« 球磨川サイクリングロード | Main | 秘境を走る:旧八代郡泉村子別峠 »

03.06.2008

中津江へ

軽いギアで激坂も楽々。と、くれば、次は山でしょ。峠でしょ。

我ながら単純さにあきれますが、気を良くした私が次に選んだのは県境の峠を目指すコース。数年前、ワールドカップでカメルーンの選手団がやってきて話題となった中津江へ。

Img_1867

車に自転車2台を載せて、鬱陶しい市街地はかっ飛ばす。

着いたのは菊池市の竜門ダム斑蛇口湖。既に山深い。青空が水に映え、暑い一日になりそう。

今日のコースにはコンビニはおろか、自販機も民家もないはず。そういう訳でおにぎりは先に調達、これで腹ペコ対策もばっちり。

Img_1868湖の周囲にはこんなサイクリングコースが。緩やかだった足許の上り坂の傾斜がどんどん急になっていく。

スタートして10分で坂道コースを選んでしまった自分の単純さをうらむ。こりゃ大変だ。確かにギアは軽いけど、脚力要るよう~。

行けども行けども終わらない上り坂。休みたい~だけど急な上り坂で止まると、再スタートできないので、いたしかたなく漕ぎ続ける。脚はポンプアップし、汗だらだら。いやー素晴らしいトレーニングであります(涙)。

Img_1870_2

Img_1869_3

橋の欄干から湖を見下ろす。おお、もうこんなに登ってきたのか。

Img_1872 Img_1875

山が深くなると木陰もできて少しひんやりする。 それにこの山々は菊池川の水源として、あちこちから水が湧いている。凍らせたペットボトル入りのドリンクに湧き水を入れて、ひと息つく。お、おいしーい(涙)。水を汲みに来ていた男性に「げーっ、自転車で登って来たと?」と、まるでお化けを見たように驚かれる。お化けというより、バカかもしれん…。

Img_1873そして、さらに何度もつづれおる坂道を泣きながら登って、ようやく峠へ。この峠が県境。うわーん、中津江だ!

標識には「中津江村」と書いてありますが、市町村合併で現在は日田市に併合されたのだとか。

*Wikiで見ると、行政地域としての「中津江村」は消滅したけど、住所として日田市中津江村という名称を残しているそうです。なかなか良いアイディアですね。

もう少しペダルを漕ぐと、鯛生金山を経て、中津江村の中心に行けるはずでしたが、峠に到達して気持ちは萎え萎え、足はよろよろ。振り返った目に映る下り坂の誘惑に負けて引き返してしまいました。はあ~弱っちい。オットは物足りなかったらしく、わき道から一人新たな坂道に挑んでました。

Img_1876さて復路。上りであれだけ苦しい思いをしたというのに、下りは怖くてブレーキかける小心者の私。何だかすごく損した気分であります。下りでもペダルを踏めるくらいの度胸があるとちょっとは速くなるんだけどな~。

それでも大変だった往路と比べると復路はあっけなく終わり、本日のサイクリング終了。サイクロメータを見ると何と走行距離35km。がーん。み、短すぎる…。坂に弱い脚であることを思い知りました。しばらく坂道トレーニングに励むとするかな。

そうそう、この湧き水あふれるこの山の一角に、棚田を発見しました。この水田は湧き水を引いてるようです。湧き水で育ったお米、きっと美味しいだろうなあ。

|

« 球磨川サイクリングロード | Main | 秘境を走る:旧八代郡泉村子別峠 »

Comments

私は読むだけなので、坂道を上る苦しさを味わうこともなく、美しい景色とひんやりした空気感をたっぷり楽しませてもらいました。
すみません。なんか申し訳ないです。

Posted by: まこと | 03.06.2008 at 18:05

私は常々、自転車乗りはなんで坂道を好んで走るのだろう?と思っていたのですが、京丸さんも立派な坂道フェチですな。来年はぜひ富士ヒルクライムに挑戦してくだされ♪

中津江も日田も行ったことがあるよ~。日田はお雛様で有名なところだよね。あと日田天領水!観光するにはそれっぽいお土産やさんもたくさんあって、面白いところでした。

あ、そうそううちのオットは体調不良に陥りつつも、無事完走してきました。1時間19分だったって。15分切りは来年に持ち越しだね。

Posted by: みなみ | 03.06.2008 at 20:28

わー、山の緑がすてきです~、写真だけ見ていると極楽ですなぁ。
自転車(←ママチャリ^^;)で坂道はのぼりも下りも苦手です(あ、走るのも・・・、汗)。
ところで。この日はお土産(おいしいお酒)はないんですか(^▽^)?

Posted by: つー | 03.06.2008 at 21:06

うっわー。素敵ですね~。
中津江村ってあの中津江と一緒ですか?
日韓ワールドカップの時に(あれ?どこの国だったかしら)有名になったところですよね?

それにしても坂をバイクで上がるって走る以上に大変かと・・・
Mなんですね(笑)

Posted by: なー | 03.06.2008 at 22:21

◎まことさん

思いっきり上り坂のしんどさを書いてみたのですが、写真の威力に負けました(笑)。いや本当に絶景でしたよ。苦しかったことはすっかり忘れて、もう一度行きたい気分になってます。

◎みなみさん

坂道、好きですよー。しんどくて遅いけど(笑)。

富士ヒルクライム!!いきたーい。だけどそんな上級者レースで私が泣かずに走れるのか!!そもそも、バラした自転車をちゃんと組めるのか!前途多難であります。オットさま、完走おめでとうございます。1時間19分!ですか(驚)。オットさまももちろん坂道フェチですね!

大分の山奥は結構面白いんだよね。日田は木工品なども有名で、木製のカトラリーも素敵です。だけど一番のお勧めはやっぱり山奥の景色かも。

◎つーさん

見て極楽、登りで地獄、下りで恐怖、でありましたー。だけど喉元過ぎれば熱さ忘れる鳥頭。既に「また行きた~い」という気分がむくむくと湧いてきました。バカだなー。

今回は近くに蔵元がなかったので、道の駅で何故か肉をたくさん買ってきました。ふもとの町が畜産で有名なところだったので。はっ、もう少し頑張って足を伸ばせば、日田に蔵元があるんだった!!これはやはり再度行かねば(やっぱり鳥頭だ…)。

◎なーちゃん

そう、あのワールドカップでカメルーンの選手団がやってきた村です。ストだか何だかで遅れてきた選手たちを村をあげて歓迎したというほのぼのしたお話でしたねー。村長さんも有名になったし。中津江村という名前が残ったと聞いて、ちと嬉しかったな。

>>Mなんですね(笑)

はっ、ばれた? みなみさんには負けるけどね(笑)。

Posted by: 京丸 | 04.06.2008 at 09:50

自転車といえばやっぱり山ですよね。
海沿いを走るのも気持ちいいけど、自分は川沿いをどんどん上流に向かって走るのが好き。傾斜がきつくなってくると燃えますっ!(笑)

自分へのお土産買って帰るのはいいですねー。今度私もやってみます♪

Posted by: hisa | 05.06.2008 at 23:52

◎hisaさん

うふふ、hisaさん。Mなご発言ありがとうございます(嬉)←なぜ?やっぱり自転車乗りは山がすきなんだな~♪

1日走った後にゲットするお土産はご褒美みたいで嬉しさ倍増です。アルコールだと疲れた体に沁みるんですよね。うふ。

Posted by: 京丸 | 06.06.2008 at 10:16

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 球磨川サイクリングロード | Main | 秘境を走る:旧八代郡泉村子別峠 »