« 5月19日(9日)アレッポ( حلب)~サマンダー(アンタクヤ) | Main | 5月21日(11日目)アンテップ~S.ウルファ~アンタルヤ »

23.05.2009

5月20日(10日目):サマンダー~ガジアンテップ

熱い一日が終わったと思ったらはらいたの刑が下ってしまった(涙)。夜中、はらいたの波状攻撃で眠れず。以前、船上レストランの食事の後でえらい目に遭ったことがあるいので、今回の原因も同じかも。日本から持参した抗生物質を飲んだら、ぐずっていたお腹がどうにか治まる。

2009520_001 ホテルで朝食を取り、どうにか出発できそうなので、サマンダーの中心街へ。昨日お世話になったイルハンらと会う。1時間ほどなんだかんだと歓談して、今日はガジアンテップを目指す。

ドルムシュ(乗り合いバス)の乗り方がやや複雑なので、乗り合わせた人にあれこれ尋ねながらガジアンテップ行きバス乗り場にたどりつく。

2009520_002 お腹の調子が悪いので昼食は抜き、結果として5時間のバスの旅。噂には聞いていたけれど、東部に続く道は舗装も適当だし、バスもしょぼい。トルコ政府が観光に力を入れている地中海沿岸とはえらい違いだ。地中海沿岸はそれはそれで素敵なんだけれど、このしょぼい街も実は好きなのだ。

2009520_009 座ることにすっかり疲れ果て、5時間の旅を終えガジアンテップへ。東部入り口の街、とちょっと緊張したのだけれど、大規模な街だった。人はやっぱり熱くて、道を尋ねたらそこまで連れて行ってくれたうえに、携帯電話の番号を教えてくれようとする。挙句の果てには足りない小銭のバス代を払ってくれる。うう、ありがとうね、アンテップの皆さん。

2009520_014

2009520_015

ガジアンテップ城を経て中心街をふらふらと歩くと、昼食抜きの胃袋が泣き始めた。この街はジャーミ(お寺)が多く、ビールが飲める店が少ない。ようやく見つけたお店はビラハネ(ビールを飲むお店)。

2009520_0172009520_019ちょっと大き目のビールを注文し(お腹を壊しててもビールは飲むわけです)、あれこれご飯を頼んで28 TL。ビールが12 TLなので、かなり安い。味も南部に位置するため、少し辛味の利いた味付けがなかなかいい。あんまり見るところはないかも、と思っていたガジアンテップは予想外にいい街でした。そう、ご飯が美味しければ良い街なのだ。

だけど、明日行こうと思っていたシャンル・ウルファは、御飯が美味しいことで有名なんだけれど、ボられるとこの店の人に聞いたので、どうしようか悩み中です。

<旅のお小遣い帳>
乗り合いバス;サマンダー海~サマンダー中心街:2 TL
銀行より引き出し:200 TL
乗り合いバス:サマンダー中心~アンタクヤ:5 TL
バス:アンタクヤ~アンテップ:35 TL(1 TLおまけ)
水:0.50 TL
乗り合いバス:アンテップガラージ~中心街:2.10 TL(0.60払ってもらった…)
ホテル:50 TL
歯ブラシ:1.05
夕飯:28 TL
水:0.3
合計126.05

|

« 5月19日(9日)アレッポ( حلب)~サマンダー(アンタクヤ) | Main | 5月21日(11日目)アンテップ~S.ウルファ~アンタルヤ »

Comments

おなか復活ですね。
海上レストラン、海のものがよくなかったかな。
トマトときゅうりのサラダがおいしそう。
オリーブオイルと塩とバジルでいいのかなぁ、味付けは。

建物の写真を見ていると、今更のように、
日本は木と紙の国だなぁと思います。

Posted by: まさじ | 23.05.2009 at 06:07

◎まさじさん

おなかは、繰り返し波状攻撃を受けたあと、どうにか本日(23日)に治りました。たぶん。海では果物しか食べてないんだけど、食べたもののなかで夫と違うものといったらその果物しかないのですよ。美味しかったんだけどね、調理人の手に問題でもあったのかも。

サラダの味付けはオリーブオイルと塩とレモンです。後は好きな野菜を加えてください。野菜にはデフォルトでさらし玉ねぎも入っています。

ここやアラブが夏の暑い時期もなんとか人が生活できるのは石造りの家だからだと思います。部屋に入るとひんやりするのだよ。トルコでは木造の家もあるけれど、なかなか夏は厳しいと思います。

Posted by: 京丸 | 23.05.2009 at 13:33

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 5月19日(9日)アレッポ( حلب)~サマンダー(アンタクヤ) | Main | 5月21日(11日目)アンテップ~S.ウルファ~アンタルヤ »