« コンタクトレンズ | Main | 久しぶりの更新 »

03.07.2009

犬にかまれました

ランニング中にがぶりと。いえ、私ではなくオットが。

食事の支度をしていたら携帯が鳴る。見知らぬ番号なんですが…。恐る恐る出るとオットの声が。ええ?携帯持ってなかったのに。

「犬に噛まれた~(涙)。すぐ来て!」

うわーん。慌てふためいて現地へ駆けつけると、檻に入った大きな犬。オットの膝には引っかいた跡と流血。そしてお尻にも噛み傷と流血。既に腫れあがっている。とりあえず飼い主にどういうことなのか問いただす。リードはつけてたようなのだけれど、いきなり飛び掛って噛み付いたんだとか。何だそれ。さらに聞けば、帰省した娘が初めて散歩に連れ出したから制御できなかったんだとか。何だそれ×2。

取るものも取りあえず救急病院へ。着替えが必要と言われて取りに帰り、戻ると処置は終わっていた。傷については消毒とブラッシング(ひえー)、密封絆創膏が貼られていて、破傷風予防の筋肉注射を打たれた模様。抗生物質と痛み止めを処方して頂き、皮膚科を紹介してもらって終了。

引っかき傷と噛んだ跡だけで、肉がえぐれたりしてなかったのが不幸中の幸いだったものの、はああああ驚いたし頭に来たしがっくりだよ。だいたい、制御できない人が大きな犬(ゴールデン・レトリバーみたい)を散歩に連れて行くのが間違いだよ。被害者が子供だったらちょうど頭の位置に噛み付いてたわけで、そうなるとこの程度の傷じゃすまないし。そもそも人間の生活が他人のペットに脅かされるってどういうことだ。

ということを道中の車の中でぼそぼそと飼い主に告げる。だけど飼い主が至極まっとうな人で誠実だったのがこれまた幸いだった。あまりの恐縮っぷりに文句を言う自分がだんだん嫌になってくるくらい。

Img_3828そしてまたまた幸いに熱も出ることなく、ほっと胸をなでおろした夕刻、お詫びにと飼い主が我が家にやってきた。飼い主は近所で農業を営む一家で、菓子折りのほかに採れたばかりの野菜とメロンをどーん。あああ、すっかり「許す!」と思ってしまう私であります。傷がたいしたことなかったからこそなんだけどね。

お陰で昨日の夕飯は美味しいトルコ料理と相なりました。ちと複雑な気分。

今日は、救急外来に紹介状を書いてもらった皮膚科を受診し、数日経ったら感染症のチェックのために血液検査も受けるつもりです。いちおう安心できるところまではちゃんと通院しなくてはね。

ランナーの皆さん、どうか気をつけてください。犬は走ってるものを追いかける習性があります(たぶん。過去にトルコで走ってるときに何度も犬に追いかけられて肝を冷やしました)。リードをつけていても、そのリードが長すぎたり、制御不可能な大きな犬だったりすると今回のように噛まれることも有り得ます。小さな犬でもがぶりと足首でも噛まれたら結構な傷になるよね。

肝を冷やした一日でした。ふう。

*関係ないけど、電話ではやっぱり開口一番「おれおれ」って言うんですね。これも気をつけなくちゃ。

|

« コンタクトレンズ | Main | 久しぶりの更新 »

Comments

うわー!災難でしたね!
突然の連絡で京丸さんもさぞ驚かれたことでしょう。
お怪我がたいしたことなくて本当によかったです。
コドモのころ自転車乗ってて犬に追っかけられて(遊んでくれると思って併走された?)以来、犬はちょっぴり苦手^^;。
最後の2行に笑わせていただきましたが、笑い事ではない。気をつけなくちゃ。

Posted by: つー | 03.07.2009 at 17:45

ご主人、災難でしたね。
私もかまれたことがあります。(相当前です20代の頃)「秋田犬」に右手をぱっくりとやられました。犬好きなので、泣く泣く我慢しましたが、手のひらの親指の付け根あたり、一番分厚いところに牙が貫通しました。治療はして頂きましたが、野菜は来なかったな〜。(不運?)
ご主人のお尻ということは、まりもさんだと胸の辺り?(そこ迄小さくないか。)
なにはともあれ、まりもさんじゃなくてよかった。失礼!
ご主人には、お大事に〜とお伝え下さい。

Posted by: ヤマシュウ | 03.07.2009 at 18:26

私も時々犬で怖い思いをしていますし、ラン仲間で被害に遭った人も…。ゴールデンみたいな大人しいイメージの犬でも気をつけないとならないのですね。怪我が比較的軽かったのと飼い主が悪い人じゃなかったのが不幸中の幸いでしたね。

Posted by: NAOJI | 03.07.2009 at 20:23

それはそれは・・・大変なことでした。
まさに「肝を冷やす」という感じですよね。

飼い主さんも、平謝りになるでしょう。
国が国なら、その犬は処分されるはめになっていたでしょうから。
悪い人じゃなかった(いい人だった?)ようですが、やっぱり、犬(と娘さん?)のしつけは、イマイチだったのではないでしょうかね。
ペットの種類や大小に関わらず、飼い主はそのペットの「全てを」引き受け、守らなければならいのに、これじゃそのワンコも、「加害者」として危険にさらされていたわけだし。

それにしても、入院云々にならなかったことが、不幸中の幸いですね。
でも、ご主人様、痛い思と同時に、かなり怖かった(びっくりだった)でしょうね、災難でした。

私も、最後の2行に笑ってしまいました。
電車の中で、携帯で読んでいて、「ぶふふっ!」と笑っていた私も、あやしかっただろうなあ。

Posted by: 海実子(みみこ) | 04.07.2009 at 00:41

ええええー!
それは大変な災難でしたね。
お尻をがぶりと・・・って痛そう(T_T)

実はうちの夫も犬にかまれたことがあります。
車に当てられて歩けなくなっていた犬を助けようとして、逆にがぶりと(-_-;)。

しかも飼い主はわからなかったし、ひょっとして野良犬?という恐れもあったから、本当に肝を冷やしたよ。
多分同じような処置をしてもらって、事なきを得ました。
またまっとうな飼い主さんがいてくれてよかったね。

私が走っているサイクリングロードにもいるんだ~リードをつけなかったり、すごく伸ばしている飼い主が。
犬は嫌いじゃないけど、やっぱり心配になっちゃう。
ゴールデンみたいな犬を連れているおばさん、犬に引っ張られてリードを離した事があるんだよ!
もう呆れて物が言えなかった・・・

旦那さん、早く良くなりますように。
お大事にね。

Posted by: みなみ | 04.07.2009 at 07:35

そうそう、私はロッキーに噛まれたことがあって・・・(甘噛みだけど)怖かった(T_T)

Posted by: みなみ | 04.07.2009 at 07:36

京丸さん、重ね重ね失礼しました。
まりもさんと間違えておりました。
言い訳、寝起きでしたから。
ごめんなさい。

Posted by: ヤマシュウ | 04.07.2009 at 12:53

大変でしたねぇ。
かく言う僕も、先週朝、通勤ランの途中でリードを付けてない小さめの犬が追い掛けてきました。
飼い主らしき人物が近くにいましたが、何もしない。
腹が立ったので、急ブレーキで後ろを向き、近づいてきた犬を足で蹴り上げてやりました・・・・・って、残念ながら空振りでしたが(^^;
それを見た飼い主が慌てて飛んできて、ひたすら謝る事と言ったら・・・。
こっちが何もしなかったら、そのままなのか!!と
注意してやりました。
しかし、空振りした時思わず転びそうになった自分が腹立たしい(笑)

でも、ゴールデンがそこまで思い切り噛むのも珍しいですね。
よほど飼い主の躾が悪いのかも(^^;

Posted by: AKA | 04.07.2009 at 19:28

◎つーさん

ありがとうございます。怪我自体はそんなにひどくなかったんですが、大変に衝撃を受けましたですぅ(涙)。オットは犬が飛びかかってきた時に身構えたらしく、翌日まで筋肉痛も勃発したそうです。身の危険を感じた時には身体に力が入るんですね。ひょっとするとオットも今後、大きな犬を見ると身構えるようになったりして(笑)。

電話。やっぱり「おれおれ」なんですよ。知らない電話番号からの着信で「おれおれ」…私はこちらにまず身構えちゃいました(笑)。

Posted by: 京丸 | 05.07.2009 at 07:09

◎ヤマシュウさん

あはは、まりも姉さんと間違えちゃったんですね~。大丈夫、全然気づかずにまりも姉さんの話題が出てきただけだと思ってました(言わなきゃわからなかったよ・笑)。

秋田県に手のひらぱっくりだなんて(涙)。想像しただけでも痛そうです。それに野菜もこなかっただなんて(号泣)。もう傷はわかんなくなりましたか?今度見せてください!

Posted by: 京丸 | 05.07.2009 at 07:12

◎NAOJIさん

やっぱり犬は危ないですよね。走っている人を見ると反応するし。ランニングに良い道って犬の散歩にも適してるので、ラン中は犬に遭遇することが多く、しょっちゅう喧嘩をふっかけられます(汗)。
本当に怪我が大したことなかったのと、飼い主がいい人だったのでよかったです。生活に支障の出るような傷だったり、飼い主に誠意がなかったりしたら、と思うとぞっとします。交通事故のように保険に入ってる訳じゃないし。

NAOJIさんのお友達も被害に遭われたんですね。お互いに気をつけましょう。ふう。

Posted by: 京丸 | 05.07.2009 at 07:16

◎海実子さん

はい~。今回は本当に肝を冷やしました。飼い主は平身低頭でしたよ。実際にはそうじゃない人もいるかもしれません。治療費だって(第三者行為なので)けっこうかさみますし。相手が良い方だったことが不幸中の幸いでした。ですが、仰るとおり、犬のしつけはイマイチですよね。そして飼い主としての自覚も。結果として自分に跳ね返ってきますし。

本当に大事に至らなくてよかったです。通院もひょっとすると後一回で終わるかもしれません。はー、本当にびっくりしましたよ!

そして。謎の番号で「おれおれ」。確かにオットの声なんですが、これってやっぱり「おれおれ!?」とこれも衝撃でした。でもウケていただけてちと嬉しいです(お笑い体質なので)。

Posted by: 京丸 | 05.07.2009 at 07:23

◎みなみさん

ありがとねん。傷は軽かったので、がぶりと噛まれたときは痛かったようですが、今は痛いのは薬を塗る時くらいです。

みなみさんのダーリンさまも噛まれたことがあるのね(涙)。事故に遭った犬、興奮状態だったんだね。それにしても恩知らずなヤツだな。犬、それも野良犬かもしれない犬に噛まれたとなると、それはそれは心配だよね。お互いになにごともなくてよかったよ。うちの場合は幸いにも飼い主がいい人だったからまだ良かったけど、飼い主がわからない(野良かもしれない)と治療費も全部自己負担だし、野菜はもらえないし…(ん?)、大変だったね。

ラン中はどうか気をつけておくれやす。世の中ペットブームだから本当に犬を連れてる人が多いけど、マナーがなってない飼い主が多いよね。ランナーにとっては身の危険を覚えるよねえ…(ため息)。走ってると文句言う暇もないし(笑)。どうか犬を見かけたら、できるだけ遠ざかってね。

…ってロッキーが飛び掛ってきたらかなり怖いよ!!

Posted by: 京丸 | 05.07.2009 at 07:37

◎AKAさん

お陰さまでどうにか傷も、衝撃を受けたハートも落ち着きました。

ありがとうございます。AKAさんも危機一髪でしたね。小さな犬でも噛めば充分に感染の恐れがあるし、興奮していると力強く噛むかもしれないので大怪我になりますよね。それにしてもリードつけてないだなんて、どういう神経じゃ(涙)。結果的に犬にも危険が及ぶことになるわけですから、飼い主はもっと自覚しないと。ぷんぷん!

AKAさんは今後、ぜひともラン中にキックの練習にも励んでくださいませ(笑)。

あっ、くだんの犬ですけれど、ゴールデンのようでしたが、私は犬に詳しくないのでひょっとすると間違ってるかもしれません。大型でベージュ色で、一見大人しそうな感じでした。いずれにせよ、しつけは良くなかったということのようです。ふう。

Posted by: 京丸 | 05.07.2009 at 07:46

ブログの趣旨と合わないコメントを1件削除しました。

Posted by: 京丸 | 28.07.2009 at 14:22

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« コンタクトレンズ | Main | 久しぶりの更新 »