« 東北三陸 鉄道と魚の旅 :幸先よし | Main | 東北三陸 鉄道と魚の旅 :2日目サバ三昧 »

27.09.2008

東北三陸 鉄道と魚の旅 :1日目まさに刺身三昧

今回の東北行きは鉄道の旅。普段、鉄道と無縁の生活を送っているので、鉄道で旅をすると考えるだけでもうワクワクだ。

1日目は、まず八戸行きの新幹線に乗り込む。出掛けに妹がお弁当を持たせてくれた。うう、この年になってお弁当を作ってもらえるだなんてと、ちと涙する。

宇都宮を越えたあたりから、窓に見慣れない風景が映るようになった。平野の奥行き、山の形、建物の高さ…私の記憶のなかにある風景とは微妙に違う。

Img_2400お昼を随分回ってから八戸に到着。みなみさんに八戸駅の美味しい寿司屋の話を聞いていたのだけれど、乗り換え時間が短くて寄れずじまい。ざんねーん。後ろ髪を引かれつつ、八戸からJR八戸線に乗り換える。

本八戸を過ぎて、三陸海岸を臨む頃には少しずつ空が明るくなってきた。台風の影響で少し波が立っていて、それが余計にリアス式海岸に映える。うふふ、これが三陸か~。

Img_2401

Img_2403

南下するにつれ乗客は少なくなり、駅もこじんまりとしてくる。この駅は「陸中夏井駅」。列車車両を駅舎にしたような気配。終点「久慈」で三陸鉄道北リアス線に乗り換え、本日の宿泊地「田老」を目指す。北リアス線は八戸線より更にこじんまりとしていて、気づくと乗客は私たち二人だけ。九州とは日の入りが1時間以上早く、深くて長いトンネルの合間に時折、暗くて小さな駅に停まる。駅も、町の灯りもどんどん小さくなる。だ、だいじょうぶか?

前述の通り、今回の旅は急遽決定したため、宿の調査もあまり充分にできなかった。おおまかに旅程を決めて、ネットで宿を探した。1泊目は宮古近辺と決めて探してみたところ何故か「田老」の民宿しかヒットせず、不安を抱きつつ数軒ある民宿のうち、レビューが掲載されているところを選んだのだ。民宿かあ…、どんなところだろう。不安だなあ。

降り立った「田老」の町は6時半というのに夜中並みに真っ暗、駅前も閑散としている。単に日の入りが早く、市街地は駅から離れているだけだったのだれど、見知らぬ町で不安を募らす私たち、本当にだいじょうぶか!とドキドキしながら本日の宿「丸仙」に到着。

お食事は民宿に併設された寿司店で。ご主人が板前さんです。実は、刺身好きの私たち、事前に「できれば刺身中心で」と無理なお願いをしたところ…

Img_2408

本当に刺身三昧だったー!! あっ、右上はするめいかのワタ焼。これだけ刺身じゃないけど、激うまでした。

Img_2409

これはサンマ。このお皿で一人分です。驚きの美味しさでした。この日一番のヒットかも。この宿の本来のお食事はこんな風に刺身ばかりではなく、バランスを取って色んな海の幸のお料理が楽しめるのですが、無理な我がままを聞いていただいたお陰で、本当に刺身三昧となりました。

Img_2411

さらに、どーん。実のところ、この3つ目のお皿がやってきたときには「ええっ、まだ来るんですか!」という状態でした。だけど、お願いして作っていただいたお刺身ですから、気合で美味しく頂きました。最後は涙目状態だったけどね。いやはや美味しかったー!

その後、私のお腹にはお味噌汁もご飯も入る余地はなく、部屋に帰るなりバタンキュー、布団に撃沈。

このお宿、素晴らしかったのはお食事だけでなく、部屋もとても広く、トイレも洗面所も曇りひとつなく磨かれていてピカピカ。とても快適でした。不安に思ったりして、申し訳なかったな~。いつの日か、また訪れたいと思う場所がひとつ増えたのでした。

|

« 東北三陸 鉄道と魚の旅 :幸先よし | Main | 東北三陸 鉄道と魚の旅 :2日目サバ三昧 »

Comments

もう、やだっ! ずるいっ!
おいしそうじゃありませんか!!
いや、おいしかったんですよね。そりゃそうだ。

ここ、行きます。絶対に、行きますよぉ~。
クチコミより、もっと確実な「実録」ですからね。

先日、北上でフィットネスフェスティバルに参加したとき、金沢からいらしていたインストラクターの先生が、仰っていました。
「東北の田園風景は、北陸と違う」と。
やっぱり、平野の奥行きにびっくりしたそうです。
私には、全く不思議に感じない景色なので、むしろ京丸さんのお宅のほうへ行った時、びっくりするんだろうな。
はい、熊本も行ってみたいです。

Posted by: 海実子(みみこ) | 27.09.2008 at 23:23

げぇ〜〜〜、またお刺し身ですかぁ。
日本縦断お刺し身紀行ですね。
おいしいものに囲まれて幸せそうな様子が文章からいっぱい伝わってきましたよ。
いいお宿に泊っていいお料理を食べると、いい旅行をしたなって気持ちになれますもんね。

Posted by: まこと | 28.09.2008 at 13:11

◎海実子さん

うふ。このお宿、お魚が好きならオススメです。海実子さんもぜひ、機会があれば訪れてみてください。あ、もちろんご一緒に行くのもいいですね~。

そっか、海実子さんにとって東北の風景は見慣れないものではなかったのですね。あの奥行きが広く丈の低い眺め、そして遠くにそびえる深い山は、九州にはない光景です。九州は…海実子さんにとって見覚えのない風景なのかな。ぜひ、海実子さんの目で確かめにいらしてください。お待ちしています。

Posted by: 京丸 | 29.09.2008 at 08:15

◎まことさん

ああああ、まことさんにとっては目に毒な話題ですみません。次の記事は少しだけ刺身度がダウンしておりますので、今回ほどの衝撃はないと思われます。これに懲りず、拙ブログにはいらしてくださいね~♪

ここのところ旅づいている京丸夫婦ですが、旅の良し悪しは食べ物で決まる!ということを再確認した次第です。ほんっとに幸せ満喫した旅行でしたよ。まことさんも幸せ~な旅を堪能できるよう、養生なさってください!!

Posted by: 京丸 | 29.09.2008 at 08:19

うわ~すごい刺身三昧だね!
民宿ってどうも不安だけど、こういう当たりの所もあるから旅って面白いよね。
写真がまたすっごく美味しそうに撮れてる~~♪

次は三陸方面に移動の巻きだよね。楽しみ!

Posted by: みなみ | 30.09.2008 at 21:12

日曜日、みなみさんと一緒だったので、
「『みんなで』行くのが良いなって思ったんですよ」
という話をしたんですよ。
ラン友で、ココに行くのいいですよねっ!?
いつか、実現したら良いなあ。

Posted by: 海実子(みみこ) | 01.10.2008 at 00:30

◎みなみさん

そうなの、希望の通り刺身三昧でした。宿については情報も少なくて不安も多かったんだけど、ばっちり当たりでした♪

2日目以降の更新が滞っていてすまな~い(汗)。そろそろ更新します!!お楽しみに♪

Posted by: 京丸 | 01.10.2008 at 08:34

◎海実子さん

田老のランニングコースを探索しておけばよかったな~。だけど、ラン友とわいわい美味しいものを食べるツアーの宿泊地としてはサイコーです。ここだけの話、実はお値段も激安でした。ぜひともまた行きたいな~。今度は海実子さんや、みんなと!

Posted by: 京丸 | 01.10.2008 at 08:37

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 東北三陸 鉄道と魚の旅 :幸先よし | Main | 東北三陸 鉄道と魚の旅 :2日目サバ三昧 »