« 5月27日(17日目)カルカン(パタラ) | Main | 5月29日(19日目):ダッチャ »

29.05.2009

5月28日(18日目):カルカン~ダッチャ

2009528_002 今日は大移動の日。9時半のバスに乗るべく大急ぎで荷造り+朝食。楽しかったカルカンに別れを告げて、オトガル(バスガレージ)からまずフェティエを目指す。

フェティエは15年前初めてトルコで自主的バス旅行をした時に最初に降り立った街。そのときと比べるとオトガルの様子はすっかり変わってしまっていた。写真は新しくなったフェティエのオトガル。

2009528_004 フェティエからマルマリスに移動し、さらにダッチャを目指す。フェティエ、マルマリスを経て、ダッチャに向かうに連れて少しずつバスの中の外人率が低くなる。ダッチャ行きのバスの外人はとうとう私たちだけとなった。フェティエを過ぎると海は地中海からエーゲ海となり、白かった海の色が深い青となる。頭の中ではジュディ・オングの歌がエンドレスで流れはじめる(←古すぎる)。全行程7時間あまりを経てようやく今日の目的地ダッチャに到着する。

ダッチャはトルコ国民のための休暇村、街中には長期滞在用のアパートホテルが軒を連ねる。私たちが選んだ宿はオトガルからほど近い「フォラ」ホテル。価格はトルコのリゾート地の1割増くらい、でもリビングルームとベッドルームが別々にしつらえてあり広々としている。今回の旅行ではこの宿が一番ゴージャスだ。安宿旅行に慣れてしまったので、部屋が多くて戸惑ってしまう。

2009528_014_2 2009528_011

2009528_012

2009528_017 到着したのが午後5時だったので、海水浴はあきらめ街をぶらぶらする。ついでに船を使う旅の状況を確認する。このダッチャでどんな時間を楽しむかは船の運航に大きくかかわってくるのだ。やっぱり地中海と違ってエーゲ海は青い。あ、写真で見ると白いですね。

そして夕飯はネットの情報を見て「セダ・レストラン」に行ってみる。店主の少し強引なアプローチにちょっと腰が引ける。あまりにお腹がすいていたからか、つい写真を撮り忘れる。味はわるくないけれど、明日は別の店に行ってみようと思う。トルコのいいレストランはもっと朴訥なのが私たちのスタンダードだ。

ホテルに戻り、久しぶりにトルコのテレビを見ながら(カルカンの宿はテレビがなかった)買い込んだビールで乾杯する。

2009528_021 2009528_022

写真はカラマル(イカリング)とタウック・シシ(チキンケバブ)。青くて長いのは唐辛子です。今回はえらく辛くて、ぎょえーという顔をしたらトマトを追加してくれました。メゼ(アペリティフ)の写真は撮り忘れました。

<旅のお小遣い帳>
宿代(カルカン:チレッキパンション:3泊):45×3
バス(カルカン~フェティエ):10×2=20
バス(フェティエ~マルマリス):16×2=32
昼食(トスト、ポアチャ、アイスココア):4
バス(マルマリス~ダッチャ);9×2=18
スーパーマーケットで買い物(ビール2.25×3+2.35、チーズ1.5、クラッカー0.25、日焼け用ローション18.9):30.15
夕飯(セダ・レストラン):30

|

« 5月27日(17日目)カルカン(パタラ) | Main | 5月29日(19日目):ダッチャ »

Comments

お小遣い帳を見ながら、思わず、レート計算してしまいました。
宿代1泊分と夕飯代を比較すると、
なんだか不思議な感覚です。

日本の物価も、それはそれでびっくりですが。

海の雰囲気、日本の見知ったものとは別物ですね。
いよいよリゾートも佳境ですか。

Posted by: まさじ | 29.05.2009 at 17:20

京丸さん、お元気ですか? 長旅楽しんでいらっしゃるようで何よりです。
『地中海~エーゲ海』という文字を見て、ああ、本当に凄いなあと思いました。
去年の私のコペンハーゲン6日間なんて、ショボイもんだったなと、改めて思いました。

京丸さんの頭の中を、ジュディ・オングの歌がエンドレスで流れたのも仕方ありませんよ。
この日、5月28日は、その歌を作曲した「筒美京平先生」のお誕生日だと、テレビでやってましたから(笑)。

海に映るカメラマンの影の写真、いいですね~。
これ、是非絵葉書にしてください。(おねだり)

5月28日、村上春樹氏の新刊2冊が店頭に並びました。
それを見て、また京丸さんを思い出し・・・28日は何度も京丸さんを感じた日でしたよ。


Posted by: 海実子(みみこ)umi mi | 29.05.2009 at 21:46

◎まさじさん

実は今泊まっているゴージャスなホテルは、ツインで3600円です。それでも私たち(トルコ)の感覚ではちと高いのです。今回の旅ではツイン3000円が普通かな。それでも以前の旅からすると1000円くらい高くなりました。

それから考えると食べ物代は高いですよね。何が高いって実はビールが高いのです。食べ物代と比べると。

残る旅行はリゾートに費やします。でも北上するからちと寒いのよ(涙)。

Posted by: 京丸 | 30.05.2009 at 13:55

◎海実子さん

まあ28日は筒美京平先生のお誕生日でしたか!ですが、実は(次の記事に書くとおり)この海はエーゲ海ではない疑惑が勃発しました(汗)。私としては「魅せられて」が頭の中で鳴り響いたのでエーゲ海ということにしておきます(笑)。

帰国したら海の写真、絵葉書にしてお送りしますよ!

村上春樹の本、読みたいなあ~。ものすごく売れているんだそうですね。うずうず。

Posted by: 京丸 | 30.05.2009 at 13:59

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 5月27日(17日目)カルカン(パタラ) | Main | 5月29日(19日目):ダッチャ »