« Home | Main | 1月 »

28.01.2009

読書三昧

図書館通いに拍車がかかり、仕事もマッハで仕上げてせっせと本を読む日々。気づくと、前回アップした「灰色の輝ける贈り物」の後に8冊も読んでいて、仕事以外はいかに読書しかしてないかを思い知るのでした。

最近は、読書が忙しいので休肝日もさほど苦になりません。酔っ払ってないと読書が進むから。「飲むか、読むか。究極の選択だ」などと言っていた頃が懐かしい。私も大人になったではありませんか。

Photo Photo_2

「テンペスト 上 (池上永一)」

「テンペスト 下 (池上永一)」

本屋大賞にノミネートされたそうな。琉球歴史エンタメ・ファンタジー。主人公が二役を演じ、物語はジェットコースターのように展開して息もつかせない。しかし私個人としては、主人公に感情移入できなかったうえ、テンポの速い(ドタバタともいう)ストーリー展開にどんどん腰が引けてきたのですが、幕末の琉球と薩摩との駆け引きを垣間見れたのは収穫でした。

Photo_3

「殺人鬼フジコの衝動(真梨幸子)」

怖い本が読みたくて、文字通り怖いもの見たさに選んでしまった。だけど怖い話ではなく、嫌な話だった。あくまでも私の嗜好の問題なのですが。冒頭のいじめと暴力の描写でへとへと、覚えのある小学生女子のヒエラルキーにぐったり。殺人鬼となってしまったフジコより、殺人鬼になるまでの経緯の方が重要で、描写も生々しい。ふう。真梨幸子は一部で結構な人気を博しているようだけど、こんなふうに疲弊させてしまうのが、真梨幸子の力なのか。

Photo_4

「婚礼、葬礼、その他(津村記久子)」

「ポトスライムの舟」で第140回(2008年後期)芥川賞受賞。この「婚礼、葬礼、その他」も139回、「カソウスキの行方」は138回芥川賞にノミネートされている。収録された2作品のいずれの登場人物も、体温が低そうなところが肌に合う。コミカルな表題作はとても楽しく読んだけれど、「冷たい十字路」の方が好みかもしれない。関係ないけど津村記久子と町田康って同じ高校なんですね。

Photo_5

「山魔の如き嗤うもの(三津田信三)」

山村、子守唄、連続殺人とくれば、そう、横溝正史テイストです。ナツカシー。登場人物が多くて人間関係を覚えるのに時間を要しましたが(←バカ?)、それさえクリアしたら楽しめます。その登場人物の多さもまた、キモなわけです。

上記の本の後に、早くも今年の一冊と呼ぶべき作品に出会ってしまいました。次回はその本について書くつもりです。

|

« Home | Main | 1月 »

Comments

すごい!
1日に1冊以上?
どうやったらそんなに読めるのー。

もしかして、ご主人さまも相当な読書家なのかな。
ふたりで夜に黙々と本が読めたら、かなり没頭できるよね。
私は本を読んでいると、横から「ねーねー」って^^;
もう気が散っちゃってダメ~。
だから移動の時間とか待ち時間が読書タイム。佳境に入ると家でも読んでいるけどね。

京丸さんの読書はジャンルを問わず、いろんなものを読んでいるから紹介の記事が楽しいです。
今年の1冊とは?! 楽しみ楽しみ。

Posted by: みなみ | 29.01.2009 at 17:05

◎みなみさん

あはは、「輝ける~」を読了したのは21日じゃなくて、17日なのよ。とは言え、最近の私は読みまくりです。他に何もやってない、とも言います(汗)。オットも読むので、夜は静かです。アメフトの試合をテレビで観戦する時は、イヤホン使ってもらいます(←鬼嫁)。もちろん、気分が乗らないときはお互いに「ねーねー」って相手を邪魔します。はっはっは。

結婚する前は文学一辺倒だったんだけど、オットがミステリー好きなので、最近は読む本にまったく節操がありません。今年の一冊、きっとみなみさんも好きだと思うな~。

Posted by: 京丸 | 30.01.2009 at 08:13

もしかして小川洋子の新刊?!

Posted by: みなみ | 30.01.2009 at 10:51

あたりー♪♪♪ もんのすごく良かったよ。

Posted by: 京丸 | 30.01.2009 at 14:34

わー当たった!
なんかすごく嬉しい~(*^_^*)
もう買ってあるの。
今「光」を読んでいるから、その次に読むよ~!

Posted by: みなみ | 30.01.2009 at 16:52

う、嬉しい!

語り合いたいよ~~~!!

すごくすごく良かったよ。楽しんでね。

Posted by: 京丸 | 30.01.2009 at 21:59

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« Home | Main | 1月 »