« 四国刺身の旅:四国雑感 | Main | 東北三陸 鉄道と魚の旅 :1日目まさに刺身三昧 »

25.09.2008

東北三陸 鉄道と魚の旅 :幸先よし

四国から帰って2週間しか経ってないというのに、今度は東北を旅行してきました。実は、四国旅行ですっかり国内旅行の楽しさにも目覚めてしまった私たち、久しぶりにオットが東京に出張することになったため、私も期限切れになりそうなマイレージを使って一緒に上京し、そのまま小旅行に出かけよう!ということになったのです。

急に決めた旅行だったため、ネットを駆使して前々日まで、あーだこーだと旅程の打ち合わせ。その結果、今回は一ノ関までの新幹線往復きっぷとフリーエリア(一ノ関から八戸およびその近辺)のきっぷがセットになった「岩手・三陸フリーきっぷ」を使いまくって、三陸を巡り、美味しい魚を食べることに決定(また魚だよ)!自分自身、それほど「鉄分」が多いとは思っていなかったのだけれど、鉄道の旅に出かけると思うと心が躍るのだった。

初日午後は、まずみなみさんとデート。怪我でよろよろの足を引きずって会いにきてくれた。うわーん、ありがとよ~。束の間の限られた時間のデートだったけれど、あったかい時間を過ごす。遠くに離れていても心が近いと、距離を感じないものなんだなとしみじみ思う。こんなあったかい気分でスタートするんだから、今回の東北行きもきっと良い旅になりそうだな。

そして夜は仕事の済んだオット、それから妹夫婦と待ち合わせて、阿佐ヶ谷のイズミルへ。何度かここにも書いたように、イズミルのシェフ、エリフとシュレイマンは今の店が阿佐ヶ谷にできる前、板橋のお店の頃からの友達だ。阿佐ヶ谷の店には、私は何度か足を運んだのだけれど、オットは出張の時もなかなか伺えないままだった。この機会を逃すわけにはいかーん、ということでオットは5年ぶりのイズミルへ。

Img_2390_2オットと一緒にエフェス・ピルセン(トルコの代表的ビール)を見るだけで、何だかうるうるだ。そしてエリフと会うと、あの頃の出来事が色々と蘇ってくる。お互いに楽しいことも、苦しいこともあった。短い間に私たちは結構、濃い~おつきあいをしていたのだ。

板橋の店は路地裏にあり、今よりもずっとこじんまりとしていた。それに比べると今の阿佐ヶ谷のお店は駅前で、シックだし、テーブルの数も随分増えた。いつ来てもお客さんでいっぱい。そりゃそうだ。エリフの作るトルコ料理はサイコーだからね。エリフ達の活躍がしみじみ嬉しい。だけど、閉店後に貸切にして4人で唄ったり踊ったりしていたあの頃がちょっとだけ懐かしくなったりして。

Img_2392

Img_2393

左の写真はメゼ(冷製)盛り合わせ。ひとつひとつ丁寧に作ってあります。右の写真は手羽のグリル。イズミルに来ると、あれこれと盛り上がってしまって、写真を撮り忘れてしまうのが難点です。今回もケバブ系の写真を撮りそこないました。

Img_2394

Img_2395

そして左側の赤っぽいお料理は、東南アナトリアあたりでよく見かけた料理。イズミルのメニューに書かれていた名前は覚えていないけど、アンタクヤ(ハタイ)では「タウック・ソテ(チキンソテー)」とシンプルな名前だった。チキンとトマト、ナス、玉ねぎ、青唐辛子などを炒め、グリルした料理。まさに、ハタイの味がして懐かしかった。そして右側は、トルコの伝統的なアニス酒、ラク。ケバブよりもこのソテによく合いました。お腹いっぱい、そして胸もいっぱいになった私たちは、翌日以降の東北の旅に向けて、さらに妹宅で飲み直すのでした。

|

« 四国刺身の旅:四国雑感 | Main | 東北三陸 鉄道と魚の旅 :1日目まさに刺身三昧 »

Comments

みなみさんと会ったのに飲まないなんて休肝日同盟の鏡だ、と思っていたら、こんなところで飲んでいたのですね(笑)。京丸さんにお会いできなくて残念です。あと2kmだったのに(笑)。

Posted by: まっち | 25.09.2008 at 20:54

◎まっちさん

そう、イズミルに行くたびに、いつかまっちさんを呼び出しちゃおと目論んでいる京丸です。

この日の午後はみなみさんと充実のトークタイムを過ごしたのですが、今回は昼ビールを飲むこともなく(えっへん←自慢か!?)、その分は夜にしっかり頂きました♪ 休肝日…夏の暴走のツケが回ってきました。目標達成は危ういなあ~(汗)。

Posted by: 京丸 | 26.09.2008 at 08:29

ふふ、あの日は本当に楽しかったね~♪
お陰で私の怪我の治りも早かったです。

イズミル、本当に美味しそうだ!
いつか連れて行ってね。
私はトルコ料理って食べたことがないのよ~。
そうだ、まっちさんを呼び出すときにぜひ私もご一緒させてください。はるばる阿佐ヶ谷まで行っちゃうよ。

さて東北のおいしい旅はどんなんだったかな~?

Posted by: みなみ | 26.09.2008 at 09:14

◎みなみさん

いやはや、痛む足をおして、会いにきてくれてありがとう。何気ない普通の話がしみじみと嬉しいひと時だったよ。

イズミル、ぜひとも行きましょう!私がご一緒したら、スペシャル説明つきだわよん♪ まっちさんにも来ていただいて、トルコ料理の夕べを楽しみましょう! あ~楽しみだなあ。

東北の美味しい旅、ぼちぼち更新します。お楽しみに~♪♪

Posted by: 京丸 | 26.09.2008 at 20:07

初めまして。私も板橋のイズミールよく行っていました。美味しかった・・・・(今より安かったし)。今でも色々思い出します。
カウンターのすみっこで子供がご飯食べてたり、宿題してたり、下町っぽくてよかったですよね。そして踊ったり歌ったり。

昨晩、紅白歌合戦で、アンジェラアキを見ていたら、エリフさんを思い出しました。

Posted by: ロザリーまちだ | 01.01.2009 at 11:01

◎ロザリーまちださん

初めまして。そしてあけましておめでとうございます。お返事が遅くなり申し訳ありません。

ロザリーさんも板橋のイズミルにいらしてたのですね。板橋は短い期間でしたし、ひょっとするとお会いしていたかも。私は大きくてシックになった(そして値段が高くなった)今のお店よりも、やっぱり板橋のお店の方が好きです。店にいる人みんなの距離が近かったですよね。

アンジェラ・アキ…確かにエリフに似てますね!

ロザリーさんのブログも拝見しました。私は九州在住ですが、東京では板橋(&練馬)あたりをウロウロしています。またどこかでロザリーさんとお会いすることがあるといいな。

また、京丸堂へも遊びにいらしてください!お待ちしています。

Posted by: 京丸 | 05.01.2009 at 10:20

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 四国刺身の旅:四国雑感 | Main | 東北三陸 鉄道と魚の旅 :1日目まさに刺身三昧 »