« 捻挫その後 | Main | 新旧飲み比べ »

27.10.2008

ほかほかの旅、南薩摩

ここのところ週末ドライブが恒例となっている我が家。今週は薩摩半島を巡ってきました。2週間前に大隈半島から眺めた薩摩富士こと開聞岳がそれはそれは美しく、魅了されたのです。

鹿児島市で高速を降り、指宿を目指し薩摩半島を南下。まずは薩摩今和泉へ。この薩摩今和泉は今ブームとなっている「篤姫」ゆかりの地。最近は少し熱が冷めたとは言え、ブームに乗せられた私はやっぱり篤姫が育った場所を見てみたい。

Img_2503 篤姫の生家跡のある薩摩今和泉は指宿市の北部、海と山の間をJR指宿枕崎線が走っています。時々窓に映る錦江湾は穏やかで、のどかな感じ。

駅は篤姫一色。パンフレットも充実しています。篤姫ゆかりの地を辿る道路はとても狭く、車はなかなか進入できそうにないので車を停め、興味を示さないオットを置き去りにして、パーキング近辺のゆかりの地を駆け足で辿る。

Img_2513

Img_2510

右側の写真は篤姫が18歳まで過ごしたと言われる今和泉島津家の屋敷跡。屋敷のあった敷地は現在は小学校と変わりましたが、石垣は当時のまま残っています。石垣から先はすぐ海。目の前に桜島が広がります。

左側の写真は屋敷近辺の町の様子です。きっと屋敷に仕える武家階級がここに住んでいたのでしょう。江戸の香りが残っています。

Img_2508_2この町の古い歴史に思いを馳せながら歩いていると、地元の方に遭遇。ご挨拶して「最近は篤姫さまのお陰でこのあたりも賑わうことでしょうね」などと少し話をしたところ、折角のご縁だからと収穫したばかりのオクラをどっさりと頂戴しました。うわーん、あったかいなあ。私の田舎も昔はそんな感じだった、とちょっと目蓋の奥が熱くなる。またいつか訪れることがあったら、またお目にかかって、改めてお礼を言いたいな。 それにしても鹿児島じゃ今の時期でも路地もののオクラが収穫できるんだな~。気候も人もあったかい、ということですね。

心までほかほかになった私たち(実際暑くて半袖になる)、次は昼食へ。事前にお店を決めてなかったので、迷ったりもめたりして「えーい、ここにしよ」と入ったお店がここ、山川町の「とも」。駐車場が地元の車で満杯、期待できそう。

Img_2516_2

Img_2514

頂いたのは腹皮定食(850円奥)とトロマグロ刺身定食(2100円手前)。予想以上にカツオの腹皮の塩焼きが美味しかった。定食にはいずれもカツオのたたきがついてきました。これも高知の塩たたきとはまた違った美味しさ。やっぱり新しいカツオだとたたきも美味しいんだな。このメニューでビールを飲めないのがちと残念。

Img_2526 山川町を過ぎると、目の前に薩摩富士こと開聞岳(かいもんだけ)が目に飛び込んできた。まさに富士山のような美しいたたずまいに目を奪われる。砂時計の砂のように裾の広がる円錐形、最近も噴気が確認された(活?)火山です。JR日本最南端の駅「西大山駅」から開聞岳を臨む写真を撮影。うーん、ひょっとすると私、鉄分濃度高くなってる?

本当はこの日、開聞岳に登りたいと考えていたのです。標高1000mに足らない山ですが、やはり登りに2時間半はかかるということで今回は時間が足りず断念。次はこの開聞岳登山を視野に入れて旅程を組もうっと。

開聞岳のふもとから太平洋と東シナ海を眺め、今度は薩摩半島を北上します。

Img_2528 枕崎ではこーんな垂れ幕を発見!町は「新酒祭り」の旗でいっぱい。これは行かなくちゃ。そういえばサツマイモの収穫時期だもんね。蛇足ですが、薩摩(および周囲)ではサツマイモとは呼びません。ここら辺の人にとっては中国(本当は琉球だけど)からやってきた芋なのでカライモといいます。

胸を躍らせ蔵に足を運ぶと、がーん、新酒祭りは明日だとか。1日早かったか。肩を落とす私たちでしたが、蔵は見学可能と教えていただき、実際に焼酎を作っている蔵「明治蔵」を見学することに。

ずらりと並んだ昔ながらの甕には発酵中の芋が。芳しい香りが立ちこめ、香りだけでも酔っ払ってしまいそう。写真撮影禁止だったので様子をお届けできないのが残念。焼酎を2本購入し、焼酎作りに使う芋「黄金千金(こがねせんがん)」のふかし芋をお土産に頂戴して、ほっくほく。

Img_2532さらに北上し日本一のマグロ水揚げ高を誇る(らしい)串木野では、本日の晩酌のお供に中トロのサクと、さつま揚げをゲットして帰路につく。今回の旅では、オクラをくださったNさんをはじめとして、あちこちで「旅行ですか。またぜひおいで」と温かい言葉をかけていただき、身も心もほっかほかとなった鹿児島の旅でした。かごんま、まこてぬっかった~(鹿児島は本当に温かかった)。

Img_2533_2

|

« 捻挫その後 | Main | 新旧飲み比べ »

Comments

お、またイイトコに行ってる、と思いながら読んでいたら、やっぱり載っていた、食べ物の写真・・・。
京丸さんは焼酎とお刺し身があったら生きていけそうですね。
捻挫した足は、もう大丈夫ですか。

Posted by: まこと | 27.10.2008 at 12:55

◎まことさん

ふふふ、旅に美味しいものは欠かせませんよね♪

>>焼酎とお刺し身があったら生きていけそうですね。

あっ、ビールもできれば加えてください!(やっぱり酒なのだな)。

捻挫、ご心配をおかけしましたが、痛みはほとんどなくなりほぼ治った模様です。現在リハビリに励んでいます。粗忽ものなので昔からよくコケてたんですが、以前よりも怪我をすることが多くなりました。反射神経が鈍ったのかしらん(汗)。

Posted by: 京丸 | 27.10.2008 at 14:17

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 捻挫その後 | Main | 新旧飲み比べ »