« 重曹おそるべし | Main | サクラサク »

27.02.2009

2月

2月は「逃げる」。早いなあ、明日で2月も終わり。週末は妹が滞在し、あれこれ遊ぶ予定なので、一足先に2月をまとめてみます。

2月も相変わらず読書の日々でした。仕事は大量のものが片付き、確定申告を済ませたのでほっと一息。でも翻訳者にとって最も忙しい3月が目前に迫ってきた。ゆっくりできるのはこの週末くらいかな。

今月読んだ本は15冊。読みたい本、積読本が増えまくっているので本当はもう少し読み進めたいんだけど、今のペースが精一杯です。心に迷いがあると集中力が落ちてしまって、読書が進まないということに気づきました。

22/24 0203 「ラットマン」道尾修介
23/25 0207 「千の輝く太陽」カレード・ホッセイニ(土屋政雄)
24/26 0208 「たまさか人形堂物語」津原泰水
25/27 0208 「ベンジャミン・バトン 数奇な運命」スコット・フィッツジェラルド
26/28 0208 「書店はタイムマシーン」桜庭一樹
27/29 0209 「春琴抄」谷崎潤一郎
28/30 0210 「倒立する塔の殺人」皆川博子
29/31 0211 「少女」湊かなえ
30/32 0215 「イン・ザ・ペニー・アーケード」スティーブン・ミルハウザー(柴田元幸)
31/33 0215 「鬼の跫音」道尾秀介
32/34 2/17 「儚い羊たちの祝宴」米澤穂信
33/35 0220 「麗しのオルタンス」ジャック・ルーボー
34/36 0222 「幻影の書」ポール・オースター(柴田元幸)
35/37 0225 「利休にたずねよ」山本兼一
36/38 0227 「森に眠る魚」角田光代 (←本日読了予定)

今月良かったのは「千の輝く太陽 (カレード・ホッセイニ/土屋政雄訳)」「春琴抄 (谷崎潤一郎)」 「幻影の書」あたりかな。

Photo 「千の輝く太陽」は戦禍に巻き込まれるアフガニスタンで抑圧され、暴力をふるわれ、夢を愚弄される女性たちの物語。久しぶりに本を読んで号泣しました。土屋訳も素晴らしかった。原作はアメリカで爆発的に売れたのだとか。でもアラブな私としては、おさまりの悪さを感じてしまった。この本によってイスラム許すまじ!という風潮があおられ、アメリカによるイスラム攻撃に錦の御旗を渡すようなことになりはしないかと危惧している。人権問題はイスラムに限った話じゃないのだ。

Photo_2 「春琴抄」はいわずもがな谷崎潤一郎の名作。読みたくなって蔵書を探してみたのだけどどうにも見つからないので、久しぶりに赤い表紙を購入してみた。うう、美しくも狂おしい愛の世界。300円で大満足。素晴らしいお買い物でした。

映画で話題の「ベンジャミン・バトン 数奇な運命」は、収録作品も多くコストパフォーマンスのいい文庫で読んだのだけれど、表題作以外は訳にぞんざいなところが散見されてがっくり。挿絵も素敵な絵本仕立てのこちらの本を買えばよかったな。

それでもおおむね今月も良い読書でした。

休肝日は12日でした(今日から連続宴会突入なので、これで打ち止めです)。休肝日も私にとってはこれが精一杯だな~。3月は日数も多いし、夏に備えてもう少し貯金を増やしたいところです。

|

« 重曹おそるべし | Main | サクラサク »

Comments

2月は「逃げる」で、あっという間に過ぎて行ってしまったね~。
今月も充実の読書ライフ、そして休肝日もがんばったね。
ひとつ前の「重曹」の記事も興味深く読んだよ。私は洗濯物の臭いが取れると聞いて、時々洗剤に混ぜて使っていたけど、今度はいろんなところにスプレーしてみるね。
あ、妹さんによろしくお伝え下さい♪
今年は東京マラソンは走らないのかな?

Posted by: みなみ | 27.02.2009 at 16:44

◎みなみさん

いやー、2月も休肝日をたくさん敢行できたことが読書量の増大につながったようです。酔っ払ったら読めないからね。ありがたや休肝日♪

手許に重曹を持ってたら、ぜひとも重曹沸騰水を試してみて~。沸騰したお湯に10%量の重曹を加えて、泡立ちが落ち着いたら火を止めて、冷ましたら出来上がり。沸騰させると何故だか効力がアップするんだとか。お風呂のように広い面を掃除する時に威力を発揮するのよ。んもう、びつくりすること請け合いです。

今年の東京マラソンは妹も出走しないのよ。またどこかのレースでみなみさんと会えるといいなと申しておりました。気にかけてくれてありがとね♪

Posted by: 京丸 | 27.02.2009 at 17:53

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 重曹おそるべし | Main | サクラサク »