« 四国刺身の旅:5日目佐田岬旅の終わりは | Main | 四国刺身の旅:四国雑感 »

10.09.2008

四国刺身の旅:先端探訪隊

今回の四国の旅では、刺し身だけを追求していたわけではありません。自分(&オット)が思いのほか先端を追求したいタイプであることがわかりました。そう、岬を探訪してきました!

今回の旅は三崎港から始まり、四国の海岸線を舐めるように走る旅でした。時間のロスを考えて、小さい道を外れてやむなく国道を走ったことも多かったのですが、それでも色んな岬に足を運びました。目の前に広がる海の表情はそれぞれに異なり、海を前にしてその時々に色んなことを考えました。

初日の愛媛では今治市、来島大橋にかかる先端。

Img_2202

Img_2203

たくさんの小島に囲まれる瀬戸内海は、穏やかだった。お天気がよければねー。

そして室戸岬。

Img_2271_2

Img_2267

右側は弘法大師が修行をなさったという「御厨人窟(みくろど)」。この洞窟の中から見える風景は空と海のみ。それで名を「空海」と改めたというお話です(みんみんさん談)。室戸岬にほど近い場所にあります。弘法大師も先端好きだったのかもね。

お次は足摺岬。

Img_2318_2

Img_2316

愛媛に入って由良半島先端を目指す。あまりのリアス式、行けども行けども先端に到達しなーい。車酔いしました(汗)。

Img_2339

Img_2341

海に見える白い点点は真珠の養殖です。穏やかな様子が見てとれますね。

最終日はすんなり帰るのが惜しくて八幡浜の「諏訪崎」へ足を運ぶ。

Img_2355

Img_2356

車を降り、先端に向かってトレイルを歩く。うわー、走りたかったぞ。長い長いトレイルを歩くといきなり目の前が開けて、眼下に先端が!

Img_2358

Img_2359

佐田岬でも、駐車場から先のトレイル(岸壁?)を歩いて行けば先端を臨めるのですが、残念ながら時間切れ。これも次回に残す課題ですね。車で踏み入れることのできる限界まで足を運んで、引き返しました。

ですが、佐田岬半島に立ち並ぶ風車がそれはそれは圧巻。細長い佐田岬半島に20機もの風車が風を受け、地道に働いていました。

Img_2377今回の四国旅行は、さまざまな海を眺め、知らない町で美味しいものを堪能する幸せな旅でした。あ~、また行きたいな。

|

« 四国刺身の旅:5日目佐田岬旅の終わりは | Main | 四国刺身の旅:四国雑感 »

Comments

いいなあ、いいなあ、いいな~~~あ~~~!!!

お刺身も良かったけど、海もいい!!
海、大好きです。海実子ですから!!

一番いいなと思ったのは、諏訪崎かな~?
でも、風車もいいし、来島大橋もいいし、どの海もすごくいいです!
室戸岬は、「ああ、台風襲撃しそうな岬ね」なんて思ってしまったりして。
空海は、若い頃ちょっとあこがれたりしたこともあったなあ。

ああ、今まで、四国を旅しようなんて考えたこともありませんでした。
一生に一度は、いえ、一生に何度でも行くべし!四国!!

Posted by: 海実子(みみこ) | 10.09.2008 at 20:10

◎海実子さん

お刺し身がお好きで、海がお好きなら、ぜひ四国へ。ええ、何度でも。

瀬戸内の温かで穏やかな海、激しい鳴門、広くでっかい太平洋、小島が立ち並ぶ南予と色んな海が楽しめまっせ。そして勿論お刺し身も。

私はいつかお遍路の旅をしてみたいな~とも考えてます。定年後にはご一緒にお遍路というのも良さそうですね♪

Posted by: 京丸 | 10.09.2008 at 21:37

頭の中に「岬めぐり」のBGMが流れたよ~♪
四国はこうしてみると、有名な岬がたくさんあるのですね。
最終日はお天気にも恵まれて、よい旅の締めくくりができてよかった!
走行距離もずいぶん伸びたね。いつか自転車を積んできても楽しそう。
私もいつか必ず四国へ行ってみます。
何かローカルな大会についでに出てみたいな~。

Posted by: みなみ | 11.09.2008 at 16:57

◎みなみさん

懐かしいな~「岬めぐり」♪うん、確かに岬めぐりだったよ。

全般的にお天気は芳しくなかったのですが、最後に晴れてくれたお陰で、頭の中には晴れ渡った空の色ばかり残っています。終わりよければ全てよし、ってことね。

次回は自転車を積んでいきたいな~と考えてます。レースにかこつけて旅行するというのも楽しそうだな~。いつか企画しましょう♪

Posted by: 京丸 | 11.09.2008 at 19:01

岬の天気はどんよりと曇り空がいいな。
打ち寄せる波濤、砕け散るしぶき。
風に吹かれてなびく髪。
この水平線はどこに続いているのだろう・・・。

んんん、自分に浸るにはこの上ないシチュエーション。足摺岬の写真がそれですね。

あ、もちろん旅行は楽しくスカッと晴れてなきゃイヤだけどね。風車の天気がいいね。

Posted by: さまりす | 14.09.2008 at 23:19

◎さまりすさん

旅のほとんどは曇天で、特に高知の太平洋を臨むときにはぱーっと広がる青い海が見られなかったのが残念でしたが、さまりすさんがおっしゃるように岬の景色は、曇り空でも心にしみました。
室戸では、自分の足で辿った先端の海辺の写真を掲載しましたが、灯台は背後にそびえる岸壁の上にあり、そこから臨んだ曇天の太平洋もまた素晴らしかったです。晴れていればそれはそれで楽しめたのでしょうけれどね。それにしても岬はなぜ、こうも人の心を惹きつけるのでしょうね。

こうして曇天続きの旅でしたが、最終日に晴れてくれたお陰で旅は爽快な印象で終わってくれました。終わりよければすべてよし、ですね。

Posted by: 京丸 | 16.09.2008 at 08:37

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 四国刺身の旅:5日目佐田岬旅の終わりは | Main | 四国刺身の旅:四国雑感 »