20.09.2009

Facebookに登録

行方がわからなくなっていたデンマーク人の友達をネットで探していたら、どうやらFacebookという世界的SNS内に生息(!)していることが判明した。よくよく探してみると、トルコ時代の友達もこのFacebookに登録している模様。

そういう訳で私もFacebookに登録してみた。すると、連絡の途絶えていた別の海外の友人から早速リンクの依頼が。この前の旅行で知り合った人からも。海外では友人とのコミュニケーションツールとしてとても流行っているらしい。友達の友達は友達という(遠いどこかで聞いた台詞だな)ことで、思わぬ人の消息を知ることもある。プロフィールに南米文学が好きだと書いたらまったく知らない人からスペイン語(多分)でメッセージが届いた(わ、わからん)。こんな風に、細々ながら海外の友達とのやり取りに利用している。でも日本人で登録している友達は一人だけだから、使いこなしてるという感じにはまだまだ程遠い(ちと寂しい)。

このFacebookというシステムは自分のアドレス帳の中からFacebook登録者を検索する機能もある。まだあまり日本では普及していないので私のアドレス帳の中には3人だけしか登録者はいなかったのだけれど(気が小さいのでまだリンク依頼してませんが、近いうち勇気を出してリンク依頼を出してみようかな。どきどき。その時はよろしくね)、これから日本でも普及するかもね。特に海外に友達がいる人は重宝しそう。

趣味の集まりもあるし、クローズドの掲示板で友達と語り合うこともできるので、使い方によっては色々と楽しめるかもしれないな。ここをご覧の方でFacebookに登録してる方がいらしたら、リンクしてくださいね。

| | Comments (2)

11.09.2009

パソコンの一日

そして話題はまたもパソコンへ。

先日「マザーボードが壊れている」として修理せずに戻ってきたノートパソコン、どうにかならんものかと今更ながらにあれこれ動かしてみる。回復コンソールとやらを使ってみると、おおおおお!何だか動きだしたではありませんか。これは修復可能か?パソコンは焦らすように、のらりくらりと設定画面を行き来する。

結局フォーマットの画面に到達する。パーテーションの残り容量を見るとデータはどうやらどっかに消えたようです。あれこれ試してみたけれど、残る手段は再インストール(涙)。

えい!と再インストール。結局、データはすべて消えてしまいましたが、初期化されたノートがそこに…マザーボード壊れてたんじゃなかったの? 謎は深まりますが、もう次のパソコンは明日にもやってくるわけだし…

ピンポーン♪

ややや、次のマシンがやって参りました。はあ~早いよ。これはもうノートのことは忘れなさいってことですね。とりあえず仕事場に運び、机の場所をあれこれと換えて(雑巾がけなどもしつつ)セッティング。昔よりパソコンのセッティングって簡単になったね。とは言え、スペースを作って(これが一番大変でした)、配線して、主なソフトをインストールして、使えるように設定してしまったらあっという間に夕方。ふう、今日は一日、パソコンの設定で終わってしまいました。

200909010_2設定の終わった本デスクトップスペースはこんな感じ。この前購入した椅子も合わせて写真にしてみました。実際にはこのパソコンの左手~後ろに他のパソコンが控えております。

新しいパソコンは画面が大きくてイイ感じ。処理速度もばんばん速い(ような気がする。気のせいかも)。

結果的に模様替えすることになったので、ガラクタもいっぱい処分して仕事部屋もすっきり。時々は模様替えしてリフレッシュするのもいいものですね。

あ、生き返ったノート、どうしよう。セキュリティソフトを乗せ換えて、ネットにはつなげなくなったので居間での逃避仕事用にでもするかな。

| | Comments (6)

02.09.2009

ゴーヤの花

近頃の台風は九州を素通りして、関東以北に行くようになったようだ。これまで台風と言えばとても身近な話題だったのだけれど、大雨や寒さの話題をよそにこの町は連日35℃近い暑さが続いている。今日も予報は35℃、あと1週間はこの暑さが続くそうな。早々に涼しくなった朝夕を寂しく感じていたので、残暑も嬉しい。ビールも美味しいしね。

20090902_001今年は花も実も少なかったゴーヤが、ここにきて少しずつ花をつけだした。やっぱり暑くて陽射しがあればゴーヤも元気がでてくるんだな。写真は久しぶりに見つけたゴーヤの雌花。花の段階からお尻がゴーヤの形をしていて可愛いのだ。ゴーヤは枯れた葉を摘んで風通しをよくすると10月頃まで収穫できるのだそうだ。我が家のゴーヤも頑張ってくれるといいな。

パソコンは修理せず、新調することにした。パソコンショップに行く時間はないし、スペックをあれこれ好きに設定したいのでネットで探す。DELLにスペックについて問い合わせの電話を入れてみたら、あっという間に見積書が送られてきて、とっとと決まった。めでたい。ここで色々とご指南いただいたお陰です。ありがとうございます。

今回発注したのはデスクトップ、11万ほどでまずまずのスペックとなった。高度な作業はしないので充分だ。次はVistaかと恐れていたのだけれど、無事にXP搭載マシンが見つかった。よかった、よかった。発注まではあれこれ悩んでも、注文してしまったら今度は到着が待ち遠しい。納品まで10日~2週間かかるらしい。楽しみだな。

| | Comments (4)

31.08.2009

パソコン、その後の顛末

お酒が弱くなりあっという間に回るようになったからか、10時を過ぎると眠くてよれよれだ。そして、年のせいなのか(そうなのか!)5時には目が覚める。

いーや、よく考えてみると7時間くらい眠っているわけだから、5時に起きても普通なのだな(ほっ)。この町は日の出が遅いので5時だとまだ薄暗い。キーボードを打つ手を止めて、少しずつ明けていく空を眺めるのが最近のちょっとした楽しみになっている。夜明けの空はいい。天候に関わりなく必ず明るくなるからね。

さて、業者に発送したパソコンですが、ハードディスクの重度障害でした。マザーボードが壊れてるんですって(涙)。もちろんデータは復旧しないんだそうな。おまけに、そこまでお金をかけても古くて低スペックだしね。そういうわけで発送したパソコンは返送してもらって廃棄処分とし、近々1台新調することになりそうです。とうとう我が家もVistaを導入することになるのかな。新しいOSなんて久しぶりなのでビビってます。気がちっちゃいなあ。

| | Comments (5)

27.08.2009

パソコン壊れる

上京直前にオットのノートパソコンのメモリも増設し、我が家のパソコンパワーアップ作戦は着々と進行中♪とほくそ笑んでいたのですが、当該パソコンは在京中にいきなり不調となり、波状的に発作を起こした末、とうとう起動しなくなった模様。

帰宅して様子を見てみたのですが、さっぱり駄目。Windows画面に行き着かない。NECのトラブルシューティングサイトの記事に従い、放電、BIOS初期化、通常起動、セーフモード起動などいろいろと試してみたけどやっぱり駄目。聞けば、バックアップしてない重要データがあるらしい(あちゃー)。再インストールするとデータ飛ぶかもしれないし。

ネットであれこれ探してみたところ、データ復旧・修理作業で5万円とか8万円とか12万円とか。ああああ、パソコン壊れて打ちひしがれてる人間にさらに追い討ちをかけるわけね。それでもデータが欲しいとなると、足元を見られるのだ。

20090827しかーし、探しに探して安いところはっけーん。修理見積もりが予算に合わなければ手をつけずに返送してくれるらしい。症状を話すと、故障は中程度らしく、修理料金も1万円を超す程度となることが明らかになった。あああ、よかった。今日発送します。

結果はまたここに報告します。それにしても原因は何だろう。やっぱりメモリ増設なのかしらん(涙)。

| | Comments (6)

12.08.2009

ほめ殺し

メモリ増設がブームであります。メインで使っているデスクトップのメモリも増設できないものか、とメーカーの対応機種検索サイトで探してみたら…私のパソコンはパソコンショップの自作製品だったので対応機種がわからない。サポートに電話してみたところ、結果的には「無理」ということが判明しました。くすん。でも、いいCPUを使っているので増設の必要はないそうな。そういう訳でデスクトップのメモリ増設はあきらめました。商売っ気のないI.O.DATAのお姉さん、アドバイスありがとう。

今日はノートパソコン用の断熱パッドを物色してきます。

そして、オットへの料理指南のその後。何でもいいから慣れることが大切、と昼食の冷やし中華の具から。ハム2枚ときゅうり半分をそれぞれ千切りするよう依頼してみる。おお、初めてにしては結構上手だ。そう言うと「ほめ殺ししても効かないよ」と釘を刺されました。ふふん、敵もなかなか心得ておりますな。

| | Comments (4)

06.08.2009

メモリ

3年ほど前に購入し、簡単な設定だけ済ませてほったらかしにしていたVAIOがあることを思い出した。モバイルに使おうと思ったら、予想外に重くて持ち歩けなかったのよ(涙)。お蔵入りならぬ、押入れ入り。

もったいないのでサブマシンに使うべく、ごそごそと引っ張り出して使ってみたところ、遅い遅い。まったく使えません。よおく見るとメモリ256MBとある。そりゃ遅いはずだわ。ネットで1 GBのメモリを発注、2680円なり。週末には届くので自力増設してみます。これでサクサク使えるようになるかな。

ちなみに「メインマシンとして使える高性能モバイル」というシールが貼り付けてありますが、基本仕様のままだとメインマシンだなんてとんでもないし、重くてモバイルもできませんなあ。私のチェックが甘かったのはさておき、嘘を言っちゃあいけません

そういえば今日はアマゾンから1 TBの外付けHDDが9280円というメールがやって来た。テラなんですか。驚きだ。

あれこれと気がかりなことがあり、ここ数日、読書がさっぱり進まず。無心に読めるというのは幸せなことだと改めて知る。

| | Comments (0)

18.04.2009

モバイル用パソコン

Img_2655思い立ってモバイル用の小さなパソコンを買いました。CPU 1.6GHz、メモリ1GB、容量160GBで驚きの39800円。パソコンを70万で買ったのはいつの日のことか。あの頃はGBなんてスペックはなかったなあ。

大きさは文庫本2冊分で重さ1kg、持ち運びも軽々です。これで、近所のスタバでちょっと見直しの仕事、なんてこともできるな。写真の通り、文庫本2冊分の大きさなので操作性はあまりよくないけど。

それにしても安いなあ。携帯の新機種より安いのだった。

| | Comments (8)

05.12.2006

接続トラブル

15km走の後、膝に少し違和感を感じたため大事を取ってランはお休みとしました。一夜開けてみたらほとんど痛みも違和感も消えていたのですが、これまでの故障の傾向を見ると、調子に乗った時が危険なので。筋トレも代わりとなる運動もせず完全休養でした。久しぶりに終日良いお天気だったので残念ですが、その分、仕事に励むことにしました。

それというのも…ここ1週間ばかり、我が家のネット接続状態が最悪で、仕事が全然進まないのです。あまりに遅いために5回に4回はタイムアウトして、画面が表示されない有り様。検索も不可能。メールも時々受信できません。スパイウェアの検索をしてみたのですが、感染してません。光に変えずにADSLで粘っていることが問題なのかなあ。何度かフレッツ光の営業の方がいらしたのですが、あまり熱心でなかったり、対応が今一歩だったりして、結局乗り換えることなく今に至ってしまったんですよね。ADSLにしてから数年。こうして時々、極端に接続速度が遅くなるんです。もちろん仕事に大きく影響します。

NTTに電話して状態を説明して、局側でモデムを交換して頂きましたが全然ダメ。そこで昨日、修理に来て頂きました。あれこれ接続を見ていただき、別のパソコンを接続したり、LANの様子を見ていただいたり…1時間あまり調査した結果…LANを組んでいるルータを通さず直結すると問題なし。つまりどうやらこのルータが原因のようです。試しにLANの電源をオン/オフリセットしたところ、あららあっさりいつもの速度に戻りました。なんだーそんなに簡単に修復するのね。この1週間の私の苦悩は一体…(涙)。

修理していただくまでは「もう光に変える!」と鼻息が荒かったのですが、治ってしまったらまたどうでもよくなりました。典型的な「喉元過ぎれば」タイプであります。とりあえず、押し迫った仕事を何とか片付けなければ!

一方、本日10時から12月7日15:00まで「ココログ」がメンテナンスに入ります。この画面はご覧になれますが、コメントはできなくなります。ココログ、有料だというのにメンテによるダウンが多すぎます。(先ほど17日まで、と書いてしまいましたが「7日」の間違いです。17日だといくらなんでも長すぎですよね。失礼しました)

| | Comments (0)

28.03.2006

モバイルできるかな

朝ランゆっくりjog40分。走り終わるとウインドブレーカの中は汗だくになる。股関節に爆弾を抱えている身で、少し長く走ると大丈夫かなと冷や冷やするのですが、今のところ大丈夫みたい。じわじわっと距離を伸ばしてみようと思っています。

今日はパソコンを購入。私がサブマシンとして使っているノートパソコンはいささか古く、モバイルとして使うには重すぎるので、思い切って買い換えることにしました。それというのも、青色申告を行っている個人事業主の場合この3月までに購入したパソコンは一括償却ができるからです。それに、うふふ、今年から遠征にもたくさん出かける予定ですし、NYCマラソンに当選したらパソコンも持って行きたいしね。購入したノートパソコンは一般的なノートと、モバイル系との中間くらいのサイズ、ちょうどA4くらい。ちょっと大きすぎたかも。でも純粋モバイル系はコストパフォーマンスが良くないので、適当なところかな。

「イン・ザ・プール(奥田英朗)」。この作品は直木賞を受賞した「空中ブランコ」の前作となったもの。変人の精神科医・伊良部先生と、彼のもとを訪ねる様々な患者との話です。患者はそれぞれ滑稽に描かれ、それに対峙する伊良部はこうした患者を凌駕する変人ぶりを発揮します。ですが、この本の面白さはそれだけではありません。伊良部の許を訪れる患者の様子は、(程度の違いこそあれ)現代人が抱える心の問題を映し出しています。読者は患者の姿を自分自身と重ね合わせ、そして変人の伊良部に魅力を覚え、いつしか救世主のように感じられてくるのです。大笑いできるエンターテイメント本ですが、ある意味とても癒されます。新作が4月に発売になるそうで、今から楽しみです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)