« 四国刺身の旅:先端探訪隊 | Main | 東北三陸 鉄道と魚の旅 :幸先よし »

12.09.2008

四国刺身の旅:四国雑感

四国の旅、ひっぱるなー。でも今回で終わりにします。四国を旅していて、あれこれ感じたこと。

◎愛媛はタルトだらけだった。一六タルトの台頭っぷりに驚いた。しかもハタダの栗タルトというライバルもいるので、愛媛はますますタルトだらけだ。辻々にタルト屋が軒を連ねている。そんなに需要があるのだろうか。ちなみに両方試してみたが、私は一六タルトが好みだった(もしや、タルト屋はこういうヤツで生計を立てているのか)。

◎香川はうどんだらけだった。

◎香川の川にはことごとく水がなかった(後に早女浦ダムの貯水量が0%となったことを知る)。うどん屋、大丈夫か!?

◎徳島ではうどん屋よりもラーメン屋が多かった。

◎徳島に入った途端に風景が南国化した。

Img_2286_2◎そして高知は龍馬だらけだった。

◎高知は現在も龍馬のお陰で潤っているようだ。龍馬という名前で得る観光収入は莫大と推察する。道理で高知で龍馬が人気なわけだ(違)。

◎高知で「たっすいがは、いかん!」というポスターを何度も見た。どういう意味?

◎高知では朝6時の町に酔っ払いがたくさん生息していた。朝市で飲んでいる人も。ひょっとすると前夜からぶっ続けで飲んでいるのか?

Img_2387 ◎室戸岬の「海の駅とろむ(逆から読んでね)」で購入したカツオのスモークには「いずま」という値札が貼られていた…。美味しかったけどね。

◎宇和島の料理屋は午後9時頃に閉店するところが多い。酒飲みは困らないのか。

以上、謎も深まった四国の旅でありました。

|

« 四国刺身の旅:先端探訪隊 | Main | 東北三陸 鉄道と魚の旅 :幸先よし »

Comments

四国よいとこのようですね~。わたしは、四国のことよく知らなかったので、勉強になりましたっ。行きたくなりました~。とにかく、料理の写真!もはや、衝撃写真のカテゴリーになるのではないかと。
ああ~~、行ってみたぃ~!!!!

Posted by: たこ | 13.09.2008 at 13:48

◎たこさん

たこさんもまだ四国は未踏の地? 九州からは遠いようで本当に近かったです。四国の旅、時間があれば私たちのように地道を走ってもいいし、短い旅行なら高速をぶっ飛ばして要所を辿るのも合理的です。何しろ魚が美味しくてノックアウトされました。たこさんもいつかぜひに!

Posted by: 京丸 | 14.09.2008 at 08:56

室戸岬は芸能界チックですね。(芸能界では「ずいま」ですが)

讃岐うどんやにはおでんはなかったですか?ボクが行った店2軒にはいずれも串刺しおでんを1本50円とかで売ってました。

こんな旅滅多にできないよね~。今のところまだ冷めてないので、来年は検討します。そんときは教えてね。

Posted by: さまりす | 14.09.2008 at 23:23

◎さまりすさん

「とろむ」で見つけた「いずま」が本当はどんな意味なのか、今度行ったらぜひとも確かめてみたい京丸です。

うどん屋におでん、ありました。ありましたよ~。食べたかったんですが、その日は「うどん屋2軒で食べ比べた後に、徳島の夕飯に向けてお腹を空かす」というミッションがあったため、うどん以外のメニューを試せず。1軒目ではトッピングの揚げ物すらあきらめた次第です。うどん屋のおでんも次の課題だなー。

じっくり時間をかけた旅でしたが、行けば行くほどに課題の増える四国の旅。それだけ魅力があるということなのでしょうね。さまりすさんもぜひぜひ。気持ちがこのまま冷めないことを祈ります(←一緒に盛り上がりたい)。行くことになったらぜひにご連絡くださいっ!

Posted by: 京丸 | 16.09.2008 at 08:43

かなりご無沙汰なモトチカであります。
両親共に高知産なものでして
「たっすいがはいかん」についてご説明をば。

たっすい、たすい
とは弱弱しいとか、頼りない、というニュアンスです。
これ、たしかキリンビールの広告ですよね。
ピリッとしてなきゃビールじゃない!とか
そんな意図で使われたと思います。
最近はあんまり使われない表現だったみたいですが
このキャッチコピーが広がってから
そんな弱弱しいことじゃダメだ!
という時に「たっすいがはいかん」という人が増えたそうです。
走ってる時に弱気になったら
たっすいがはいかん!
と絶叫だ~

Posted by: モトチカ | 20.09.2008 at 21:53

◎モトチカさん~♪

いやー。ご教示ありがとうございます。謎は深まる一方で、全然解決してなかったのですが「弱っちいのは、ダメだ!」という意味なんですね。勉強になりました。今後は、弱弱しくなりそうな時には「たっすいがは、いかん!」と絶叫することにしますっ。

このポスター、高知の繁華街で何度も何度も目にしました。土佐の方のハートをがっちり掴んだコピーなのですね。いや、私のハートもがっちり掴まれました。

「たっすいがは、いかーん!!」

Posted by: 京丸 | 22.09.2008 at 15:28

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 四国刺身の旅:先端探訪隊 | Main | 東北三陸 鉄道と魚の旅 :幸先よし »