« 5月8日 第1日目出発 | Main | 5月10日 第3日目アンマン »

10.05.2010

5月9日 第2日目アブダビ~アンマン

2010arabturkiye58_008_2

実は北京では待ち時間1時間のはずが3時間ほど飛行機が動かず、アブダビ到着時、既にアンマン行飛行機の離陸時間までわずか10分しかない状態で肝を冷やした。どうにか乗れたけど。いや本当は乗れなくてアブダビ滞在となってもよかったんだけれどね。

アンマンまでは3時間。アブダビまでの長い道中と比べたらあっという間。到着した「クイーン・アリア国際空港」は15年前のアタチュルク国際空港(イスタンブル)とそっくり。

2010arabturkiye59_006

そしてアンマン自体がかつてのトルコを彷彿とさせるホスピタリティだった。バスに乗るにも、セルヴィス(乗り合いタクシー)に乗るにも、町を歩くにも「ウェルカム!」「ハロー!」の連続。ああ、そういえばシリアもそうだった。かつてのトルコがそうだったと思うということは、ひょっとするとトルコはもうアラブのホスピタリティを忘れてしまったのかもしれない。そんなことを考えながら宿に着く。

トレドホテル。初日だけネットで予約した中級ホテル。まあまあかな。

2010arabturkiye59_015

荷物を置いてダウンタウンを目指す。やはり中東の町、陽射しはじりじりと肌を焼く。聞けばちょうど初夏の暑さが始まったらしい。渡航の疲れと気候の差で疲労困憊し、セルヴィスを使わなかったことを呪いながら徒歩20分でダウンタウンへ。

明日の宿を決め、市場へ。やはりここも野菜が美しく、そして大きい。つやつやで存在感のある野菜が並ぶ。そして市場はいつも活気に満ちている。

足は痛いし、暑くてだれるので果物の生ジュースで休憩。0.5 JD(65円)は現地では贅沢じゃあるまいか。

今回の旅ではこともあろうかスカーフを忘れたので露天で美しい若草色のスカーフを買う。値切って2 JD(270円)。これはいいお買い物でした。

写真は市場あれこれ

2010arabturkiye59_020

2010arabturkiye59_021

つやつやズッキーニ

2010arabturkiye59_022_2

2010arabturkiye59_023

なすびぷりぷり。バナナは枝つき。

2010arabturkiye59_024

2010arabturkiye59_009

ぶどうの葉。そしてついでにゴマパン。

2010arabturkiye59_018

スカーフを被って「アル・フセイン・モスク」へ。どうぞ、と言われて中に入ったけれど、3歩中に入ったところで「女子はそこまで」と言われて断念。ちぇ。ジャーミのしきたりも国によって違う。

気を取り直して、ニンファエウム(妖精ニンフの噴水があるという遺跡)、ローマ劇場(この地域の劇場はいずこも同じだけれどいずこも感動する。ここは結構規模が大きい)、そして隣接する博物館2つ、そしてコンサート会場だったという「オデオン」を見る。

2010arabturkiye59_028

2010arabturkiye59_029

いずこでもいずこでも、片言のアラビア語が役に立つ。ここでは珍しいアジア人顔だからかな。喜ばれると私も嬉しい。そして旅は楽しさを増す。

2010arabturkiye59_033しかし! 問題はここでもやっぱりビールだ。ビールがない!のだ。店にも、レストランにも。散々歩き回ってようやく1軒だけリカーショップを発見。今晩は疲れているし、ここでビールを買って、宿の近くで買い食いして夕食にする。

チキンの丸焼きはシリアだけでなくここでも人気らしい。この丸焼きのハーフ(2 JD=270円)と、野菜料理のミックス(鳥、ソーセージ、ひき肉、レバーなどと野菜を使った料理、2JD)、ピラウ(炊き込みご飯 1JD)を買って宿で食す。いずれも美味しく舌鼓を打つ。これでビールを飲めたらねえ(ため息)。あと、ホムス(パン)がついてきたので、ピラウは不要でした。

腹もくちくなり、8時過ぎから泥のように眠ったのでした。

旅のお小遣い帳
Exchange $200 → 140 JD(including fee 4 JD)
Shuttle bus 3 JD@
Service(Bus station → Abdali) 0.5@
Juice  0,5@
スカーフ 2
ローマ劇場 1@
service  0.3@
夕飯  5
水  0.2
ビール  5.5
残金  112.7

|

« 5月8日 第1日目出発 | Main | 5月10日 第3日目アンマン »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 5月8日 第1日目出発 | Main | 5月10日 第3日目アンマン »