« 6月1日(22日目):ボドルム | Main | 6月3日(25日目)ディディム »

03.06.2009

6月2日(23日目):ボドルム~ディディム(アルトゥンクム)

200962_004 今日はボドルムを立つ。次に向かうはディディム・アルトゥンクム。ボドルムのある半島から北上して次の半島の先端にある町。この町も「地球の歩き方」に詳細な記載はないので、到着するまでどんな町なのかわからない。期待と不安が入り混じる。

ボドルムは過去の旅行でも訪れた町。町並みはやっぱり懐かしい。バス乗車までのわずかな時間に、以前泊まったペンションの場所を訪ねてみたり、市街をぶらぶらしたりする。

200962_008 ボドルムのオトガルで大型バスに乗り込み、ダルヤンという村で途中下車。同じディディムに向かう人と一緒にバスを待ち、ミニバスに乗り換える。町はどんどん小さくなり、小さな村や山や畑を通過。うわー、ATMのない小さな村だったらどないしょう。

200962_003と、不安に陥っていたら、うわあディディムは大都市だった。広い道路にきれいなビルが並ぶ。すまんかったディディム。でも海岸は地味なのかも。…いんや、アルトゥンクム海岸もすんごいリゾートだった。すまん×2です。(写真は関係のないボドルムの果物屋)

バスを降りると目の前は海岸、そして瀟洒なホテルが並ぶ。そのあたりの人に「どっかいいホテルない?」と尋ねたところそこそこのホテルが見つかりひと安心(チェックイン後、テレビがさっぱり映らないことが判明して泣く)。

急ぎ水着に着替えて、まずは食事。ボドルムと同様に大きな通りはイギリス人向けのレストランが多い。こういう時は地元の人に聞くに限る。「トルコ人向けのどっか良いロカンタ(レストラン)ある?」

教えてもらったのは「サライ・レストラン」。いやー、やっぱり地元情報はすばらしい。注文したのはジーエル・ウズガラ(レバーのグリル)とチョプ・シシ(小さい肉のシシ)+ビール2本。これだけなのに、テーブルにはあれこれと出てくるわ、出てくるわ。「あのー、サラダは頼んでないんですけど(それにそれぞれの料理にサラダはついてくるし)」と聞いて見ると「サービスです」という答え。うう、どれもこれも美味しい。だけど普通の日本人の胃袋でこれだけの量を完食するのは厳しいです。ふう、どれもこれも美味しそうなのに。どうにか冷製(これもサービス)のお皿だけは片付ける。ちなみにお値段は25 TLでした。

200962_014 200962_015

スターターの冷製とパン(にんにく入りのチーズが乗っかってる)、唐辛子の酢漬け(辛い!)、そしてサラタ

200962_016 200962_017

チョプ・シシとジーエル・ウズガラ。これでビールを含めて1500円だなんて!

200962_021 すっかり満腹でよれよれとなり、だるだるの身体でビーチへ。ビーチも観光客や地元の人で大賑わい。海はボドルムよりもずっと美しく、足元で魚が泳いでいるのが見える。遠浅だからか海の中に入っている人が多い。今日はお昼ご飯も遅かったし、日焼けへの耐性も出てきたようなので、ビーチで日暮れまで日焼けしよう!と張り切っていたのだけれど、5時ごろから珍しく雲が出てきた(涙)ので、泣きながら引き上げる。

200962_026_2 遅くて大量な昼食のおかげで全然お腹が空かない。食べないという訳にもいかないし、何よりビールを飲みたいので、パケット(持ち帰り)でタウック・シシ(チキン・シシケバブ)とチップス(ポテトフライ)を買い込んで、部屋で乾杯する。思いのほかこのパケットが美味しくて大当たりだった。テレビではトルコ対アゼルバイジャンのサッカーの試合でトルコが勝った。

<旅のお小遣い帳>
バス代(ギュンベット~ボドルム):2.20×2=4.40
バス代(ボドルム~ダルヤン):13×2=26
バス代(ダルヤン~アルトゥンクム):4.75×2=9.5
宿代(アナトリアホテル2泊):90
昼食(サライ・レストラン):25
ビーチベッド+ビーチーパラソル:12
スーパーで買い物:9.50+4,50=14
銀行より引き出し:200
夕飯パケット:7

今日のかわい子ちゃん:まゆげ犬は世界中に生息している

200962_020

|

« 6月1日(22日目):ボドルム | Main | 6月3日(25日目)ディディム »

Comments

眉毛一つでワン子の表情が豊かになるんですよネ。
私も白い犬を飼っていた頃はたまに眉毛書いていました。(^^)
それにしても、食事がおいしそう!よだれたらたらです。

Posted by: ヤマシュウ | 03.06.2009 at 17:50

まゆげは、どこかのお母さんが書いたわけではないのですね。

外仕事がなければ、ヨーグルトに塩とニンニク混ぜて~
とやれるのですが、いかんせん、日本は週中。
ナスの微塵にした、例のやつを今日作ろうかな。
おいしいパンがないのがくやしいところ。

Posted by: まさじ | 03.06.2009 at 18:43

◎ヤマシュウさん

ふふ、ヤマシュウさんとこにもまゆげ犬、いましたか(^^)やっぱり、世界中に生息しているのだな。

ご飯、美味しいです。日本が真夏になったら同じメニューを作れますよ!!

Posted by: 京丸 | 04.06.2009 at 12:20

◎まさじさん

まゆげ犬はやっぱり人を魅了するなあ(笑)。

なすのサラタ、レストランではあまりみかけないメニューなのですよ。家庭料理のようです。トルコ料理、楽しんでください。夏野菜が美味しい季節が待ち遠しいね!

Posted by: 京丸 | 04.06.2009 at 12:25

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 6月1日(22日目):ボドルム | Main | 6月3日(25日目)ディディム »