07.10.2008

「ハレ」と「ケ」

Img_2472日中はそこそこに暑く、仕事場ではいまだに時々クーラーを稼働させることもあるのですが、時折開ける窓から懐かしい香りが漂うようになりました。金木犀です。我が家の小さな金木犀の木にも黄金色の花がつきました。秋だなあ。

ブログの更新が停滞し、短期間に遠出の旅に何度かでかけたため、ブログだけだと旅行三昧の毎日に見えるかもしれません。でも、旅行はほんの数日。旅から帰った後は、これまでと同じ、地味~な生活を送っています。原稿を受け取り、訳して、納品。その繰り返しです。

こんな地味な仕事ですが、気づけば15年が経過しました。その昔、仕事を始めたばかりの頃、ご指南を仰いでいた大先輩に「とにかく10年続けなさい。この仕事は10年続けて初めて一人前」と言われたことを思い出します。今ではその方の連絡先もわからなくなってしまいましたが、いつかお会いすることがあれば、今もこの仕事を頑張っている、そう伝えたいものです。

「ハレ」の日々の高揚感も収まったことだし、また「ケ」の細々とした毎日について書いていくつもりです。

| | Comments (0)

18.05.2007

わたしを離さないで

職業柄、ホンヤクモノの書籍は読めません。楽しめないのです。原文と照らし合わせて読んでいるわけではないのに、「ははあ、あの単語をこう誤訳したのね(がっくし)」と要らんことで思考がストップします。これは決して自慢している訳ではなく、職業柄、仕方のないことなのです。日々、自分の訳の見直しをする際には、原文と照らし合わせるチェックだけでなく、訳文の文章の筋道から誤訳を見つけるチェックを行います。自分の書いた文章でこうした誤訳チェックを行うわけですから、人様の書いた文章の誤訳を見つけるのはそう難しくありません。そういう訳で、ホンヤクモノを紐解いても純粋に読書を楽しめないことが多いのです。

でも、海外の素晴らしい本を読みたい。知らない世界を堪能したい。えっ、それなら原書で読めばいいじゃないかって? はあ、仰るとおりです。時には原書も読みます。ですが原書で本を読むと、つい仕事モードに入ってしまうのです。つまり頭の中で訳文を考えてしまって、これまた楽しめない。それにホンヤクモノは勿論、英語で書かれたものだけじゃないですしね。そういう訳で海外本からは足が遠のいていましたが、このたび素晴らしいホンヤクモノに巡り会ってしまいました(三国志もホンヤクモノじゃないか、という突っ込みはこの際おいといて)。

070518 「わたしを離さないで(カズオ・イシグロ)」。カズオ・イシグロは幼少時にイギリスに移住した日本人。ですがこの本は英語で書かれており、れっきとした(?)ホンヤクモノです。思考が止まったのは一回だけ。ただしそれは誤訳ではありませんでした。他愛のない話から始まり、じわじわと、薄皮を剥ぐようにその世界が明らかになる。そして仰天、驚愕。こんなにも小説の世界に引き込まれたのは久しぶりでした。

この本に限って言えば、事前に内容に関する予備知識がないほど楽しめます。ですから、私も内容については一切お話いたしません。この本を読もうと思った方、決してアマゾン等の書評をご覧にならないでください

そして、こんなに素晴らしい訳書に出会ったのも久しぶりです。「カズオ・イシグロ」という作家の作品というだけでなく、訳者「土屋政雄」の手がけた作品を手に取りたいと感じました。同業者として身の引き締まる思いです。

| | Comments (4)

18.03.2007

トンネルの出口

毎年この時期は仕事が集中します。やはり今年も山積みで、東京マラソンが終わってからは息を詰めて仕事をしているか、走っているか、寝てるか(そして時々酔っ払っているか)という生活を送ってきました。長くて暗いトンネルの中をひとりもがいているような心境でしたが、ここ数日でようやくトンネルの出口が見えてきました。今年の業爆シーズンは(東京マラソン後の休養期ということもありましたが)、走るべき時に忙しさを言い訳にして走らなかったという日はなかったので、私としては上出来です。平日の朝ランが生活に定着したお陰かもしれません。

そういうわけで、昨日は15kmペース走にでかけました。まだ疲れているのか、それとも休んでいた間にすっかりなまってしまったのか、「このくらいなら楽だろう」と思えるペースだったのに、結構しんどかったので少なからずショック。またイチからがんばらなくっちゃ。

この穴蔵のような仕事部屋から窓の外を見やると春らしい明るい陽射し。今日はラン仲間が大勢、荒川や湘南でレースを楽しんだことでしょう。今日はこれから、仲間の健闘を讃えながら短い距離を走るとします。

| | Comments (2)

08.03.2007

春が来る

復活を宣言して2日、朝ランは順調。と言いたいところですが、2日目の昨日はストレッチ中にプチ腰痛が発生。ぎっくり腰のようなものではなくて、慢性的に感じているいつもの軽い腰痛が強くなった感じ。さらに念入りなストレッチの後に、身体を温めてからスタート。ペースが落ちることはなかったのですが、腰痛が発生している側の足、つまり左足に重くだるい疲労感が1日続く羽目に。腰痛自体は走っているうちに治ったのですけれど。気温も低く寒かったですし、やっぱり腰痛の時に走るのは注意が必要ですね。

さて、昨日は仕事の手を一旦止めて確定申告の日とあいなりました。私のような自営業は毎年この時期に確定申告をしなければなりません。何故こんな仕事のピーク時と重なっちゃうんだ、と毎年ぶつぶつ小声で文句を言いながら毎年申告書を作成します。申告書の作成ももう十数回やっている訳ですから、そうそう悩むこともありませんが、それでもお役所に出す書類ですから間違いのないよう時間をかけて丁寧に仕上げます。ほぼ1日を費やしてようやく終了。後は提出するだけ。この申告書を提出すれば今年も私に春がやってきます。

| | Comments (5)

10.01.2007

バレてる?

この職業に就いている人からは何らかのオーラが出ているのでしょうか。そういえば走る同業者の先輩が、職業の話題をしていないというのにランニングで知り合った人たちが語学や文学の話題を振ってくる、という羨ましい話をしてくれました(ちなみに私にはリアルラン友って少ないし、そんな話題を振ってくれる友達もそうそういません。友達少ないんです)。

そしてこの三連休、大切に寝かせていたDVD「ステラ・ダラス」の封を開け、居住まいを正してスクリーン前に座ったのは良いのですが、あらら日本語字幕が表示されません。どこをどう動かしても字幕なし。メインメニューを選べと書いてありますがメインメニューなんてどこにもなし。はあぁ、私の職業を知ってか、自分で聴いて理解せよということですね。嫌がらせでしょうか(涙)。そりゃ判らないということはありませんが、プライベートでゆったりしたい時間に神経集中したくなーい。仕事じゃあるまいし。

そういえばNYCマラソンの時も、旅行代理店は何故か私にだけレース参加のためのパンフレットを送ってくれませんでしたよ。届いたのは航空券だけ。ハンドブックとレジストレーションカードを成田で受け取れという指示はありましたが、それ以外何もなし。もちろんハンドブックもカードも英語ですよ。それに成田でハンドブックもらっても遅いって。さすが海外マラソン、参加のための情報収集は事前に自分でやれってことね。ええ、ええ、アタクシはNYCマラソンのサイトを地道に読んでメモを取り、レースに臨みましたとも。そして皆もそうだと思っていたのです。ですが、現地で会った仲間からは「えーっ、京丸さんとこには届いてない? 私には来ましたよ」と日本語パンフレットを見せてもらい、大笑いされる始末。がっくし。 いえね、確かに私の仕事は翻訳業です。読めと言われたらそりゃ読めます。ですがねー、同じお金払って何故私には来なーい! あの渡航前の死ぬほど忙しい時にサイトからエキスポだとか、バスだとか、フレンドシップランだとか、本番だとか色んな情報拾うのは本当に大変だったんですよ(涙)!

もちろん私も自分の職業なんて話してないんですけどね、バレちゃうんでしょうか。それにしてもいいことないなあ。くっすん。

| | Comments (7)

02.10.2006

14年目

10月1日は開業記念日。いつからこの仕事を始めたのかはっきりしないので、税務上の青色申告開業日を開業記念日としています。13年(多分)前の10月1日が開業日なので、14年目に突入です。13年目だったかしらん。正直言ってもうどっちでもいい(何だそれ。でも今度ちゃんと調べておこう)。ともかく結構な長い間、この仕事で糊口を凌ぎ、お断りするのを難儀するくらい引きも切らず仕事を頂戴できたことは幸せなことです。また、この仕事に就いたお陰で自分が予想外に働き者であることが判りました(ホントーです)。昨夜は自分への慰労のつもりでワインを開けましたが、夜の部の仕事が待っていたので1杯だけで我慢。

そういうわけで、今朝は夜鍋明けの朝ラン、身体が目覚めるのにいつもより若干長く時間がかかりました。神経が過敏になっている膝は、違和感はあれど痛みに発展することはなく7km終了。週末の13kmランも膝にはさしたるダメージはなかった模様です。どうやら少しは安心してもいい状態に落ち着いたのかな。…とほっとした途端に再発するのでまだ気は抜けません。ですがフルまでまだあと1ヶ月以上ある! あと3歩くらい調子が上向くといいな。

明日から数日所用で留守にしますが、ランニングシューズ持参します!

| | Comments (7)

09.06.2006

素人

煮詰まった仕事は結局、怒涛の完徹を経て納品した。1時間はベッドに倒れこんだので完徹はちょっと大げさですね。分野が違えど、蓋を開けてみたら量が多かろうと、原稿の文字が読みにくかろうと、言い訳にはならない。ひとたび仕事を請けたら、経過は問題じゃないのだ。締切までに品質を備えた訳文を納品すること。私に求められているものはそれだけ。

と、考えながら次の仕事をはじめた途端、別の取引先から電話。何でも、他所の取引先で請けた大量の仕事を納期直前になって投げ出した訳者がいるのだそうだ。で、私の取引先にも「助けてくれないか」と依頼が入ったらしい。時々こういう訳者の仕事が入ってくる。今年に入ってからはもう2回目だ。納期の朝になって「パソコンが壊れた」という人の仕事が回ってきた。パソコンで仕事をしていてバックアップも取っていないだなんてあり得ない。素人を使ってはいけません。

さて、ランニングは7日に7km。昨日は体調+天候を見てお休み。足首は「もう大丈夫」と自信が持てる域にはまだ達していませんが、様子を見ながら少しずつ距離を伸ばしています。今更という感じもしますが、とうとう当地も入梅したという話です。雨が続くと走れる日が減るなあ…。

◎おしらせ

ここのところ、怪しいサイトからのトラックバックが増えています。仕事の手を止めて削除するのが大変なので、しばらくトラックバックを受け付けないことにしました。

| | Comments (8)

10.05.2006

立て込んでいる

梅雨でも来たのかと思うほどの大雨。これから数日、雨の日が続くのだそうです。

昨日まで取り組んでいた大量でちょっと退屈な仕事は無事、納期を1日前倒しで納品。今日は割り込みで入った仕事を納品したので、久しぶりにゆっくりした夜の時間を楽しもう。さて、お買い物♪と出かけて3分で新たに割り込みの仕事のオファーが携帯に入る。明日の夕方までにちょっとした量。こんなことなら前倒しで納品しなきゃ良かったのかな(涙)。かくして、今夜もパソコンに向かうのであります。時計はもうすぐ明日になりそうだというのに腹筋どころか、ご飯食べてないぞ!

これからしばらくレースのない季節を迎えることになりますが、7月初旬に開催される「対馬国境マラソン」というハーフの大会を発見。出走するとなると前日から飛行機で対馬入り、一泊することになります。うーん、どうしようかな。旅行とからめて行ってみようかなあ。現在、検討中です。

| | Comments (6) | TrackBack (0)

25.03.2006

お花見ラン

桜も随分開いてきました。今日はオットと少し長めに58分。いつものコースを離れて、運動公園のランニングコースを走ってきました。この公園は桜がとても美しく、お花見しながらランニングを楽しみました。当地の桜の見ごろはあさってということなので、満開には少し早かったようです。

桜の中のランニングはとても楽しかったのですが、ここのところどうも身体が重くて、ラン自体は少し苦しかった。ペースも落ち気味です。今日は身体が軽くなるような感覚を味わうことなく終了。うーむ。あと30分くらい追加したら少し身体も軽くなったかもしれませんが、仕事が立て込む予定のだったで今日は断念しました。時間に余裕のある日を見つけて長距離ランの日に充てたいと思っています。

朝のランニングを終えた後はひたすら仕事。一日は淡々と過ぎていきます。地味な毎日ですが、原稿から日本語を起こして失敗を取り除き、少しずつ磨きをかけて仕上げていく作業はなかなか楽しいものです。もう少し自分の時間が取れれば良いなとは思いますが、ひょっとすると時間が取れたら取れたで仕事を増やしてしまって状況は変わらず、ということになりかねないとも思います。働き者です、しみじみ。ですが、それでは一向にロング走はできないので、やっぱり能率アップか仕事量の調整を図る必要がありそうです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

20.03.2006

春はまだ遠い?

終わったと思ったこのシーズンの修羅場。お引き受けできなかったお客さんからは、手が空き次第可及的速やかにスケジュールを知らせよ!と指令が入っていたのですが、もう少しこの春の陽射しを手ぶらで楽しみたいな~とダラダラしているうちに、バチが当たったのか納品したばかりのお客さんから追加緊急仕事が発生。今日咲くかなと楽しみにしていた庭の桜も咲かずじまい。私の春はまだ遠い(よよよ)。

そういうわけで、明日オットの誕生会に出かける3時までに仕上げて納品です。今日は半徹でがんばります。従って、本日はランも自粛、しくしく。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧