« 遠征 | Main | 高尾山へ »

21.05.2008

野辺山ハーフマラソン

週末前後に休暇を追加して長野県南牧村で開催された野辺山ハーフマラソンにでかけてきました。この野辺山はウルトラマラソンで有名なレースですが、ハーフの部も開催されて3年目。初めての信州、妹との旅行も初めてとあって、物見遊山気分の遠征となりました。

Img_1796_3故障がなかなか治らずこのレースを走らないと決めた時には結構へこみましたが、気持ちを切り替えたらすっかり気楽に。新宿発のバスの中から既にビールで乾杯し、道中の景色もたっぷり堪能しました。レース会場のそばには日本一標高の高い駅「野辺山駅」。

宿に荷物を下ろして前夜祭に参加。期せずしてFRUNのなべさんと10年近くぶりに顔を会わせて大感激。噂のヤマジャンさんともお会いしました。

Img_1805そして、JogNoteのお友達のりこさん、まさんと合流。前夜祭はダンスあり、豊富なお食事と飲み物あり、抽選会ありと内容盛りだくさん。チアガールの画像をとるべく前列を陣取ったまさんが印象的。と思っていたら、チアボーイの写真を撮る私も印象的とご指摘を受ける(汗)。

*私信ですが、りこさん、まさん、ネオスさん、244さん、前夜祭の写真あります。必要でしたらお送りしますので、このサイトの右下部分のメールコーナーからご連絡くださーい。

さて翌日のレース。坂が大変だ、いやハーフの坂は大したことないと情報が錯綜するなか、当初から5kmしか走らないつもりの私は大変にお気楽。九州とはまったく異なる木々や山のたたずまいに目を奪われながら、束の間の信州のランニングを楽しみました。

Img_1822 Img_1823

そして予定通り5km地点で終了。初めての収容車に乗せていただいて(!)ゴール地点へ。仲間や妹の到着を待ちます。うーん、なかなか皆来ないなあ。聞けば空気は薄く、坂は激しく、陽射しは暑いと苛酷なコンディションだった模様。妹から「ただ今、渋井陽子選手の状態でありますぅ(涙)」と途中報告が入る。同宿だった男性ランナーは心臓が痛くなったらしい。何だかとても大変なレースだったようです。それでも私が知っている人は皆、ゴールを果たしたことを知り一安心。皆さん、お疲れさまでした。お蕎麦と豚汁を頂き、ウロウロしていたら、早くも100kmウルトラマラソンの一位選手がゴールに帰ってきました(驚)。

Img_1826

激坂もあり、前夜の大雨でぬかるんだダートもある100kmウルトラマラソンの覇者は、ゴール前をキロ4分で走る快走でゴールテープを切ったのでした。その美しい走りにほれぼれ。ゴール時には沿道から大歓声が湧き起こりました。

美しい景色、村をあげての大イベントとしてのレース、いずれもとても楽しめましたが、この走れなかったレースにいつか再挑戦するかというと、うーん、ちょっと微妙だな。私が実際にハーフを完走していなかったためか、何となくウルトラマラソンがメインで、ハーフは付け足しという感じが否めませんでしたし(やっぱり野辺山を走るのならウルトラということなのかな)、レース前日用の宿として観光協会から割り振られた宿でも、レースとタイアップした対応が得られなかったことが少し残念でした。でも前夜祭が楽しかったのでその点はよしとしよう。

今回の旅はこの野辺山ハーフがメインでしたが、他にもあれこれ楽しみました。またここで報告します。

|

« 遠征 | Main | 高尾山へ »

Comments

マラソンを一大イベントにしているのって良いですよね!

前夜祭とかチアボーイ 楽しそう!!

規程キョリの完走おめでとうございます。

Posted by: みんみん | 21.05.2008 at 23:22

絶対、チアボーイの写真を撮っていた京丸さんは目立っていたと思います(確信!)。
やっぱり九州とはちょいとちがった自然なのね。
鎌倉ランのときに、ぬかるんだ山道を走ったけど、それをウルトラでやるなんて、とてもとても想像すらできません。
みんなすごいな~。
走る前の前夜祭、なんか楽しそう。
ホノルルもそうだけど、泊まりがけでランナーどうし交流があるのがいいな。
けいちゃんも無事に完走してよかったぁ。
経過報告には笑っちゃいました。おめでとうございます。


Posted by: とだひ | 21.05.2008 at 23:52

◎みんみんさん

この2日間、村はマラソン一色でしたよ(多分)。前夜祭はラン仲間とのおしゃべりも楽しめたし、チアボーイはウォーターボーイの趣き。遠征ではこういう楽しみがあるのがいいですね♪

とりあえず信州ランニングも楽しめたのでよしとします。またみんみんさんと遠征でお会いしたいですね♪

◎とだひさん

あはは、やっぱり目立ってたかな~。チアガールの中に男子を見つけて「男子だよ、男子~」と騒いでしもうた(笑)。

九州の丸っこい山の姿と比べると、八ヶ岳の切り立った山肌はとても男性的で綺麗だったな~。それに見たことのない針葉樹もいっぱいで、木立の雰囲気が素敵でした。前日はご存知の通り大雨となり、ウルトラランナーはトレイルというよりダートとなった道を走ったようです。本当にその体力、その強さに感服しました。

ハーフもえらくタフだったようです。妹は自己記録に遠く及ばなかったようだけど、あのコースで完走したことを喜んでいました。走らなかった私にとっては「どんなコースだ!?」と少しびびったよ(笑)。

こんな風な前夜祭はランナー同士の懇親もできて、いいイベントだよね。いつかこういう大会に皆で遠征するのも楽しそうだよね。

Posted by: 京丸 | 22.05.2008 at 10:17

わ~きれいな山だね~。
やっぱり金太郎より野辺山の方がずっと景色がいいなー。
前夜祭もあって、みんなでわいわい盛り上がれるのがいいね。
今回は途中棄権で残念だったけど、いろいろと旅行がてら大会を巡るのは楽しいよね!
京丸さんと行くのは、もう少し先の楽しみにとっておこうっと♪

Posted by: みなみ | 22.05.2008 at 21:34

◎みなみさん

おはよん♪ 信州って九州と景色が違うんだね。驚きです。そして前夜祭がとても楽しくて、1000円で飲み放題食べ放題しゃべり放題だったのもこの大会の魅力です。生ビールだったらもっと嬉しいぞ(笑)。

何だか最近の私の遠征はレースよりもむしろ前後の楽しみの方が大きくなりつつありますが、やっぱりそれも重要だよね。美しい景色、美味しいビール、仲間との楽しいひとときがあってこその遠征だわよ。ふふ、いつか実現しましょう。楽しい遠征。

Posted by: 京丸 | 23.05.2008 at 08:24

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 遠征 | Main | 高尾山へ »