« Kasım 2009 | Main | Mayıs 2010 »

31.12.2009

2009年の最後に

気づくと大晦日。今年もあと数時間で暮れようとしています。

実はこの1年に色々なことが起きました。私自身にも、家族にも。思うところあってライフスタイルも変えることにしました。ですが、悪いことばかりが起きたわけじゃなくて、いいこともいっぱいありました。仕事も頑張ったし、お陰で長い旅にも出ることができた。

そうそう、ネット上でしか会うことのなかったブログ友にも会えたし、読書はまあまあ充実しました。あっ、休肝日は途中からなし崩しになっちゃったな。来年はもう少し真剣に頑張ります。

ランニングにはまだ復帰できていません。故障箇所はじわじわと治りつつありますが、走り始めるにはもう一歩というところかな。時期はいつになるかわかりませんが、必ず復帰するつもりです。NYCの当選枠もキープしています(笑)。

このブログの更新頻度は少し落ちてしまいました。ですが、今日過去ログを読み返してみて、やっぱり私は言葉を使って何かを伝えることが好きなんだと改めて感しています。それもやはり、読んでくださる人がいてくださるからこそ。皆さんに感謝しています。来年もちびちびとここに何かを書いていこうと思っています。また覗きにいらしてくださると嬉しいです。

来年もどうぞよろしくお願いします。皆さん、よいお年をお迎えください。

| | Comments (9)

03.12.2009

マレー蘭印紀行

業爆で撃沈していた間にココログの表示方法が変更されていた。おそらくスパム投稿を防止するための措置なのだろうけれど(むだでしたよ~。スパム様はしっかりお越しになっていました)、下手なりに心を込めて撮った写真や、自分の文章が勝手にぶった切られるのはあまり面白くない。

そういう訳でとっとと元に戻すとともに、表示をトルコ語に変更してみた。さすがに表記すべてをトルコ語で対応するというのは無理のようだけれど、アーカイブの月の名前はトルコ語に変更されていた。ふふ嬉しいな。ご覧の皆さんには何のことやらさっぱりかもしれませんが、音のニュアンスで類推してください(すみません)。見慣れない言葉でしょうけれど、だからこそ異国情緒たっぷりでしょう?今度はアラビア語にしちゃおかな。

12月に入り、慌しさもじわじわと加速中です。仕事は相変わらずキチキチに詰め込まれているけど、読書の時間をどうにか捻出したい(前回も言ったな~)。最近の読書でよかったものは

Photo 「マレー蘭印紀行/金子光晴(中公文庫)」

今回のマレー旅行のきっかけとなった本。随分昔に読んで、内容はすっかり忘れていたのだけれど、肌にまとわりつくマレーの陽射しのイメージがこの本からしっかり脳に焼きつけられていたため「そうだ!マレー半島に行こう」という気になったのでした。

旅行前に読み直したいと思っていたのですが、近所の紀伊国屋には在庫がなく、帰国後に改めて入手して読んでみました。

金子光晴の見たマレーと今のマレーは随分様子が異なり、私が見たマレーはすっかり都会になってしまっていましたが、この本を読んでまた改めてマレー半島を旅したくなりました。それにしてもpolitically incorrectな表現(差別表現)のオンパレードだ。しかしこれがなくてはこの本の持つ風合いは醸し出されないのだ。また何度かこの本を読み直すことになると思う。

| | Comments (8)

01.12.2009

帰国してます

何だー、私。ハジャイで止まってしまっておるではないか!

ご覧くださってる皆さん、申し訳ありません。帰国した途端に業爆に陥ってしまいました。でも、続きもじわじわアップしますのでお待ちくださいませ。

帰国後のワタクシ。仕事して、ご飯食べて、飲んで、寝る。この繰り返しであります。もう少し読書の時間を捻出したい。色々思うところあり、仕事+生活スタイルを変革中であります。

| | Comments (2)

« Kasım 2009 | Main | Mayıs 2010 »