« 5月29日(19日目):ダッチャ | Main | 5月31日(21日目)ダッチャ~ボドルム »

31.05.2009

5月30日(20日目):ダッチャ(クニドス)

今日はボートツアーで海を巡り、クニドスという遺跡に行く。宿のおじさんに予約をお願いしていたところ、なんということ!乗客が少なくて催行されないとのこと。とりあえず飛び込み客がいることを願って港に行ってみたけど、今日はツアーはしないよと悲しいお答え。すっかり意気消沈。まあチャイでも飲んでいけよというお誘いをお断りして、さあどうしよう。

2009530_005遺跡は散々見たのでもうそんなに興味もないよね、と話していたんだけど、行けないとなるとなんだか悔しい。万一のことを考えて国際免許証は作ってこなかったので、レンタサイクルかバスか。聞くとクニドスまで37キロあるらしい。やっぱりバスかあ。ホテルに戻っておじさんに「やっぱりボートツアーはだめだったよ。クニドスに行くバスある?」と尋ねたところバス乗り場まで連れて行ってくれて、往復の時間も調べてくれた(帰りのバスに乗り遅れたらエライことになるというのに、バスの時刻が二転三転して肝を冷やした)。

どうにかバスに乗り込み、小さな村をいくつか抜けてクニドスに向かう。小さな村は本当に人々の生活を垣間見れてよかった。みな愛想がよく車窓の私に手をふってくれる。小さなビーチのある村も通る。いつかはこういう地元の人しか来ないような村に来たいな。写真は小さな村で売られていたオリーブオイルやハーブ類。

2009530_016 2時間近くバスに揺られてとうとうクニドスへ。話によるとやはりここが地中海の最先端らしい。水はどこまでも白い。

まずは遺跡を探索。入り江全体が遺跡と言っていいくらい巨大な都市が残っている。円形劇場もあれば、寺のテラスもあるし、円塔も残っている。かつてこの町に住んでいたであろう人々やその暮らしに思いを馳せる。

2009530_017 2009530_067

大規模な遺跡をあれこれ探索した後は汗だく。取るものもとりあえずビールを飲み、その後は軽くご飯。メゼ(アペリティフ)をミックスで一皿取り、魚の塩焼き(オリーブオイルを垂らしてグリルで焼いていた)を注文。メゼ類はそれぞれに美味しかった。魚は鯛の仲間みたい。付け合せのルッコラが不思議と良く合う。そうそう、パンは自家製とのこと。天然酵母で焼いたパンらしく、リーンで美味しかった。

2009530_046 2009530_049

ご飯を食べたら桟橋で泳ぐ。水はとても冷たいのだけれど、あまりにきれいなので入らずにはいられない。地元の子供たちもやってきて一緒に泳いだり水中眼鏡を借りたりして仲良くなる。アスケル(兵隊)のお兄さんも一緒にダイブ。水中眼鏡を介して見た水の中には魚がいっぱい。ついつい嬌声を上げる。ダイビング好きな人の気持ちがわかったよ。

2009530_056 2009530_059

2009530_062 2009530_052

何度も足の写真をすみません。コントラストがはっきりして水の青さがよくわかるので。下左側の写真、小さな魚が見えるかな?

2009530_054 2009530_064

帰りのバスは4時45分。子供たちと一緒にバスに乗り、無事にダッチャに到着。ボートツアーもよさそうだったけど、こうして地元の人と楽しく遊べたし、時間の制限なく遺跡も見られたのでバスの旅もよかった。

夕飯はビーチにテーブルをしつらえたレストランへ。ビーチ併設のレストランは昼にはビーチパラソルとビーチベッド、夜はテーブルを設置するのだ。今日はチョバンサラタ(羊飼いのサラダ・トマトと玉ねぎと辛くない青唐辛子)、チュブラという魚のグリル焼き、タウック・シュニッツェル(チキンフライ)。今日はシュニッツェルがとっても当たりでした。暗くなると照明とろうそくでさらにロマンチックとなったのでした。

2009530_079

2009530_080

2009530_081 2009530_082

<旅のお小遣い帳>
おやつと水:1.25
バス(~クニドス):10×2=20
昼食(ビール×3、メゼ、バルック):40
バス(~ダッチャ):9×2=18(なぜ行きと値段が違う?)
ビール(晩酌用):2.25
夕飯:40

今日のかわい子ちゃん:バスの中でこっそりパチリ

2009530_006

|

« 5月29日(19日目):ダッチャ | Main | 5月31日(21日目)ダッチャ~ボドルム »

Comments

海が美しい!
この透明感は、なぜ日本には出ないのでしょうねぇ。
単にゴミがあるとかではなさそうだ。

トマトと玉ねぎのサラダがおいしそうだったので、
我が家でも、トマトとアイスプラントのサラダに、
ガーリックを漬け込んだオリーブオイルをかけて食べました。

煮込みを作りたくてサルチャを探したけれど、
すぐには手に入らなそうです。
トマトジュースで代用することにします。

Posted by: まさじ | 01.06.2009 at 06:01

◎まさじさん

地中海はトルコ語では「白い海」その名の通り、海はどこまでも白いのでした。おそらくトルコの大地に石灰質が多く含まれているから、陸地に近い海は白く見えるのだと思います。

サルチャが手に入らない時は、スーパーでカゴメの「トマトペースト」というものを探して見てください。チューブわさびのような箱に入っていて、1回分ずつ小分けになっています。ただし塩は入ってないかも。トマトジュースでも充分に美味しくできると思います。

Posted by: 京丸 | 01.06.2009 at 15:17

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 5月29日(19日目):ダッチャ | Main | 5月31日(21日目)ダッチャ~ボドルム »