« Temmuz 2008 | Main | Eylül 2008 »

31.08.2008

四万十川

四万十川
足摺岬を経て、本日は愛媛県宇和島市に宿泊します。明日帰宅します。

| | Comments (4)

30.08.2008

土佐の高知の

土佐の高知の
坊さんはいませんでした。

| | Comments (6)

29.08.2008

四国三郎

四国三郎
徳島に着きました!

| | Comments (4)

28.08.2008

今治に着きました

今治に着きました
写真は来島海峡大橋です。

| | Comments (0)

27.08.2008

随兵寒合

お盆を過ぎた後に豪雨が降ったお陰で、この町の猛暑も随分おさまりました。雨が上がった後も、35℃を超えることはなくなったなあ。このまま永遠に続くんじゃないかと思えた猛暑もひと段落です。

Img_1328この町では、9月15日のお祭り(加藤清正を祭る藤崎宮の例大祭。随兵行列が町を練り歩く)の頃までには夏の暑さが収まることを指して「随兵寒合(ずいびょうがんや)」と言うのですが、今年は暑さが早く訪れた分、暑さが収まるのも早く、随兵まで3週間もあるというのに秋の気配を感じるようになりました。夏の終わりはもの悲しいなあ。

しかーし。京丸家ではもう少し夏を楽しむ予定です。明日から、お盆の時期を外した夏期休暇第2弾が始まるのであります♪ 土日を含めて休暇は5日間、そうなると近場の海外に出かけたいところなのですが、今回は予定が二転三転した結果、ドライブしながら国内を行脚することになりました。

仕事の目処も立ったし、荷物も詰めた。後は明日出発するだけ。今回の旅のテーマは「美味しい刺身」であります。現地からも記事をアップするつもりです。明日天気になーれ。

| | Comments (5)

25.08.2008

緑のカーテンその後

前回の記事に書いた通り、今年の夏はイベント盛りだくさんです。と言っても、平日は相変わらず仕事に追われ一日中パソコンと格闘する毎日。外出と言えば食材の買出しくらいと地味なことこの上ない。そんな地味な生活の中で、心癒してくれたのが家庭菜園です。ことに、ゴーヤが作ってくれた緑のカーテンの美しさに、この夏はずっと目を奪われっぱなしです。

Img_2181_3なかなか窓いっぱいに繁らないな~とヤキモキした時もありましたが、今では西日をさえぎるほどに葉っぱが広がりました。陽が当たると、緑のコントラストがさらに美しいのです。実際に、直射日光が当たっていた頃と比べると部屋も幾分涼しくなったように感じます。

惜しむらくは収穫が今一歩だったこと。ゴーヤは家庭菜園で作っても大豊作だという話を聞いていたため、かなり期待していたのですが、我が家の緑のカーテンからの収穫はちょびちょび。それもお盆の頃に途絶えてしまいました。

どうやらこれは、あまりの暑さに水枯れしてしまったのが原因のようです。最近は水やりを控える方がいいという説をよく聞きますが、お盆前のあの猛暑はさすがにゴーヤにも堪えた模様です(ごめんよ~)。お盆を過ぎて、大雨が何日か続いた後にまた雌花がつき始め、小さなゴーヤの実が実り始めました。反省、反省。残る収穫時期1ヵ月は喉が渇かないように、ちゃんと水やりしよう。また、どのくらい成長したかな~とワクワクする朝が戻ってきました。

家庭菜園もやってみると奥が深く、楽しいし、何よりもぎたての美味しく安全な野菜を食べられるなんて、この上ない贅沢です。次シーズンはもっと色々と植えてみたいとやる気満々。庭の空きスペースをどんどんたがやして、農地を拡大しようと目論んでいます。うふふ、楽しみだな。

| | Comments (2)

22.08.2008

2008年夏

最後に更新してから早くも1ヵ月以上が経過してしまいました。その間にも、覗きに来てくださった方もたくさんいらしたみたいで、申し訳ありません。

更新したのは梅雨明け。以降、この町は例年の通りに暑い暑い日がやってきました。ご無沙汰している間に

Img_2044_4

屋形船でもんじゃを食べたり(これは海から見たお台場)

Img_2064

築地で美味しいものをゲットしたり

Img_2085

村を堪能したり

Img_2069_2

家庭菜園に癒されたり

Img_2160

山小屋で濃密な時間を過ごしたりしていました。今年の夏はよく遊び、(そのシワ寄せで)よく働き、よく食べ、よく飲んだなあ(休肝日はどうなったんだ!?)。

このブログを始めたばかりの頃は、毎日の小さな出来事をちまちまと書いていたのですが、少し間が空くようになると、イベントごとがないと書きづらくなり、どんどん筆が進まなくなってしまいました。これからは、もっと気軽に日々思うことなどを書ける場所に戻していきたいなと考えています。

永遠に続きそうに思えた猛暑も、時が経ってゆるみはじめ、秋の足音が聞こえてきました。

| | Comments (10)

« Temmuz 2008 | Main | Eylül 2008 »