« 5月25日(15日目)アンタルヤ~カルカン | Main | 5月27日(17日目)カルカン(パタラ) »

27.05.2009

5月26日(16日目):カルカン

2009526_001カルカンは切り立った岩山が背後に聳え立つ港町、山から日が昇るため朝が遅い。7時半ごろにようやく日が差してくる。リゾート地にありがちな遅い朝食までの時間をもて余し、しばらく町をぶらぶらする。まだ ヨーロッパ人のいない町はやはりトルコの香りがする。

朝食を済ませて今日はボートツアーに参加する。参加者が最高人数に到達すればツアーは決行。私たちの乗る船は定員10名の小さな船だったので時間通りに10時半に決行。

2009526_009船はカルカン近辺のいくつかの島をめぐり、海水浴を楽しむ。お昼ごはんやおやつも出る。この船に決めた理由のひとつは、船長の奥さんがお昼ご飯を手作りするということ。楽しみ楽しみ。

参加者はイギリス人の家族3名+3名、トルコ人夫婦、そして私たち。私は英語を話したり、トルコを話したりと忙しい(汗)。

2009526_017 地中海はトルコ語で「アクデニズ」、白い海と言う。その名の通り、海は白い。沖合いの紺碧の海が島に近づくにつれコバルトブルーに変わり、どんどん白くなる。

肌が焦げてきた頃に船は停泊する。船から海に降り島まで泳いだり、船の周りをぐるぐる泳いだり。水は冷たく、焦げた身体が冷える。地中海の水は澄み、水深はけっこうあるのに水底や魚が見える。水はどこまでも澄んでいる。

2009526_022_2 2009526_023

楽しみなお昼ご飯は、奥さんの手づくりのトルコ料理。ピラウ(ピラフ)、チキンとジャガイモの煮物、ナスのトマト煮、インゲンの煮物、葉野菜(うーん名前忘れた)のヨーグルト和え、ボレキ(春巻きのようなもの)、どれもこれもとても美味しかった。

2009526_021 昼食の後も泳ぐ泳ぐ。イギリス人は日焼けに熱心だ(頼むからトルコで上半身裸になるのはやめてくれ>ヨーロッパ女子)。同じ海のようだけれど、島によって海の色が微妙に違うのが面白い。

最後の停泊時には果物やおやつ、ソフトドリンクも出る。私たちはトルコ人夫婦とすっかり仲良しになり、写真を送るね♪と約束してツアーは終わった。

2009526_024以前の旅でもアイワルックという町でボートツアーに出かけたことがあるんだけれど、船のうえではなんだかとても満ち足りた気分になる。浮世のことはすっかり忘れて、ただただ波を見つめるだけで幸せな気分になれる。6時間半のツアーは実にあっという間だった。

全行程ひとり35リラ(2100円:ビールは別料金)。激安でしょ? これでもかつてと比べると驚くほど高くなった。トルコの夏にボートツアーは必須項目なのだ。

夕飯は、ホテルのおじさんもアリババが一番だと薦めてくれたので、またもアリババレストランへ。トルコに来たんだからトルコ料理が美味しい店に行かなくちゃね。今日のご飯はムサカ(ナスとひき肉のトマト煮込み)、ターゼ・ファスリエ(インゲンのトマト煮込み)、エトリ・ギュベジ(羊肉のキャセロール)、ジーエル・ソテ(羊レバーのグリル煮込み)。今日も大変に美味しかったのでした。2009526_044

2009526_046

2009526_047

能天気リゾートの旅はまだまだ続きます。

<旅のお小遣い帳>
ボートツアー:70
昼ビール:10
夫ズボンクリーニング:5
トルコ音楽のCD;5×3枚
日焼け止めローション:24.90
ビール2本:4.44
夕飯:38
合計;167,34

おまけ:今日のかわいこちゃん

2009526_004

|

« 5月25日(15日目)アンタルヤ~カルカン | Main | 5月27日(17日目)カルカン(パタラ) »

Comments

船にキッチンがあるのかな。
すばらしい!

かわいこちゃん写真、うれしいなぁ。
ますます充実の旅ですね。

Posted by: まさじ | 27.05.2009 at 06:20

すごくきれーな海。そんなところで泳いでみたいな〜。
その海だけでも行く値打ちがありそう。

Posted by: まこと | 27.05.2009 at 09:59

「かるかん」っていう鹿児島のお菓子を知っていますか?
そこから伝来したのかな?
食べ物はおいしそうだし、海はきれい、興味津々です。

Posted by: ヤマシュウ | 27.05.2009 at 11:06

◎まさじさん

あー台所の写真を撮っておけばよかったですね。奥さんの手料理すんごく美味しかったです。写真から伝わっているかな?

かわいこちゃん、ふふ、すんごく可愛いでしょ??

Posted by: 京丸 | 27.05.2009 at 14:03

◎まことさん

白い地中海、見るだけでも本当に価値があります。いつかぜひ行ってみてください。能天気リゾートの旅はすんげいリフレッシュしますよ♪

Posted by: 京丸 | 27.05.2009 at 14:05

◎ヤマシュウさん

ここカルカンという町は大分でいうと蒲江くらいなので、かるかん饅頭の伝来説はないと思います(^^)。

海がきれいでご飯が美味しい、それだけで幸せになれるものですなー。

Posted by: 京丸 | 27.05.2009 at 14:07

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 5月25日(15日目)アンタルヤ~カルカン | Main | 5月27日(17日目)カルカン(パタラ) »