« 緑のカーテン | Main | 2008年夏 »

07.07.2008

山岳ステージ

Img_2003熊本は日曜日に梅雨明けしました。この青空を待っていたのよ~。3週間ぶりに自転車に乗れる週末がやってきた!

折りしも、土曜からツール・ド・フランスが開幕。ぎりぎりセーフでスカパーの再契約も済ませて、土曜の京丸家はツール一色の一日となりました。例年はプロローグ(個人タイムトライアル)で始まる第1ステージが、今年は通常ステージで幕を開けたのですが、第1ステージから激戦で、んもう大興奮。今年も熱いぞ~。

ツールですっかり触発された私たちは、やっぱり峠をめざすことに。今日は八代市東陽町(旧東陽村)から大通(おおどおり)峠へ。

Img_2009東陽は、先日鹿を見て仰天した旧泉村のお隣。平成の大合併で八代市に合併されて、「村」の名称こそなくなったけど、その様子はまだまだ村そのもので、自然がたっぷり残っている。ありがたいことに、こんなに自然が多いのに舗装路は広く、車は少ない(ダム工事でダンプの多かった五木村とは大違い)。

Img_2011

Img_2012

川に沿って点在する集落には、いくつもの石橋が。石工の里なのだそうだ。古いお寺もある。人里を離れると、山の植物にも目がとまる。あっ、栗だ!

Img_2008_3 Img_2016

右側の植物は何だかわからない(ご存知のかたがいらしたら教えてくださーい)。山の景色を堪能しているうちに、坂はどんどん傾斜を増してきた。

Img_2018_2うへえ~。あの坂道まで登るのかあ。見ただけで脚がよろける。もちろん、オットには先に行ってもらって、一人で泣きながらペダルを踏む。

MTB用のギアをつけたので、ペダルを回せないということはないのだけれど、果てしなく続く上り坂に足の筋肉が悲鳴をあげる。

あーもうだめだ。自転車から降りて、地面に座り込む。何だか脚がじんじん痺れてる。と、その時頭上から自転車が滑走してくる音が。オットが心配して降りてきたのかなと思ったら、別のローディ君でした。ふえー、お恥かしいところをお見せして面目ないっす。

気を取り直して、またサドルにまたがる。休憩が奏効したのか、少しは元気を取り戻した。頭上の坂もどうにかこうにか攻略したし、空が開けてきたから、もうすぐ峠かも!!…と気を良くすると、今度は頭上にこんな橋が。えええええ、これを登るの(涙)!?こんな橋、地図にはなかったぞー!

Img_2019_2ええ、ええ。登りましたです。しかも、その後も橋は次々に頭上に現れ、3つも登りました。ぜーはーぜーはー。

晴れてるのに、ウェアは汗でずぶぬれ。脚だけじゃなくて頭までしびれてきたー!

2回目の休憩でまた途方に暮れていると、今度はオットが降りてきた。「峠までほんのちょっと、がんばれ」という言葉に再びペダルをまわすと…

Img_2026

やったー。峠だ。 涙が出そう。自分の脚で登ってくると、この景色の美しさが何ともありがたく感じられる。山の向こうに八代海、三角半島が見える。今日はよく頑張ったよ(涙)。

Img_2024やはりこの峠にもかつては番所があったらしく、広々としている。峠の茶屋でアイスコーヒーを飲み、お水を分けてもらって、峠を後にする。

今日走った道は、村の峠道の割には整備されていて、道幅も広いため、下り坂ではいつもよりスピードが出せて爽快、爽快。上りと比べるとあっと言う間に下界に到着、到着してみて山の上は随分と涼しかったことに気づいたのでした。

こうして、京丸家の本日の山岳ステージは終了。峠の標高は779メートル。子別峠には負けますが、結構登りました。峠も登ったし、山も堪能したし、村の様子もとてもほのぼのしていたし、大満足のサイクリングとなりました。

帰宅して調べてみたら、大通峠に続く「大通1~3号橋」は平成17年に完成したのだとか。地図を新調した方がよさそうだな。

|

« 緑のカーテン | Main | 2008年夏 »

Comments

いつもながら、上へ上へと登ってますね。高低差のよくわかる写真を載せてくださるので、それを見ただけで「ヒェ〜〜」って卒倒しそうになります。
私はまだ平坦な道しか走ったことがないですが、脚や心臓に悲鳴をあげさせた後の景色って素晴らしいんでしょうね。

Posted by: まこと | 07.07.2008 at 13:38

◎まことさん

写真で「ヒエ~~」と感じていただけましたか。ぜひとも、実物を見て欲しいですなあ。ヒエ~~の度合いが20倍くらい上昇すること請け合いです。いや本当にヒエ~~~~~でした。

まことさんは平坦ロード専門ですか。この前、久しぶりに平坦な道を走ったのですが、却って大変な気もしました。ガッツが湧かないし、下りの楽しみもないので。まことさんもぜひ、山にいらしてください。頂上からの景色は、やっぱり自分の脚で登った方が綺麗です。ふふ、一度登ったら多分病みつきになると思います♪

Posted by: 京丸 | 07.07.2008 at 18:40

素晴らしい風景ですね。去年長野の山に登ったときのことを思い出しました。リフトで上って見る(スキーのことです)景色とは全然違う喜びがありました。
我が家は自転車で上る方向にはならないと思うけど,また高いとこ上りたいなあ。高いとこ好きだなあ。

Posted by: びい | 12.07.2008 at 19:19

◎びいさん

お返事が遅くなってしまってすみません。ちと遠出していました。山登りって達成感を得られますよね。しんどい思いをしたご褒美が景色ですよね。やっぱり楽チンで登ったときと比べると、景色の美しさが違うような気がします。

今年もどこか登山をなさったら、報告してください♪

Posted by: 京丸 | 18.07.2008 at 15:55

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 緑のカーテン | Main | 2008年夏 »