を注す。う~ん良い香りだ(変?)。油を注した部分を布で拭いてピッカピカ。ひっくり返っていた自転車を元に戻せば、いつもの京丸号です。試運転で近所を2周、ちょっとギアのガリガリ音が気になるので近いうちにサイクルショップに顔を出してみよう。道具の手入れは楽しいものです。メンテナンスがもっと上手にできるようになれば、自転車をもっともっと楽しめそうです。

とりあえず明日は自転車で往復できるようになりました。14kmの短いサイクリングですが、自転車に乗ること自体とても久しぶりなので、楽しみです。あっ、自転車で行くとなると、ランニングシューズや着替えをリュックに入れて、背負っていかなきゃいけないんだ~。リュックに入るかしらん? こりゃ大変だ。

| | Comments (6)

09.04.2008

フォーム改善

ランナーの友達は、故障した時のつらさを知っているから、とても人にやさしい。同じ故障を抱えているとなおさら、そのやさしさが沁み入ります。とだひさんも股関節に私と似たトラブルを抱えていて、しょっちゅう症状や原因を語り合う仲間のひとりです。

昨日はとだひさんと、わたしたちが抱える股関節周囲のトラブルの原因はフォームにある、という話になりました。そういえば昨年の東京マラソンの前にも、私の股関節には同様のトラブルが発生していて、フォームを改善したら自然と治まったことを思い出しました。今回、故障から復帰したもののまだフォームのことまで考えられなかったし、痛みへの恐怖からストライドの狭い、腰の引けたフォームになっていたようです。

そこで今日の朝ランでは、腰高のフォームを意識して、ストライドを伸ばすことを念頭に走ってみました。そうしたら、おおお。これまで感じていた大腿の違和感が激減しました。走った後に発生する筋の緊張も随分軽減。何だか目の前にかかっていた霧が一挙に晴れたような気分です。問題は、ゆっくりペースではこのフォームで走れないこと。LSDのようなゆっくりペースでも、フォームを崩さず走ることが新たな課題です。

Img_1685話は変わってこれ、何だと思いますか?

私のランコースのひとつは畑を突っ走る田舎道ロード。そのコースの無人販売所で見つけたシロモノです。100円なり。メロン??と大喜びで購入し、その夜食べてみたのですが、甘味はない。味もない(涙)。そもそもこれはメロンじゃないのかな?

仕方なく塩漬けにして頂いたのですが(これは美味しかった)、販売するからには何らかの調理法があるに違いない。そう考えて、販売所に「食べ方(調理法)を教えてください」と手紙を置いたところ、早速レシピを書いた張り紙が(嬉)! うふふ、文通みたいだわ。

やっぱりこれは摘果メロン。まだ熟してないもののようで、塩漬け、ビール漬け、もしくは白和えで頂くのだそうです。困った挙句に塩漬けにしたのは正解だったみたい。お味はキュウリと似ています。同じ瓜科だしね。塩漬けすると甘味が引き出されるようです。今日は白和えで頂いてみます。まだ見ぬ農家のお母さん、レシピをどうもありがとう。

ランニングの途中のほのぼのとした嬉しい出来事でした。

| | Comments (5)

07.04.2008

完治祝

予定していた「さが桜マラソン」のハーフ出走を取りやめました。ようやく痛みがなくなったばかりの状態で、いきなりのハーフじゃ無謀すぎです。大分のヤマシュウさんと一緒に走る約束が果たせなかったのはとても残念でした。ですが楽しみのひとつであった「桜吹雪の中を走る」という目的は、普段のランコースを外れて運動公園の桜のトンネルの中で果たせました。

Img_1682桜と言えば、我が家の桜も満開を迎えました。窓からこんな風に桜が見えます。…と、うっとりしていたら鳥のお客さんがやってきました。庭に鳥がやってくるだなんて、郊外ならではのささやかな喜びです。よおく見たらどうやらヒヨドリのようです(クリックすると拡大します)。

それから、以前より股関節痛が治ったらお祝いにシューズを買う!と計画を立てていたので、いそいそと買ってきました。先週トレイルシューズを買ったばかりし(これは完治祝いとは別口なのか !?)、完治までもう一歩というところなの、早いかなとちと躊躇したのですが、もう完治祝いしちゃってもいいよね?という気分だったので。

購入したのはミズノ・ウェーブエリクサー。トレイルランシューズを購入した時にも書きましたが、私は偏平足気味で、アーチのあるシューズだと痛みが出て走れなくなります。散々試し履きしてようやく見つけた、土踏まずにまったくストレスを感じないシューズのひとつがこれでした。故障明けのシューズなので、その中でも特に足に優しいものを選択。あれこれネットを見てみたら、NAOJIさんも過去に愛用していらしたことが判明しました(ちと嬉しい)。

Img_1688ミズノは他のメーカーと比べると若干地味な印象がありますが(私の個人的な印象かな)、商品にはランナーの意見が反映されていて好感をもてます。

シューズと一緒にキネシオテープも購入。さあ、走り出す準備はばっちりだ!

| | Comments (7)

05.04.2008

レバーソーセージ

今朝、昨日よりさらに故障部分の違和感が抜けていました。走る前のチェックのつもりで2kmを早足ウォーク。股関節は全くストレスなし、脚の違和感もあとほんのちょっとというところです。走ってみると、また違和感が出るかもしれませんが、走ってよろしいというお墨付きも頂いたことなので、今日は夕方走ってみる予定です。走った後のビールが楽しみだな。

Img_1678 話変わって、昨日見つけた美味しいもの。いつも足を運ぶパン屋(実は経営しているのはお肉屋さん)で見つけた逸品、レバーソーセージです。外国製っぽい包装ですが、中身はこのお肉屋さんが製造しています。スパイスが効いていて美味~。皮もないし柔らかなので、ソーセージというよりペーストだな。カリカリのバケットに、そして赤ワインにぴったり。おまけにレバーなので、鉄分豊富です。今度は自分でアレンジして作ってみようっと。

| | Comments (0)

04.04.2008

一歩前進

昨日は予告通り仕事を早めに仕上げて、いそいそと、でも恐る恐る走ってみた。短い距離をゆっくり。違和感がないわけじゃないけど、股関節も大腿も痛むことなくどうにか走り終え、長かった故障も快方に向かっていると感じられた。ふう、よかった。でも走った後に大腿の違和感がじわじわと発生したので、まだまだ完治という訳じゃないみたいです。先を焦らずこれからじっくりと治します。

今朝は同じ股関節痛を抱えるとだひさんのアドバイスに従って、20分間その場ジョグをやってみました。20分運動しても走行距離が発生しないのはちと寂しいけど、お勧めの通り股関節は痛まないし、そこそこ汗をかいていい運動になる。おまけに私のフォームは腰が引けていて、脚も上がってないので、ももあげトレーニングになりそう。走った後の大腿の違和感もそんなになくて、イイカンジです。

ようやく治りはじめたようです。長い冬から一歩前進。しみじみ嬉しいなあ。この土曜は桜の最後の見ごろ。春の訪れを楽しむつもりです。

| | Comments (0)

03.04.2008

桜満開

ランニングに復帰した時からずっと股関節が不調だった。走ると股関節がギシギシときしみ、周囲筋肉が緊張して痛むのだ。膝と合わせて、この股関節の不調がずっと私のランニング復帰を阻んでいた。そんな中で東京マラソン42.195kmを走れたのは奇跡のようなものだ。あまりに復帰できない私を、マラソンの神様が不憫に思ってプレゼントしてくれたのかもしれない。実際のところは、東京の街を走っている間、股関節も脚もひどく痛んだ。

東京マラソンの後も調子は思わしくなく、いくつかの治療院を行脚する日々だった。故障で走れない日々は長くて暗い冬のトンネルを手探りで歩いているような気分だ。何度も暗がりの中で転び、震え、方向を見失い、そして泣きそうだった。

そして治療院行脚の末、トンネルの先に小さな明かりが見えてきたような気がする。脚に痛みを感じないことを確認した今朝、試しにちょっとだけ歩いてみた。全く違和感がないという訳じゃないけど、これまでウォーク中にも感じていた脚の痛みはまったく感じられなかった。走った後の筋の緊張もない。股関節も痛まな~い!

ようやく走れるかな。完全に違和感もないという状態には至っていないけれど、トンネルの出口の光が明るく見えてきたなあ。う…嬉しい。

スキップしたいような気分で帰宅したら、我が家の桜も満開。Img_1675 Img_1676

今日は仕事を早めに仕上げて、短い距離をゆっくり走ってみよう。冬の長いトンネルにいた私にも、あたたかい春がやってきていますように!

| | Comments (0)

« Mart 2008 | Main | Mayıs 2008 »