09.09.2009

魚金@池袋

東京滞在時はずっと叔母と過ごしていたのですが、そう言えば最終日は妹夫婦と合流して4人で池袋で食事をしたのでした。ご馳走するから池袋でよさそうな店を選んどいて、と言われたので、ネットで探しまくる。イタリアンにするか、それとも居酒屋? 散々探した結果、見つけたのは「魚金」というお店。リーズナブルで美味しかったので、備忘録として書いておきます。

そもそも新橋のサラリーマンに人気のお店が池袋に進出したそうな。お魚が美味しいお店らしく、あまりの人気に平日2時間半、週末は2時間しか予約が取れませんでした。入り口にはお断り担当者(!)と思しき人がひっきりなしにやってくるお客さんを断ってました。予約してから行きましょう。

20090816_011 20090816_002_2

新橋系おじさま向けのお店かと思ったら、普通に綺麗なお店だった。でもお客さんのサラリーマン度はかなり高い。まずは生牡蠣をオーダー。

20090816_003_2

きゃー。すごいんですけど。そして噂の6点盛り。実は12種類乗っかってる。

20090816_004

ここにも牡蠣が(次回は牡蠣を単独でオーダーするのはやめとこう)。実にこの刺身盛り合わせで私は既に満腹に。お魚でお腹いっぱいだなんて、なんちゅー贅沢。特に美味しかったのはサバとなめろう。これで2480円って(驚)!

20090816_005

そしてシーフードサラダ。しかも大量。これでもか、これでもかでありますよ。

20090816_007

イカのゴロ焼き。イカが新しくないとできないメニューですね。私は既に撃沈状態。

20090816_008

人気の石鍋ごはん(1280円)、2合です。注文してから炊き上げるので早めにオーダーしなくてはなりません。持ち帰りもできるので、多めに注文する人もいるんだとか。テーブルにやってくるとお姉さんがちゃっちゃと混ぜてくれます。これはほたてバージョン。

20090816_009

てんぷら盛り合わせ。私はもう一口も入らず。美味しかったそうです(悔しー・涙)。そして日本酒はこんな感じ。20090816_010

1合をオーダーするとこんな風についでくれるので、酒好きは、うはははと喜ぶわけです(ただし注ぐ人によって、なみなみにしてくれない時もあり)。

もう勘弁してー!というところまでお腹いっぱいとなり、妹夫婦はさんざん飲んでいましたが料金は平均してひとり3500円くらいだったそうです。安っ!

次回は隣の魚金バール(こじゃれたイタリアン魚介系バルらしい)にも行ってみたいぞ。

魚金

東京都豊島区西池袋1-35-8(西口一番街)
03-3986-2738

| | Comments (10)

07.05.2009

もやしもん

ここ数日、身も心もへとへとになるほど忙しくて、すっかりよれよれなのですが、忙しい時に限って塩漬けしっぱなしのアンチョビのことなんぞを思い出のよね。あー、このまま放置してたら全部魚醤になってしまうぞ。

去年イワシを仕込んだのは6月27日。以来1年近くガスレンジの下でずーっと寝かせていたわけです。原型を留めてないかも。腐ってるかも。恐る恐るジップロックを開けると腐敗臭ではなく香ばしい煮干の香りが漂う。イワシも型崩れしてない。うわーい、成功だ!

Img_2662手開きで頭と骨、内蔵を取り、濃い塩水で鱗を落として、どんどん瓶詰めに。庭でちぎってきた月桂樹の葉と唐辛子を入れて、最後にオリーブオイルをたっぷり。うふふふ、アンチョビ大好きなんだあ。そのまま食べてもよし、サラダにも、パスタにも、ピザにもよし。試しにオイルに漬ける前のアンチョビを試食してみたら、深みのある塩辛の味がしました。美味しい~!

それから、ジップロックの中に溜まった水分をコーヒーフィルターで濾したところ、深い褐色の美しい魚醤も取れました(後ろの小さい瓶)。これもすごくコクのある良い味に仕上がってます。ふふふ、魚醤は東南アジア料理に欠かせないのだ。

「もやしもん(=発酵もの)」の威力を改めて知る。1年も前に仕込んだイワシが腐ることなく、どんどん味わいを増して美味しい保存食になるだなんて。残念なのはたっぷり作ったつもりでも、出来上がりはほんのちょっぴりになってしまうということ。今年は大量に仕込まなくっちゃ。

| | Comments (0)

02.05.2009

Gの季節、到来

Img_2656Gと言ったらこれ。既にお世話になっています。んもう、大好きなのだ。

上からスタンダードのソーダ、杏仁マンゴー、南国パイン、グレープフルーツ。

マンゴーとパインは新作らしい。今年は南国風味だなあ。

| | Comments (10)

17.01.2009

二郎系、ふたたび

Img_2590 もはや私はジロリアン? 先週行ったばかりの二郎系ラーメン屋「太一商店」に今日も足を運んできました。リクエストにお応えして、今日は写真を撮影しましたよ。

お店はこんな感じ。今風な店構えです。開店から10分も経たないうちに満席となり、店内では津軽三味線風の景気のいい音楽ががんがん流れる。

食券を購入し、背脂、ニンニク、野菜、たれの量をそれぞれ「少」「普通」「多」から選択する。今日は背脂を「普通にしてみました。やってきたラーメンはこんな感じです。

Img_2592 Img_2593

手打ちの太麺は食べ応えたっぷり。今日は二日酔いじゃなかったお陰か、それとも慣れたのか、先週ほど大変な思いをせずいただきました。

お値段は600円。リーズナブルですね。立て続けに2回足を運んですっかり満足しました。来週は行かなくてもいいぞ(ほんとか?)。

***

Photo

「光(三浦しをん)」

ランナーな方には「風が強く吹いている」でお馴染みの三浦しをん。「風が…」も、他の作品も語り口が軽く、私の中では「若いラノベ系」に位置づけられていた。エッセイは爆笑系だし。でも、なんか巧いんだよな~。そう思っていたら、おお化けしました。いつものラノベ系の味わいを求めて読んだら、驚嘆するかも。これまでの作品とは一線を画した作品。

三浦しをんは暗黒な話を書きたかったという。そして生まれた物語がこの「光」。理不尽で圧倒的な暴力を受けたら、人はどうなるのか。どうするのか。暴力は暴力でしか返すことはできないのか。そして人は誰も、押し寄せる死という波から逃れることはできないのだ。どんな形の波であれ。

この物語の題名はなぜ「光」なんだろう。末尾の一行に島が「白い光」に包まれた、とある。しかし、奥付の英語の表題には「The dark light」と記載されていた。ふむ。

三浦しをん、今後が楽しみです。

| | Comments (4)

24.12.2008

クリスマスイブ

ここのところ「12月はクリスマスで酒が飲めるぞ~」という懐かしい唄が頭の中でエンドレスに流れている京丸です。

そういうわけでクリスマスイブの今朝、ちょっとだけ神聖な気分で目を覚まし、朝のパンを焼こうとオーブンの予熱スイッチを入れたところ、壊れとるー! 全然温まらないのだ。じっくり観察してみるとターンテーブルが回ってない。ええええ、今日はクリスマスイブなんだぞ!オーブンが使えなかったらどうするんだ!昨日から仕込んでいるローストチキンは(涙)!

何度かオーブンの扉を叩いてみたら(家電が壊れた時はとりあえず叩いてみる)、思い出したようにターンテーブルが回り出した(やっぱり有効)。祈るような思いで庫内を掃除してみる。お願いだから今日一日持ちこたえておくれよ~。

Img_2588なだめてすかして(そして何度か叩いて)どうにか作ったローストチキンがこちらであります。とりあえず、いつもと同じく美味しく出来たのでよしとしましたが、このオーブンレンジも15年もの。またまた買い替えかなぁ。くすん。

*「アムステルダム(イアン・マキューアン)」読了。感想はまた後日。

| | Comments (0)

23.12.2008

いきなり団子

クリスマスを目前に控えて、何だかどたばたと慌しい。今日はクリスマスの食材調達の途中、「松ノ屋本店」でいきなり団子を買い求めました。我慢できず車の中で頬張る。

Img_2586いきなり団子というのは熊本で古くから愛されているお菓子です。ふかしたサツマイモと餡子を求肥で包んだ素朴な味がします。素朴だけど味わい深く、特に女性に大人気。勤め人時代の頃は出張の時によく、お土産に買ってきて!と熱いラブコールを受けたな~。

熊本にはいきなり団子を売るお店がたくさんあるのですが、このお店は何故かいつも売り切れ。そんなに美味しいのか!とずっと気になっていたのですが、今日ようやく買えました。冷え込んだ朝にホカホカのいきなり団子はお腹も心も温まる♪ 求肥はもちもち、お芋たっぷり、かすかな塩気がたまりません。最近はよもぎ味の求肥とか、紫芋を使ったものもあるようだけど、古くから伝わるこのスタンダードないきなり団子が一番美味しいと思う。あっ、名前の由来は諸説ありますが、「いきなり(すぐに)」作れるから、というのが定説かな。

最近は空港でもいきなり団子を販売しているようなので、熊本にお越しの機会があったらぜひ召し上がってみてね>遠方の皆さん。

081223*「風に舞いあがるビニールシート(森絵都)」 児童文学出身には上手い作家がいるなあ。佐藤多佳子しかり、梨木香歩しかり。この森絵都も長いこと児童文学で活躍した人らしい。ロマンチックな名前のお陰で手に取るきっかけを逸していたのが悔やまれる(これは梨木香歩も同様)。6編収録のうち表題作と「鐘の音」が特に好み。

| | Comments (0)

01.12.2008

週末あれこれ堪能

前回の記事でご紹介した「ゆず酢」の美味しさは感動的で、週末は脂の乗ったサバの刺身と鍋物でゆずを堪能しました。青魚が特に合うようなので、年末は塩で〆たブリで頂いてみるつもり。そうそう自家製のゆずポン酢で頂く鍋も激旨でした。こうして舌が肥えていくと、市販のものを美味しく感じられなくなるので、良し悪しであります。

そして昨日はまたも阿蘇郡西原村へ。山を歩くには少し風が冷たくなってきたかも。

Img_2571 Img_2572

今回目指したのは「権現山」と「高畑山」という小さな山でしたが、「権現山」は登山口を見つけられず、山のふもとを一周してしまって頓挫。気を取り直して向かった「高畑山」は予想よりも遠すぎて大失敗。行けども行けども登山口に到達できず、くたびれて引き返す始末。うう、まぬけだ~。初めから高畑山だけにしておけばよかったかも。まあでも、登頂はできなかったけど、随分と高いところまで自分の足で登り、阿蘇のやまなみから眼下に広がる美しい景色を堪能したのでよしとするかな。下り坂では2km程ゆっくりと走ってみたし、帰り道では農産物の直売品をたくさん購入してほっくほく。良い一日となりました。

| | Comments (4)

30.11.2008

ゆず酢

今年もそろそろ柚子の季節。我が家の柚子の木は、家を建てた時に父が買ってくれたもので、植えてから10年以上経ってようやく数年前からそこそこの量を収穫できるようになりました。「桃栗三年、柿八年、ゆずの大馬鹿十三年」と覚えていたのですが、「柚子の馬鹿めは十八年」という説もあるそうなので、いずれにせよ実がつくようになるまでに結構な時間が必要なのですね。小さな庭の小さな木に、ちょっぴり成る柚子の実ですが、寒さを迎えるこの時期に豊かなひとときを食卓にもたらしてくれます。

とは言っても、冬至の日に柚子湯にする以外にはあまり使い道もなく、和食の飾りにするくらい。頻繁に柚子を使うこともなく、これまでは毎年、皮のみじん切りを冷凍して、使いこなせないまま次のシーズンを迎えていました。

Img_2567ところが!今年はタイムリーにNHKの番組で柚子酢の作り方を知りました。いや単に搾るだけなのですが、その搾り方で香りが全然17倍も違い、料理を断然引き立てるのだとか。柚子の名産地では色々な料理にこの柚子酢を使っているのだとか。

おお、これなら無駄にすることなく使いきれるし、美味しくいただけるのなら言うことない。そういう訳で私も作ってみました、柚子酢。搾り方は上記リンク先をご参照ください。我が家の柚子はちょっと小ぶりなので、これで50個分くらい。搾った残りの皮は、冷凍して次の出番を待つことに。

うふふ、今日はこの柚子酢をドレッシングに使ってみます。ご当地では刺身にも使うんだとか。良いかも、良いかも!それからちょっと早いけど、冷凍した皮で柚子湯にしよう。楽しみだな。

| | Comments (8)

13.10.2008

日本本土最南端「佐多岬」へ

なぜだろう、なぜか先っぽに行ってみたくなる。岬に何があるんだ?海しかないんだけど。

四国旅行で先端にすっかり魅了された私たち。日本本土最南端である「佐多岬」に行ってきました。念のために言っておくと、この前ウニ丼を食べたのは愛媛県の「佐田岬」。今回は鹿児島県の「佐多岬」。別物なのよん。

高速を降り鹿児島県に入ったら、まずはお昼ご飯。以前「鉄」な方々とこのあたりの廃鉄の旅に出かけたときに出っくわした美味しいラーメン屋「もりやすラーメン」を再訪。

Img_2476

Img_2479

豚とろラーメンと餃子。このお店の豚とろは脂ギトギトでなく、本当にとっろとろ。麺が極細なのが個人的には今一歩(私はもう少し歯ごたえのある麺が好き)だけど、スープには臭みもなくまろやか。隣のテーブルには「るるぶ」片手の観光客もいたので、ガイドブックにも載ってるんですね。

Img_2480錦江湾を眺めつつ大隈半島を南下。どんどん景色が南国化してくる。道端にはソテツの木々が並び、バナナと思しき樹木も自生している。

桜島を通り過ぎると、眼下に外海が広がる。途中「薩英戦争砲台跡」なども通り過ぎる。幕末がマイブームな私はちと嬉しい。

Img_2492 海の景色を存分に堪能し(遠かった…)ようやく岬へ。岬の先端に近づくにつれ、景色はますます南国化していく。ガジュマルの枝が揺れた…と思ったら、うわああああ野生の猿だ。道いっぱいに広がって猿が遊んでいる。ここはきっと木の実などの食べ物も多いんだろうな。

Img_2483 Img_2486_2

駐車場に車を停めて、さらに20分ほど歩いてようやく先端に到着。灯台は先端のその先の小島にあるため近寄れず、残念。この岬のきらきらと輝く海の向こうに屋久島や種子島があるという。これまで屋久島も種子島も遠い存在だったのに、隔てるものが海だけとなるといきなり近く感じられる。

距離を把握してなかったので、佐多岬を制覇した後には、野生の馬が生息している都井岬、もしくは薩摩半島の長崎鼻にも行きたいな~などと無謀なことを考えていたのですが、それは本当に無謀な話でした。だいたい、海岸線をなめるような道はジグザグくねくねでスピードは出ない上、距離は地図上の「ぱっと見」より随分長いのだ。佐多岬への往復で570km、全行程11時間を要したのでした。教訓「1日1岬」やね。学びました。

最後に。鹿児島と言えば芋焼酎。ラーメンを食べた「もりやすラーメン」では芋焼酎「森伊蔵」が1合400円です。さっすが地元。以前、訪れた時にはのんべの仲間達と狂喜乱舞して頂いたのですが、今回は運転があるので泣く泣くあきらめました。ざんねーん。

焼酎好きの方ならご存知のことでしょう。この「森伊蔵」は数ある芋焼酎でも最も値段が高騰している焼酎で、全国的な市販価格は1升3万円だとか。信じられーん。いや、確かに美味しい焼酎なんですが、店で出す1合400円という値段は適正価格なのですよ(つまり本来の販売価格は2500円くらいですな)。焼酎って、土地の身近な材料で作り、普通の晩酌に飲むものです。酒造メーカーでは適正価格で販売されているというのに、美味しいと評判になった銘柄は荒唐無稽な値段で取引されているのが実情です。

馬鹿馬鹿しくなり、我が家ではかつてほど芋焼酎を飲まなくなりました。最近はこうした馬鹿げた焼酎ブームもやや収まりつつあるようですが、こうして値を吊り上げるような流通方法がなくなるとは思えないなあ。

いつでも、どんなものでも手に入る便利な世の中になったけど、それが却って災いすることもあるということね。

| | Comments (4)

05.04.2008

レバーソーセージ

今朝、昨日よりさらに故障部分の違和感が抜けていました。走る前のチェックのつもりで2kmを早足ウォーク。股関節は全くストレスなし、脚の違和感もあとほんのちょっとというところです。走ってみると、また違和感が出るかもしれませんが、走ってよろしいというお墨付きも頂いたことなので、今日は夕方走ってみる予定です。走った後のビールが楽しみだな。

Img_1678 話変わって、昨日見つけた美味しいもの。いつも足を運ぶパン屋(実は経営しているのはお肉屋さん)で見つけた逸品、レバーソーセージです。外国製っぽい包装ですが、中身はこのお肉屋さんが製造しています。スパイスが効いていて美味~。皮もないし柔らかなので、ソーセージというよりペーストだな。カリカリのバケットに、そして赤ワインにぴったり。おまけにレバーなので、鉄分豊富です。今度は自分でアレンジして作ってみようっと。

| | Comments (0)

より以前の記事一覧