« Ekim 2008 | Main | Aralık 2008 »

30.11.2008

ゆず酢

今年もそろそろ柚子の季節。我が家の柚子の木は、家を建てた時に父が買ってくれたもので、植えてから10年以上経ってようやく数年前からそこそこの量を収穫できるようになりました。「桃栗三年、柿八年、ゆずの大馬鹿十三年」と覚えていたのですが、「柚子の馬鹿めは十八年」という説もあるそうなので、いずれにせよ実がつくようになるまでに結構な時間が必要なのですね。小さな庭の小さな木に、ちょっぴり成る柚子の実ですが、寒さを迎えるこの時期に豊かなひとときを食卓にもたらしてくれます。

とは言っても、冬至の日に柚子湯にする以外にはあまり使い道もなく、和食の飾りにするくらい。頻繁に柚子を使うこともなく、これまでは毎年、皮のみじん切りを冷凍して、使いこなせないまま次のシーズンを迎えていました。

Img_2567ところが!今年はタイムリーにNHKの番組で柚子酢の作り方を知りました。いや単に搾るだけなのですが、その搾り方で香りが全然17倍も違い、料理を断然引き立てるのだとか。柚子の名産地では色々な料理にこの柚子酢を使っているのだとか。

おお、これなら無駄にすることなく使いきれるし、美味しくいただけるのなら言うことない。そういう訳で私も作ってみました、柚子酢。搾り方は上記リンク先をご参照ください。我が家の柚子はちょっと小ぶりなので、これで50個分くらい。搾った残りの皮は、冷凍して次の出番を待つことに。

うふふ、今日はこの柚子酢をドレッシングに使ってみます。ご当地では刺身にも使うんだとか。良いかも、良いかも!それからちょっと早いけど、冷凍した皮で柚子湯にしよう。楽しみだな。

| | Comments (8)

28.11.2008

里山を歩く

ちとご無沙汰していました。

ランニングを楽しむ日々までもう少し、という感じです。足慣らしのつもりで最近はあちこち歩き回っています。平日は、仕事の合間のちょっとした時間を見つけてちょこちょこと、そして週末は冬の近づいた里山をゆっくり時間をかけて。

Img_2556 Img_2558_2

相変わらず時間に追われる毎日ですが、こうして時間を見つけてはちょこちょこ歩いていたところ、今月はなんと100km近い距離を歩いていることが判明しました。走り始めたばかりの頃は、100kmをなかなか踏破できなかったというのに。ちょっと辛抱強くなったのかもね。

上の写真は先週、熊本市の金峰山から二の岳、三の岳を目指した時のもの。どうやら雨雲の上を歩いていたらしく、下界は雲海に覆われています。

Img_2561 Img_2565

そして翌日は阿蘇郡西原村の大峯山へ。お天気もよかったし、のどかな風景に心癒される。こんなキュートな仔牛に出会っちゃってメロメロ。うーん、やっぱり村はいいな~。

走っていた頃には、歩くのなんてつまらないと思っていたけれど、走っている時よりも時間はゆっくりと流れるし、風景だっていつもより綺麗に見える。夫とどうでもいいことをだらだらとしゃべりながら歩くのも、それなりに楽しい。汗をかく心地よさも思い出したぞ。

とは言っても、やっぱり走りたい。走る自分がちょっと恋しい。だけど、もう少し我慢。「もう走っていいよ」と身体から声が聞こえてきたら再開だ。もうすぐかな。もうすぐだといいな(時々ウォーキングの途中で我慢できなくなってちょっぴり走ったりしてるけど。これで故障したららシャレにならんな~)。

| | Comments (2)

18.11.2008

Do It Yourself!

あちこちでランニング仲間がフルマラソンを走っていた日曜日、京丸家はトイレと格闘しておりました。

何だかトイレの水切れが悪いなと感じていたのですが、それは突然起きました。うとうとと眠りにつこうとしていた週末の夜、洪水のような轟音とともにオットの叫び声が。なんだ、なんだ! 水道全開でトイレの水が止まらなーい! トイレ内部の「浮き」をつなぐ棒がぽっきり折れた模様です。我が家のトイレはウォシュレットを後付けしたため室内水栓がなく、パジャマ一枚で屋外の水栓に走る。さぶいよ。水を止め、どうにか応急処置を済ませて、ドキドキしながら就寝。

翌朝、ネットで調査してみる。水周りの修理を業者に依頼すると、結構なお値段になる。急を要するので足許を見られることもあるらしい。むう~。良心的な業者はないものかと調査を進めると…、おおお、自分で取替えできるキットを発見!(おそらく業者もこのキットを使用すると思われます)。工賃がかからない上に、部品自体の値段も随分安い。この家も築15年になるし、この際だから2階のトイレの分も発注しちゃお。

翌日にはキットが届いた。手持ちの工具では工事がしにくいことがわかったので、サイズの合うレンチをホームセンターで購入。1階トイレの修理は不手際もあって少し手間取ったけど、2階のトイレはちゃちゃっと10分程度で終了。対応機種とは言え、メーカーが違うので少し心配していたけど、問題なく取り付けできました。

以前なら、何も考えずに業者に依頼していたかもしれないな。だけどネットありがたや。お陰で、めちゃめちゃお得だったし、修理自体も結構楽しかった。DIYで浮いたお金で来週は美味しいものを食べに行こう。

そういえば、トイレからちょろちょろと水音が聞こえていたし、水道料金がここのところ月に1000円くらい高くなっていた。ふふ、次回の検針が楽しみだな。それに水の音もとても静かになった。これまで寝坊した朝は夫がトイレの水を流す音で飛び起きていたんだけど、これからその手が使えなくなったのがちと痛いかも(笑)。

| | Comments (12)

14.11.2008

復活!

昨日少し弱気な記事を書いてしまったため、ご心配をおかけしました。記事を読んでくださった方、あったかいコメントをくださった方、ありがとうございました。ネガティブな心のうちを書くのには少し勇気も要りましたが、書いてみたら少し元気がわき、気持ちの持って行きようもつかめました。そして頂いたコメントから力を頂きました。ふう、私は幸せものだ。

Img_2554ともかく、家の中でじーっとしてるからいかんのだ!と、この数日間はあちこち歩き回っていました。当てどころなく見知らぬ町を彷徨ったり、大型書店まで往復約7kmの道を歩いたり。ここ数日は天気もよく、汗もかいていい気分。ああ、これよ。これでなくちゃ。

それから、ここ数日は早朝にちょっとだけ試しに走っています。オットの朝ラン帰りを待ち伏せして一緒に、わずか数百メートルだけどね。まだ故障が完全に治ったわけじゃないようなので本格的再始動は先の話になりそうだけど、ちょっとでも走れるということは私にとって大きな喜びです。わずか数百メートルでも走れば、そして回数を重ねれば、身体は応えてくれるものですね。

そもそも、集中力に欠く、なんて言って休みを取ったことが間違いでありました。こういう時は、もっとガンガン仕事した方が(私の場合は)いいみたい。そういうわけで、めでたくどっさり仕事をお受けして、いつもの生活に戻りました。

何だか年を追うにつれ、小心の度合いが増してきたみたい。弱気になるお年頃なのかな。週末は何か楽しいこと、探してみよう。

| | Comments (4)

13.11.2008

きっと良い日に

ここのところ、何だか気が滅入っていた。どうしようもないことをくよくよと考えたり不安に陥ったりして、気持ちが前向きにならなかった。仕事をしていても集中力に欠き、どうも能率があがらないので、思い切って休みを取ってみた。そうしたら、時間を持て余しロクでもないことばかり考えてしまって、さらに気が滅入った。あーいかん、悪循環にずっぽりはまり込んでしまった。

このままいくと、ちょっとまずい。いや、現時点でもかなりまずい。そう思ってともかく外に出て歩くことにした(走れたらもっといいんだけど)。うーん、iPodが壊れてしまったのは痛いなあ。買い替えておけばよかったよ。ちょっと退屈しつつも、風がざわつく音や、学校からこぼれる子どもたちの声、とうとうと流れる水の音も悪くない。いつものランコースから市街地へ。通ったことのない道、深まる秋の風景。腕を大きくふって。

締めに近所の丘に登る。日暮れ近くなり、秋晴れだった空にまだらに雲がさす。映える夕陽が美しくて、ちと泣けた。

Img_2550_4

冷えていた頬がほかほかになっていた。夕焼けと同じ色になったかもしれない。疲れた脚が心地よかった。明日は良い日にしよう。

| | Comments (6)

07.11.2008

そして再び休肝日

このブログ、どうも「刺身(いや旅行)」「飲酒」「故障」「休肝日」というネタを使いまわしているような気がしますが、今回は再び「休肝日」です。すみません。

吹く風が秋らしくなった頃、120日という無謀な年間休肝日目標がいよいよ達成不可能と判明し、おまけにオットの人間ドックも終わって、めでたくも我が家は継続的宴会モードに突入。調子に乗って出先で美味しい焼酎を入手したりして、突っ走っておりましたら…。恐れていたお知らせが。

ええ、オットのγ-GTP値が堂々の三桁に。がーん。

毎年、ちょっとでも値を落とすべく人間ドック前には2週間ほど禁酒していたのですが(それを悪あがきと言う)、今年は「普通通りの生活をして人間ドックに臨む」ということになり(単に2週間やめられなかっただけ)、やっぱり思い直してドック前に3日間酒を断って臨んだ(やはりそれを悪あがきと言う)結果がこれであります。

うーん、反省。

ちなみに、ほぼ同量飲んでいる私のγ-GTP値は正常であります。個体差って大きいのね。

このまま休肝日せずに突っ走ろうと目論んでおりましたが、そういうわけでまた地道に休肝日を敢行することに相成りました。休肝日な皆さん、また一緒に頑張りましょう(涙)(涙)(涙)。あっ、週明けから(汗)。

| | Comments (6)

05.11.2008

レッド・クリフ

ブログ右下に掲載しているアクセスランキングを見ると、最近やけに「三国志」が目につく。ここ1ヵ月間くらいで「三国志」を含むキーワードでここにお越しになった方を計算してみたら何と200人あまり。三国志の登場人物がいかに多く、おまけに人間関係がややこしいとは言え、大勢の方がこんな細々としたブログに相関図を求めていらっしゃるとは!驚きだなあ。

残念ながら私が作成した人物相関図はあまりにも大きくなりすぎたため(何しろ登場人物が1000人くらいいるってことだし)、ブログへの掲載は断念しました。相関図を探す目的でいらした方はがっくり肩を落としてお帰りになってることでしょうね。すみません。ですが、既成の相関図を参照するよりも、読みながら自分で相関図を書いた方が頭に入ると思います、はい。

で、なにゆえ今「三国志」?と不思議に思っていたら、なーんだ、映画「レッド・クリフ」が公開されたからなのですね。じゃ、とりあえず私も、と見てきました。3時間にわたる血みどろシーンにのけぞりつつ鑑賞した挙句、タイトルとなった「赤壁の戦い」に至ることなく終了。ええええっ、今回公開されたのは前篇で、後編は来年4月公開? がーん、知らんかったよ(涙)。

それに配役がいまいち私のイメージと合わなかったなあ。金城武は場違いに男前だし(笑)。諸葛孔明にはもっと黒くて悪いヤツの方が合うと思う。他にもキャラの立った三国志の登場人物をもっとばっちり濃く描いて欲しかったな。それにいくらトニーレオン扮するからって周瑜を主役扱いっていうのもねえ…。それから(まだあるんかい!)前ふりなしでいきなり戦闘シーンから始まるので、トニー・レオンや金城武が好き♪という方であっても、少しは予習してないと楽しめない内容だと思う。

そうそう、「少林サッカー」に出演していたヴィッキー・チャオが呉の王様、孫権の妹役で登場していて、後にサイトで見て初めて気づくほど印象が違っていたのが個人的にびっくり。それからさすが中国の人海戦術、エキストラで使っている人馬の数が尋常じゃなかった。スケールはやっぱり大きかったな。

後編は4月かあ。その頃には前篇の内容をすっかり忘れてしまいそう。

| | Comments (4)

04.11.2008

霧の朝

Img_2541しばらくお蔵入りとなっていたホームベーカリーを引っ張り出して、朝食に焼きたてパンを楽しんでいます。パンランはまだ先の話になりそうだし、好みのパンとなるよう、あれこれ配合を工夫するのがまた楽しいんだな。

1次発酵を済ませ成形・冷凍した種を、寝る前に庫外に出しておくと、朝には解凍と2次発酵が終わっていて、後は焼くだけ。毎朝、手軽に焼きたてのほかほかを味わってます。うーん幸せ。あっ、この夜間放置作戦は秋冬限定テクニックです。夏場は発酵しすぎてしまうので。

そして、このパンを焼く時間に、無人販売の採れたて野菜を物色しに行くのが私の新たなブームです。新鮮な野菜を手に、往復2kmの距離を少し息があがるくらいのスピードで歩いて帰宅すると、香ばしいパンが焼きあがって食べごろになっている。贅沢だな~。こうして、ラン復活に向けてじわじわと進行中です。長い長~い休みになってしまったけど、もうすぐ復活できるといいな。

今朝は、霧に浮かぶ町の景色が幻想的でした。大根、ほうれん草、キャベツをゲット。

| | Comments (4)

« Ekim 2008 | Main | Aralık 2008 »