« 東北三陸 鉄道と魚の旅 :1日目まさに刺身三昧 | Main | 東北三陸 鉄道と魚の旅 :3日目東北人の唐揚 »

02.10.2008

東北三陸 鉄道と魚の旅 :2日目サバ三昧

なかなか記事が進みません。それもこれも「篤姫」再放送のお陰だ。

Img_2420田老では、翌朝までお腹一杯。腹ごなしに早朝「三王岩」まで歩いてみたけれど、私にしては珍しく朝ごはんを完食できず。おそるべし田老の刺身三昧。

もっと田老でゆっくりできるのなら「浄土ヶ浜」を巡る観光船などを楽しめたんだけど、それは次回のお楽しみにして、早々に宿を出て向かうは中尊寺。

Img_2429

Img_2432_2

Img_2434

三陸鉄道北リアス線で宮古へ。三陸の駅にはあちこち大漁旗が掲げられている。海が豊かさをもたらしているんだな。

Img_2433宮古からは「JRはまゆり」で花巻を目指す。リアス式海岸とお別れして、今度は山村を走る旅。花巻で軽く昼ごはんを食べて、今度はJR東北本線で平泉へ。途中、ラン友のイノさん、ふっきいさんがお住まいの町も通過する。ネット経由で知り合った友達が本当に日本の色んな町に住んでいるんだな。

歴史のある平泉の建造物をじっくり堪能した後、一ノ関に向かい新幹線に乗り込む。本当は「IGRいわて銀河鉄道」に乗りたかったのだけれど、少し疲れたのでとっとと本日の宿泊地、八戸を目指すことにした。

新幹線で再度、八戸に到着。そして昨日のことなのに何故か懐かしい東北本線で本八戸へ。八戸といったら、やっぱり魚でしょう。うふふ。八戸の美味しいものガイドブック片手に繁華街をぐるんぐるん回る。散々歩き回って選んだお店は屋台村「みろく横丁」にある「サバの駅」。ネットでの評判も上々のお店。

そしてこの「サバの駅」のサバ三昧がこれまた美味しかったのだ。土佐清水では微妙に時期が早くサバの脂の乗りが悪かったのだけれど、3週間経ったサバは、とろっとろ。残念なことに台風の影響で当日水揚げされた生のサバはなかったのですが、限りなく生に近いシメサバがことのほか絶品で、お代わりして堪能しました。他の魚の刺身がかすんでしまうほどの美味しさでした。

Img_2450

Img_2452

お通しはもずくと山芋。刺身盛り合わせとシメサバ。

Img_2451

Img_2460

焼きサバの串。これがまたまた絶品なのだ。そしてシメサバ、アゲイン~。青森県の形のお皿に盛られてます。

Img_2454

Img_2456

そして、サービスで頂いたイカワタの味噌づけ。まったりと深い味わい。酒好きにはたまりません。切る前の大きさは右の写真くらい。これは1週間ほど味噌漬けした後ですから、捌いたばかりのワタはもっと大きいはず。

青森弁がキュートなお店のご主人、そして隣り合わせたお客さんと大いに盛り上がる。途中からお酒を交換したり、注文した品を互いに味見したり。挙句の果てにはお一人が自転車乗りだということが判明(自転車乗りは絶対数が少ないので、これまた盛り上がるのです)。普段の生活では出会うはずもない人と出会い、語らい、心を通わせるだなんて、近頃の旅にはなかったこと。美味しくてあったかい八戸の夜は実に印象的でした。八戸にもまたぜひ行きたい!今度は脂の乗ったサバを刺身で!そういう訳で、いつかまた東北を旅行することに決定したのでした。

|

« 東北三陸 鉄道と魚の旅 :1日目まさに刺身三昧 | Main | 東北三陸 鉄道と魚の旅 :3日目東北人の唐揚 »

Comments

サバっ!! 大好き大好き!!!
(嫌いなものはないのか?お前???)
青魚だろうがなんだろうが、好きなのですよ。
生臭いの?全然平気。
何しろ、イカの塩辛でお茶漬けできちゃいますから。
ああ、いいなあ・・・。

京丸さんっ!!
いつかまた、なんて言ってないで、みんなで行きましょう、みんなで!!
どこかで合流で、みんなでこのルート楽しみましょうよ~♪

Posted by: 海実子(みみこ) | 02.10.2008 at 22:47

◎海実子さん

私は数ある魚の中でサバが一番好きなんです。脂の乗った今の時期のサバは最高!鯛よりもヒラメよりも断然サバ!気が合いますな~。

そゆわけで、八戸サイコーでした!ぜひともまた行きます!しかーし!このルートを再現するとなると、けっこうしんどいでっせ。観光は中尊寺のみ、後はひたすら電車に乗る旅だったので、鉄道好きでないと苦痛かも。でも電車でしこたまおしゃべりできるという利点もあります。うふふ、行く?北東北。

Posted by: 京丸 | 03.10.2008 at 08:36

ふぅ~読んでるだけでお腹いっぱいだよ♪
京丸ご夫妻=刺身好き、というのがしっかり頭にインプットされました。
東北弁、特に津軽弁はわかりにくかったと思うけど、なんか温かみがあるでしょ~。
九州から来た、って言ったら大歓迎されたんじゃないかな。
今度はねぶた祭りの時にでも、ぜひまた行ってみてね!(って、私も実はねぶた祭りには行ったことがないんだ~。)

Posted by: みなみ | 05.10.2008 at 13:47

◎みなみさん、おはよん♪

八戸ではオススメいただいた寿司屋には行けなかったのよ、残念。だけど、現地のおばあちゃんの津軽弁は聞いてきました。すごかった~。

そして、おっしゃる通り九州から来たと言っただけで、とても歓待されました。東北はあったかかったよー。

すっかり東北に魅了されてしまったので、今度はねぶたをはじめとして色々と旅してみたいな~と考えてます。またアドバイスよろしくね!

Posted by: 京丸 | 06.10.2008 at 08:36

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 東北三陸 鉄道と魚の旅 :1日目まさに刺身三昧 | Main | 東北三陸 鉄道と魚の旅 :3日目東北人の唐揚 »