« 5月26日(16日目):カルカン | Main | 5月28日(18日目):カルカン~ダッチャ »

28.05.2009

5月27日(17日目)カルカン(パタラ)

今朝は宿のおじさんが寝坊した模様。このチレッキ・オテルのおじさんはとてもキュート。寝坊しても許すよ。

2009527_004 さて今日は世界で2番目に美しいという「パタラ・ビーチ」へ出かける。ちなみに1番目はどこだかわかりません。昨日のボートツアーで日焼けした顔が痛くなってしまった(!)ので、帽子を購入。

パタラはカルカンの町からバスで30分、山を越え村を抜けたところにある。ビーチの手前に遺跡があり、ビーチに入るには遺跡のゲートを通る必要がある。遺跡入場料は5 TL、むうん。

2009527_011 トップシーズンのちょっと前なのでビーチはさほど混んでない。なるほど白い砂浜が続いている。2.5kmくらい続いているそうな。空気が乾いていて空が青い。残念ながら風が強くて、さぶいのだった。

お昼はビールとカラマル・タバ(イカリング)、チーズトースト。ビーチ価格、それもイギリス人向け価格だ。でも味はいい。日本のイカリングはフライだけど、ここのイカリングは天ぷらに近いフリッターでビールによく合う。

2009527_008今日は積極的に日焼けすると後が大変になりそうなので、帽子をかぶり、Tシャツと巻きスカートですごす。それでも手足はどんどん黒くなる。

世界で2番目の海は海と空の色がきれいで、何より砂浜が美しかった。ゴミは皆無。各地のビーチも見習わなくてはね。

帰りのバスの車窓から遺跡を見物。円形劇場や門、住居が残されている。トルコを訪れるようになってから遺跡は散々見て飽きた気分になっていたけれど、実際に目にするとやっぱり感動する。

2009527_027 2009527_029

夕飯は再度アリババへ。今日はスタンダードにタウック・シシ(チキンのシシケバブ)と、煮込みキョフテ(ハンバーグ、ポテトとチーズ乗せ)、ピラウ(ひよこ豆と松の実入り)。結局3日間毎日夕飯はアリババだったのだけれど、毎日美味しい夕飯となった。スタンダードなタウック・シシはこれまでで一番美味しかったかもしれない。

2009527_035 2009527_036

宿に帰りバルコニーでビールを飲んだ後、カルカン最後の夜を楽しむべく散歩に出かける。3日目にして初めて歩く道、ビーチの端まで来たところ、昨日仲良くなったハサン&ギュル夫婦とばったり出っくわした!何たる素敵な偶然。大喜びの私たち、何度もキスを交わす。ややー素敵素敵!ここでまたもビールを飲み、再会を誓い合ってカルカンの夜は更けるのだった。

明日は移動。最終目的地に到達できるかいささか不安です。

<旅のお小遣い帳>
帽子:10
ビーチまでのバス代:往復10×2
入場料:10
昼食:24.5
銀行より引き出し:500
ビールとクラッカー:2.15
夕飯:27.5
置物:5

今日のかわい子ちゃん:あたくし

2009527_017

|

« 5月26日(16日目):カルカン | Main | 5月28日(18日目):カルカン~ダッチャ »

Comments

あら、バックシャン←古い
シシの横のグリーンはいんげんですか?
それとも、長唐辛子でしょうか。

Posted by: まさじ | 28.05.2009 at 18:06

わぁぁぁ~海だ、リゾートだねぇ~。
いいなぁ←こればっかり(笑)

世界で2番目に美しいビーチ、ごみがひとつも落ちていないなんて素晴らしい!
海の色も違うし、砂浜もどこまでも白くて美しいね。
本当にうらやましい休日だなぁ~。

日本では村上春樹の新刊が出たよー(^^)
悔しいので、先に読んじゃおうかな(笑)

Posted by: みなみ | 28.05.2009 at 22:32

◎まさじさん

長~いのはめちゃ辛い唐辛子でした。唐辛子は先端はあまり辛くなく、ヘタのほうに上るにつれて辛くなるということを今回初めて知りました。

Posted by: 京丸 | 29.05.2009 at 13:32

◎みなみさん

青くて白い海だったよ~。そして本当に砂浜が綺麗でほれぼれ。

村上春樹の新刊、とうとう出たんだね。時々ヤフーを見ているんだけど、予約で増刷なんだってね。せっかくなので先に読んで自慢してください。私はこちらで雨天炎天を読んでまーす。

Posted by: 京丸 | 29.05.2009 at 13:36

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 5月26日(16日目):カルカン | Main | 5月28日(18日目):カルカン~ダッチャ »