« 東北三陸 鉄道と魚の旅 :2日目サバ三昧 | Main | 「ハレ」と「ケ」 »

06.10.2008

東北三陸 鉄道と魚の旅 :3日目東北人の唐揚

ちんたら更新しているうちに、窓の外から金木犀の香りが漂うようになりました。

さて、最終日。前夜にビールと日本酒をしこたま飲んだお陰で、翌朝は久々によれよれの二日酔い。しかーし!八戸名物の日曜朝市に出かけなくては。市場好きは二日酔いなんかに負けちゃいられません。

JRは運行本数が少ないため、市街地を走る100円バスに乗ってJR陸奥湊駅近辺を目指す。バスの車窓から、小規模ながら賑わっている別の市場も次々と発見。この町の台所はこうした市場に支えられているようです。後ろの席にはあちこち市場をはしごしていると思しき高齢の女性が二人乗り込んできた。…うーむ、八戸弁とは何とも不思議な響き。時々、外来語のように既知の日本語が断片的に耳に届くものの、まるで外国語のよう。言葉で糊口を凌いでいるものとしては、ちとマスターしてみたい気分に駆られました。その流れるような八戸弁に聞きほれているうちに市場に到着!

Img_2467 Img_2465Img_2466

午前3時から開くこの朝市は既にお客さんでごった返している。イカや魚などの生鮮品はもちろん、ウニの瓶詰めなどの加工品、惣菜、花、雑貨、焼きたてパンにエスプレッソコーヒーなどまで、ありとあらゆる店が軒を連ねている。観光朝市ではなく市民の台所なので生ものを買って帰ることは泣く泣くあきらめたものの(宅急便や冷蔵サービスなどがなかったので)、見たことのない魚や果物を目の当たりにするだけで狂喜乱舞。何だこれーと驚嘆する私にあちこちから声がかかる。お店の方も、お客さんもみんな温かかった。ああ、やっぱり市場好きにはたまらん。次回は市場近くの寿司屋にも行きたいものだ。課題山積。

こうして二日酔いも吹っ飛ぶ八戸の朝市を堪能して、東北の旅は終了しました。2泊3日駆け足で北東北を巡る旅、それもほとんどは列車に乗っていて、観光は中尊寺のみという味気なさそうな旅行だったというのに、終わってみればあちこちで人の優しさに触れた良い旅でした。

聞くところによると東北人と九州人は根っこの気質が同じらしく、東北人を唐揚にしたら九州人になるという。あはは、妙に納得。あちこちでかけてもらった言葉、東北の人たちのホスピタリティがしみじみ心の琴線に触れたのはそういう理由なのかもね。

   *この朝市で入手した「ひめんこ」という梨がようやく食べごろとなりました。見かけが洋ナシ風なのでチーズと生ハムで試してみます。楽しみ楽しみ。

|

« 東北三陸 鉄道と魚の旅 :2日目サバ三昧 | Main | 「ハレ」と「ケ」 »

Comments

ご無沙汰しております。
まさかこちらに 鉄道 タイトルの日記が登場するなんて、
大変嬉しく拝見させて頂きました。\(^O^)/

出張に+αして遠路に出向く。コレは美味しいパターンですよね。(^^;)
乗り鉄旅、ダイヤを紐解く計画立案の楽しさ(悔しさになることも)、
ジモティと触れ合える車中の楽しさ、移動中も呑める嬉しさ、
等々満喫された事とお察し致します。(^^)

にしても、シリーズ刺身旅、羨ましいなぁ。(^^;;)
さらに、胃腸も相変わらずお元気そうで、かつて撃沈喰らいました
頃を思い出しました。(*_*)

ではまた楽しい鉄レポート、期待しております。(^^)/~~

Posted by: 陳 | 07.10.2008 at 01:20

◎陳さん、おはようございます。

鉄道の記事を書きながら、陳さん拙ブログにお越しにならないかしらんとお待ちしておりました。

ふふ、私の血中鉄分濃度は予想よりちょっと高かった模様です。乗り鉄、楽しゅうございました。また近いうちに乗り鉄の旅に出かけたいと考えてます。

もちろん「シリーズ刺身」も満喫いたしました。お酒は滅法弱くなりましたが、その分刺身でお腹を膨らませております。またどこかで飲みましょう。「飲み鉄」になっちゃったりして(笑)。

Posted by: 京丸 | 07.10.2008 at 08:36

>>鉄道の記事を書きながら、陳さん拙ブログにお越しにならないかしらんと
あらら、まんまと罠に、喜んで・・・(^O^)

鉄分は、自分ではそうでないとおっしゃる方でも、実際に鉄に触れると、
本性を発揮されるケースが多いようです。(^^)
鉄分チェックは下記等で。(^^;)
http://www.tetsuko.jp/

>>またどこかで飲みましょう。「飲み鉄」になっちゃったりして(笑)。
よかですね、この夏も 飲む電車 が各地で運転されましたし、是非。(^^)v
http://www.geocities.co.jp/SilkRoad-Ocean/1036/beer2008.htm

Posted by: 陳 | 09.10.2008 at 01:39

◎陳さん

「鉄子の旅」のページ拝見しました。うーん、面白い。メルマガの名称が「Fe」なのも、うふふ。ちなみに私の鉄分は60%でした。予想をはるかに上回る鉄部濃度であります。陳さんはもちろん100%ですよね。カキーン。

そして「飲み鉄」。当地では割合たくさん開催されていますね。市電でも行われていますし、気軽に楽しめそうです。だけど、すでにシーズンオフ。来年まで待たなくてはね。

Posted by: 京丸 | 09.10.2008 at 08:26

>>ちなみに私の鉄分は60%でした。予想をはるかに上回る鉄部濃度であります。陳さんはもちろん100%ですよね。カキーン。
おぉ、そこそこの鉄子さんでいらっしゃいますね、嬉しゅう御座います。(^O^)
当方は確かにカキーンだったのですが、まだその上のランクも有るようです。(・_・;)

>>だけど、すでにシーズンオフ。来年まで待たなくてはね。
ですね、当方は今年、一畑デハニの酔電に乗りました。
飲み放題でしたから、京丸さんなら確実にお得でしょう。(^^)v
(でも、来年3月でデハニは引退見込みなのです・・・)

Posted by: 陳 | 10.10.2008 at 02:33

◎陳さん

酔電、それはすばらしい! その「一畑デハニ」とは?と調べてみましたら、おお結構近いではありませんか。だけど酔電は8月末終了、一畑デハニ50自体も終わっちゃうんですね。残念。

また近いうちに乗鉄したいな~。その時には、ご指南を仰ぐかもしれません。よろしくね!

Posted by: 京丸 | 10.10.2008 at 08:08

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 東北三陸 鉄道と魚の旅 :2日目サバ三昧 | Main | 「ハレ」と「ケ」 »