02.04.2009

3月

Img_2624 この町の桜は満開の頃を過ぎて、花よりも葉の緑が目立つようになってきました。桜はもはやフォトジェニックではなくなったので、今日の花はローズマリーにしてみました。料理に重宝していますが、こんなに可愛い花を咲かせてくれるのです。

3月は「去る」。早いなあ。3月は仕事と風邪と読書でした。風邪以外はいつもとさほど変わんないな。3月の読了本は次の通り。

37/39 03/04   「蘆屋家の崩壊」 津原泰水(集英社文庫)
38/40 03/05   「ファミリーポートレイト」桜庭一樹
39/41 03/07   「シティ・オヴ・グラス」ポール・オースター(柴田元幸) (coyote)
40/42 03/08   「幽霊たち」ポール・オースター(柴田元幸)(新潮文庫)
41/43 03/10   「怖い絵」久世光彦 (文春文庫)
42/44 03/13   「舞い落ちる村」谷村由依
43/45 03/14   「雪のひとひら (新潮文庫)」ポール・ギャリコ/矢川澄子
44/46 03/15   「チャイルド44 上巻 (新潮文庫)」トム・ロブ・スミス/田口俊樹
 /47 03/19    「チャイルド44 下巻 (新潮文庫)トム・ロブ・スミス/田口俊樹
45/48 03/20   「阪急電車」有川浩
46/49 03/21   「淀川にちかい町から」岩阪恵子(講談社文芸文庫)
47/50 03/22   「花ざかりの森・憂国―自選短編集」三島由紀夫(新潮文庫)
48/51 03/23   「鍵のかかった部屋」ポール・オースター/柴田元幸(白水Uブックス)
49/52 03/24   「田村はまだか」朝倉かすみ
50/53 03/28   「冷血」トルーマン・カポーティ/佐々木雅子 (新潮文庫)
51/54 03/29   「レベッカ (上巻) 」ダフネ・デュ・モーリア/大久保康雄(新潮文庫)
 /55 03/30    「レベッカ (下巻) 」ダフネ・デュ・モーリア/大久保康雄(新潮文庫)
52/56 03/31   「なんとなくな日々」川上弘美

16作品18冊。忙しかった割に結構読んだなあ。最近、ハズレはあまりない(ハズレと思ったら中断することもある)ので、どれもそこそこに良かったけれど、印象深かったのは「ファミリー・ポートレート」「怖い絵」「チャイルド44」「憂国」「鍵のかかった部屋」「レベッカ」あたりかな。ここのところ月に1冊は日本と海外のクラシックな小説を読むことにしています。これがなかなか良い試みで、心を動かされることが多いのです。ちなみに「憂国」は衝撃的、「レベッカ」は徹夜一気読み本でした。ちなみに、レベッカは新訳ではなく大久保訳で。そう、ヒッチコックの映画の原作です。

休肝日は平日3日をどうにか死守して、2月も12日、通年で35日を敢行。ちょっとずつ貯金を増やして夏のビール日和に備えるぞ。

| | Comments (2)

02.02.2009

1月

ついこの前、お正月早々に風邪引いたーとぼやいたはずだったのに、もう2月。こんなスピードで時間が経っていくのだから、あっと言う間に年を取るのも納得がいく。

1月は本を読み、仕事に励んだ。読んだ本は18作品、21冊。けっこう読んだ。

1    「どこから行っても遠い町」川上弘美
2    「吉原手引草」松井今朝子
3    「ラジ&ピース」糸山秋子
4    「孤宿の人(上)」宮部みゆき
4/5  「孤宿の人(下)」宮部みゆき
5/6  「雲さわぐ」藤井素介
6/7   「孕むことば」鴻巣友季子
7/8    「ゴールデン・スランバー」伊坂幸太郎
8/9    「黒百合」多島斗志之
9/10  「光」三浦しをん
10/11 「テンペスト上」池上永一
11/12 「灰色の輝ける贈り物」アステリア・マクラウド(中野恵津子)
11/13 「テンペスト下」池上永一
12/14 「殺人鬼フジコの衝動」真梨幸子
13/15 「婚礼、葬礼、その他」津村記久子
14/16 「山魔の如き哂うもの」三津田信三
15/17 「猫を抱いて象と泳ぐ」小川洋子
16/18 「ジョーカー・ゲーム」柳広司
17/19 「草祭」恒川光太郎
18/20 「仮想儀礼(上)」篠田節子
18/21 「仮想儀礼(下)」篠田節子

読書ノートに5点満点をつけた作品は「どこから行っても遠い町」「吉原手引草」「孤宿の人」「ゴールデン・スランバー」「猫を抱いて象と泳ぐ」「草祭」「仮想儀礼」の6作品。素晴らしい作品にたくさん出会いました。感想を書いてない本がたまってきたなあ。

休肝日は11日。かろうじてセーフ。夏の暑さを鑑みると、今のうち貯金しておかなきゃいけないところなんだけど、今のところ平日3日というペースがちょうどいい感じです。

| | Comments (4)

09.01.2009

今年の休肝日目標

お正月の飲酒三昧も終わり、仕事も始まり、こっそりと休肝日も開始した。そろそろ今年の休肝日目標を掲げたいところなんだけれど、夏の暑さにまたもめげそうな予感がして(気が早すぎる)、何日に設定すべきかと悶々としていた。

月に10日、7月と8月は暑いから正味10ヵ月として年間100日…。これじゃ去年と同じだ。去年といえば、120日という目標を下方修正して100日にしたのだった。

そ、それじゃあ、今年は去年の雪辱を晴らすためにも120日ということで。だ、大丈夫かな(汗)。夏の酷暑に備えて(←弱気。いやでも本当に暑いんだってば)今のうちに貯金に励まなくちゃ。ちなみに今週は3日敢行しました。このペースで今年も頑張ります。

***

連絡の行き違いで原稿が届かず、ぽっかりと時間が空いた。原稿が届く時間が遅くなれば、それだけ納期がきつくなるのはわかっているけど、手ぶらの時間は嬉しい。ということで手持ちの本をせっせと読む。

Photo

「孕むことば(鴻巣友季子)」

一日中パソコンの前に座って、誰ともしゃべらず、仕事をする日々を重ねているうちに、世間とちょっと乖離してきたような気がする。たぶん気のせいじゃない。それはそれでいいのだけれど、同じ仕事をしている人もそうなのか、私は同業者のカテゴリーからも乖離しているのか、ひょっとすると私は知らず知らずひとり遠いところに行ってしまってはいないか、時々知りたくなる。何せ、現実的な人づきあいがほとんど発生しない生活なので、確認のしようがないのだ。そういうわけで同業者の鴻巣さんの本を手に取った。

「嵐が丘」の新訳など昨今の活躍がめざましい鴻巣さんは、最近子どもを産んだのだそうだ。育児中心の本だったら私の現実的興味範疇外かもしれない、と思いつつ紐解いたら、子を孕み、その子がことばを孕むこと、生きることや暮らすこと、そして仕事に関わる話が時折書籍の話題にからめて語られていた。琴線に響くことばあり、膝を打つ解釈あり、興味深い書籍の話題あり、で面白く読めて少し安心した。大丈夫、まだ私は同業者からはそんなに乖離してないようだ。

他にも「雲さわぐ(藤井素介)」(画像なし) も読了。これは勧められて読んだ郷土の歴史モノ。

| | Comments (2)

30.12.2008

どうにか3桁

夏の激暑にやけっぱちとなり途絶えてしまった休肝日。気を取り直して目標値を下方修正して100日を目指していたのですが、昨夜どうにか達成しました。ふう、実はこのまま欲望のままに突っ走っていたら100日達成も危うかったのですが、滑り込みセーフ。今日からもう年明けまでぶっち切りで飲んじゃうもんね。

今年の年頭に何を思ったのか1年間で休肝日を120日敢行する!と宣言し、友達も巻き込んで頑張った休肝日。下方修正はしたものの、3桁達成できたので一応合格点かな。かつては飲まない日なんて考えられなかった私が、飲まない生活を普通に送れるようになり、体調の良さを実感できるようになっただけでも大収穫。来年も頑張ります。

今年も余すところ2日。例年とは異なり、今年は午前中に掃除、午後は読書とゆったり過ごしています。図書館からもどっさり本を借りてきたし、この年末年始は食べて飲んで読む(飲んで読めるのか!?)休暇となりそうです。

| | Comments (2)

21.12.2008

師走と休肝日

ランナーばかりかお坊さんも走る12月。例に漏れず私も何かと忙しくしています。すっかりブログの更新が途絶えちゃったな。

仕事も年末進行で慌しい中、今週は母の命日で実家に帰り、翌日は所用で博多へ。各地の知人友人にも会いたかったのですが、何しろ時間が足りず用だけ済ませて帰宅しました。普段、行動半径が著しく狭い生活を送っているので、こうした遠出は気分も変わっていいものですね。ちと疲れたけど。

そして「次の話題は休肝日?」というリクエストにお応えして、休肝日の現状を報告しますと…目標達成は微妙~であります。年間目標120日を100日に下方修正して、本日12月21日現在98日。なーんだ、あと2日なら楽勝と思いきや、これから年末にかけて休肝日を敢行できる日は1日しかない! がーん、下方修正した目標にも達しないだなんて情けない。ああ、どうしよう。悩ましいなあ。って、これから年末にかけてほぼ10日飲み続けるつもりなのか、私!

| | Comments (6)

29.10.2008

新旧飲み比べ

南薩摩の旅の話には続きがあります。蔵元で焼酎を2本購入したことは前回の記事にも書きましたが、帰宅し袋を開けてみたら…品物が違っていたのです。欲しかったものは、かつて私が芋焼酎の美味しさを初めて知った焼酎で、蔵でなければ手に入らない逸品だとか。その品物を購入したはずでしたが、袋に入っていたのは「新酒」。確かに、新酒はできたばかりで美味しそうだけど、行きつけの近所の酒屋でも入手できる品物です。

あ~ようやくあの焼酎と再会できたと思ったのにな、と肩を落とし、返品交換していただこうと蔵元に電話してみたところ…。

所望の品をすぐに送ってくださるとか。どうやら、蔵を案内してくださった方が、私たちと交わした会話を覚えていてくださったようです。わーよかった!! 新酒の方が値段が安いので差額の支払方法を尋ねると、こちらの手違いですので差額の送金は不要、新酒もぜひ飲んでくださいとのこと。 ですが私も、商品を受け取る時に袋の中を確認しなかったため落ち度がないわけじゃありません。何度か固辞しましたが、折りしもその日は新酒祭りの当日ということもあり、ふるまい酒を頂戴するつもりでお言葉に甘えることにしました。

ミスは起こり得るもの、出来る限り起こさないようにして起きてしまったそのミスをどう対処するかで企業の体質や姿勢がわかります。企業にクレームを入れても却って気分を害するようなことが多い昨今、薩摩酒造ブラボー!であります。電話を受けた方もとても丁寧でした。前日のやり取りを覚えていてくださったことや、新酒祭りの縁起良き日であったことも、よかったのでしょう。ですが、しっかりとした企業であるうえに、やっぱり南薩摩の人の温かさによるものですね。

Img_2540翌日には早々に所望の品が届きました。3本並ぶとなかなか良い眺めです。左から明治時代のどんぶり仕込の焼酎、旧式仕込みの白瓶(←これが本来欲しかったもの)、そして2008年の新酒です。

頂く器もお気に入りのものを選んでみました。左から復刻版薩摩切子、10年以上前に勇気をふりしぼって買い求めたものです(その後、もう一個買って対で使うつもりだったのにいまだに買えてません)。そして、父に買ってもらった器、絵柄がちゃんと写ってないな~。最後に、少し年代の古いそば猪口。

明治の焼酎は野生的な芋の香り。旧式仕込の白瓶は少しクールで爽やか。新酒はまろやか。そして白瓶は明治の野性味も新酒のまろやかさも合わせ持つような感じです。製法が新しくなるにつれ、飲みやすくなっているみたい。うふふ、私は野生的なお方に惹かれました♪

旅を語る晩酌はまた格別です。今夜の晩酌もまた南薩摩のあたたかさを味わうことになりそうです。そういう訳で、今月の休肝日はまだ4日。いよいよ年間目標の達成は厳しくなったなあ。

| | Comments (0)

13.10.2008

日本本土最南端「佐多岬」へ

なぜだろう、なぜか先っぽに行ってみたくなる。岬に何があるんだ?海しかないんだけど。

四国旅行で先端にすっかり魅了された私たち。日本本土最南端である「佐多岬」に行ってきました。念のために言っておくと、この前ウニ丼を食べたのは愛媛県の「佐田岬」。今回は鹿児島県の「佐多岬」。別物なのよん。

高速を降り鹿児島県に入ったら、まずはお昼ご飯。以前「鉄」な方々とこのあたりの廃鉄の旅に出かけたときに出っくわした美味しいラーメン屋「もりやすラーメン」を再訪。

Img_2476

Img_2479

豚とろラーメンと餃子。このお店の豚とろは脂ギトギトでなく、本当にとっろとろ。麺が極細なのが個人的には今一歩(私はもう少し歯ごたえのある麺が好き)だけど、スープには臭みもなくまろやか。隣のテーブルには「るるぶ」片手の観光客もいたので、ガイドブックにも載ってるんですね。

Img_2480錦江湾を眺めつつ大隈半島を南下。どんどん景色が南国化してくる。道端にはソテツの木々が並び、バナナと思しき樹木も自生している。

桜島を通り過ぎると、眼下に外海が広がる。途中「薩英戦争砲台跡」なども通り過ぎる。幕末がマイブームな私はちと嬉しい。

Img_2492 海の景色を存分に堪能し(遠かった…)ようやく岬へ。岬の先端に近づくにつれ、景色はますます南国化していく。ガジュマルの枝が揺れた…と思ったら、うわああああ野生の猿だ。道いっぱいに広がって猿が遊んでいる。ここはきっと木の実などの食べ物も多いんだろうな。

Img_2483 Img_2486_2

駐車場に車を停めて、さらに20分ほど歩いてようやく先端に到着。灯台は先端のその先の小島にあるため近寄れず、残念。この岬のきらきらと輝く海の向こうに屋久島や種子島があるという。これまで屋久島も種子島も遠い存在だったのに、隔てるものが海だけとなるといきなり近く感じられる。

距離を把握してなかったので、佐多岬を制覇した後には、野生の馬が生息している都井岬、もしくは薩摩半島の長崎鼻にも行きたいな~などと無謀なことを考えていたのですが、それは本当に無謀な話でした。だいたい、海岸線をなめるような道はジグザグくねくねでスピードは出ない上、距離は地図上の「ぱっと見」より随分長いのだ。佐多岬への往復で570km、全行程11時間を要したのでした。教訓「1日1岬」やね。学びました。

最後に。鹿児島と言えば芋焼酎。ラーメンを食べた「もりやすラーメン」では芋焼酎「森伊蔵」が1合400円です。さっすが地元。以前、訪れた時にはのんべの仲間達と狂喜乱舞して頂いたのですが、今回は運転があるので泣く泣くあきらめました。ざんねーん。

焼酎好きの方ならご存知のことでしょう。この「森伊蔵」は数ある芋焼酎でも最も値段が高騰している焼酎で、全国的な市販価格は1升3万円だとか。信じられーん。いや、確かに美味しい焼酎なんですが、店で出す1合400円という値段は適正価格なのですよ(つまり本来の販売価格は2500円くらいですな)。焼酎って、土地の身近な材料で作り、普通の晩酌に飲むものです。酒造メーカーでは適正価格で販売されているというのに、美味しいと評判になった銘柄は荒唐無稽な値段で取引されているのが実情です。

馬鹿馬鹿しくなり、我が家ではかつてほど芋焼酎を飲まなくなりました。最近はこうした馬鹿げた焼酎ブームもやや収まりつつあるようですが、こうして値を吊り上げるような流通方法がなくなるとは思えないなあ。

いつでも、どんなものでも手に入る便利な世の中になったけど、それが却って災いすることもあるということね。

| | Comments (4)

09.10.2008

あれこれ近況

Img_2468金木犀の香りに「秋やね」としみじみしたばかりというのに、こんなヒマワリが。今年の夏はなかなかにしぶとい。今日の気温は30℃近くまで上昇するというし、夏の名残りをもうしばらく楽しめそう。ガリガリ君をまだまだずっと在庫しておいて欲しいと近所のスーパーに訴えたいワタクシです。

さてすっかり旅ブログ、刺身ブログと化してしまったこのブログですが、始めたころは確かアスリート系ブログのはずでした。なのにランニングを封印して、えーともう5ヵ月(ご、ごかげつ!)。自転車を封印して2ヵ月が経過(とほほ)。プロフィールの内容、変更しなくちゃなあ。

現状を報告しますと、大腿筋の痛み(硬直)は自転車封印後、マッサージに励んだところ、何だかあっさり治ってしまいました。長いこと悩みの種だったのに、本当にあっさり。ただ、大腿筋が緩んだと思ったら今度は仙腸関節あたりに違和感が勃発し、違和感は右に左に動きつつ減少中(多分)であります。もうしばらく時間がかかりそうですが、ランニングへの復帰は完治を自覚してからと決めました(←ようやく学習した)。

そういう訳で、今は来たるべきランの日々に向けて、仕事に飽きた時などに近所を歩き回ってます。歩きながらふと「このまま走っちゃおか」という衝動に駆られますが、我慢我慢。

休肝日については、この夏あまりの暑さにやけっぱちになり、毎日欠かさずビールを飲み続けた結果、120日という目標の達成は到底無理という結果に相成りました。目標を下方修正して、また地道に頑張ろうかな。それとも来年までこのままぶっちぎるか。と悩み深い日々ですが、とりあえず今週は、人間ドックを明日に控えたオットにつきあって本日まで休肝日。夏にかっ飛ばしたせいで、休肝日の連続敢行がかなり辛くなりました。人間とはひとたび易きに流れてしまうと、なかなか元に戻れないものですね。小さな目標「明日解禁」を心の支えに、今日も仕事に休肝日に励みます。

| | Comments (4)

18.06.2008

休肝日、その後

年頭に今年の休肝日目標を120日と設定した。これまでの飲みっぷりからすると、いささか無謀に思えたこの休肝日目標だけれど、レース前の禁酒のお陰で意外と順調に敢行できていた。目標値をちょっと上回る数値で推移していて、このまま行けば目標達成はお茶の子さいさい、貯金だってできるぞと調子に乗っていた。

ところが。ここにきて危うくなりつつある。梅雨だというのに気温は30℃を超す暑さ。週末、自転車に乗ればビールが美味しい。仕事は相変わらず忙しく、終わった後に一杯いきたい。そういうときに限って、飲まなきゃやってらんないな~ということが勃発。狙ったようにオットが飲む気満々でものすごく早い時間に帰宅する。ああ、飲まずにおられようか。

そういう訳で、今月の休肝日星取は5勝12敗(休肝日が勝ちで、飲んだ日は負け)。年間休肝日合計は58日。このままじゃまずい。これから熊本は猛暑を迎えるのだ。夏に日数を増やすのは難しいということは明白なのだから、今のうちに貯金しないと。

Img_1919なのに、今日も気温は32℃まで上昇するという。梅雨だというのにこんなに暑いのは反則だ(涙)。そしてオットは今日も早く帰宅するらしい。そして自作したオイルサーディンがこれまた私を酒に誘うのだ。ああ。

(何故オイルサーディンなんぞを作ってしまう?)

目標達成はちと怪しくなってきた。

| | Comments (12)

22.03.2007

活字スイッチ

春の訪れを感じるとともに、業爆シーズンにようやく目処が立ち、トンネルの出口も見えてきました。出口の光を目にしてからの私はムズムズ。活字スイッチが入ってしまったのです。

思えば2月は東京マラソンの前後で慌しく、マラソン関連本以外にたいした本も読まず、読めず。そして3月は例年の通り業爆シーズンに突入して、ゆっくりと本を読む時間を取れずに過ごしてきました。そして、トンネルの出口を確認した途端、頭の中の活字ストックが切れかかっていることに気づいたのです。ああああ、本を読みたい。時間を忘れて寝食忘れて没頭できるような面白い本を読みたい。のめりこみたいー。

そういう訳で昼食のついでに本屋に寄り、たんまり入手してきました。ほくほく。まずはこの「本を入手する」という行為で、気持ちは一部満足。後は仕事を終わらせて、読むぞ読むぞ。

Img_1262 オットの誕生日当日は久しぶりに日本酒を堪能しました。地元の美味しい日本酒です。久しぶりの日本酒は香りも味も豊かで、料理を選ばず美味しく、ちょっと見直しました。

焼酎は二日酔いしないと言いますが、私の場合は焼酎を飲むと翌日の頭はぐらんぐらん、日本酒の方が断然元気です。どうやら私は焼酎よりも日本酒の方が身体に合うようです。

| | Comments (9)